世界を変える何かは、既に近くにあるかもしれない

修学旅行の中止に見るリーダーシップの問題

»

川崎市の高校に通う高校生の娘が、来週から九州方面に修学旅行に行くはずだったのですが、金曜になって、中止(延期かもしれませんが)になったと落ち込んで帰ってきました。このご時世、予想はしていたのですが、同じ市内の学校で感染者が見つかったことが引き金になったようです。娘の親としては、いろいろ思うところもあるのですが、学校としても、熟慮されての決断だったと思います。

仲間内でこのことを話しているうちに、これは、まさにリーダーシップの問題だということに気がつきました。

もしも、自分が校長先生だったらどのような決断をしますか?」

できるだけ実情に近い形で、前提条件を決めてみます。
  • あなたは、来週修学旅行を控える学校の校長先生です。
  • 自分の生徒にはまだ感染者は出ていません。
  • 直前になって、同じ市内の高校から感染者が出ました。ただ、海外渡航による感染であることはわかっています。
  • 厚生労働省からは、5月22日付けで「新型インフルエンザ対策基本的対処方針」が発表されています。その中で、

    「政府としては、集会やスポーツ大会について一律に自粛要請を行う考えはなく、主催者において、感染の広がりを考慮しつつ、開催の必要性を改めて検討していただくこととなる。」

    と書かれています。自治体によって、また、同一地域で感染者が出た場合は対応が違うかもしれないですが、ここでは、行くか行かないかは主催者に任せられているとします。
もしも、修学旅行に行って、そこで感染者が出た場合、学校長としてそれなりの責任を求められるでしょう。実際に、ネットや報道では、感染者を出した学校の中にはかなり叩かれているところもあります。一方、修学旅行は生徒の多くが楽しみにしていますし得るものも多いでしょう。中止すれば、それなりのコストがかかりますし、日を改めて、というのも困難が予想されます。

あなたならどうしますか?

個人的には、修学旅行を開催することのリスク、中止することのリスクの両方をどのように計量するかだと思います。確率的には、何も起こらないことの方が多いわけですが、起こらないという保証もありません。もしも感染者が出た場合には、学校名が公表されたり、ネットで攻撃されたりするでしょう。ただ、いわゆる季節性のインフルエンザと同じくらいと考えると、それほど深刻に考えることもないかもしれないですし、ネットで攻撃されてもちょっとすればきっとみんな忘れてしまうことでしょう
:-) また、今回のインフルエンザの流行は数年たては忘れられると思いますが、生徒のとっては一生忘れられないことかもしれません。

学校を会社、生徒を部下と置き換えると、会社の中で、マネージャーやリーダーは時々このような難しい決断を迫られることがありますよね。

ちなみに私の決断は「修学旅行に行く」でした。いろいろな意見があると思います。

実際はどうだったかは結果論にしかすぎないでしょう。どのような信念で決断したかが重要なのだとも思います。
Comment(9)

コメント

我が家の娘も来週から修学旅行です。
愛知→東京方面で、今のところ決行予定です。
 
親としては、「行かせてやりたい」という感情はもちろんですが、
校長先生の立場になったつもりでも、浦本さんと同じ判断を支持します。
 
新型とはいえ、現時点まででいろんな情報が判明してきており、
これまでのインフルエンザと同じまたはそれ以下の危険度というのが、私の判断の根拠です。
 
修学旅行に行った場合のリスクというのが、「感染する」リスクというより、
「世間(親?PTA?マスコミ?)からバッシングを受けるかもしれない」リスクになっているという気がします。
校長先生としては、このリスクを受ける覚悟があるかどうか、ということだと思います。
 
感染者の足取りを細かく追ったワイドショー的番組ばかりが連日報道されています。
毎度のことではありますが、(そのつもりはなくとも、結果的に)不安心理をあおることにつながる番組報道が、
今回のインフルエンザに対する一番の大敵のように感じます。
規制すべきは、学校や行事の開催ではなく、マスコミ報道ではないかと思うくらいです。

うらら

なかむらさん

コメントありがとうございます。娘さん、行けるといいですね。

確かにマスコミの過剰な報道が、本質的なリスクのバランスを覆い隠しているということはありそうですね。

黒川利明

今回のマスコミ報道は、確かに、レベルも低いし、ひどいものですが、「規制する」のは、本末転倒でしょう。あくまで、個人的推測ですが、「規制されているために」こんな報道になっているのではないかと心配しています。
 偏った報道に対する批判、より広範囲な視点による報道をどうやって推進していくかが我々にとっての課題でしょう。

うらら

黒川さん、ありがとうございます。

なるほど、そういう見方もできるのですね。どのみち、ブログや掲示板に載る声は規制できないので、それらの元になってる報道をいかに高めていくのかが課題ということでしょうか。報道の元になっている政府の取り組みもがんばってほしいものです。

akiras

校長がどれほど生徒を思いやるか,自分自身の腹をくくれるかという問題だと思います。世間からのバッシングは一時を我慢すれば済む話ですけど,生徒にとってかけがえのない時間を奪うほどリスクのあるパンデミック予備状況だとは思えませんね。
保身的な大人が多すぎるということではないでしょうか。

うらら

akirasさん

そうですね。自分がほんとに校長先生だったらどうなんだろ、と思うんですけど、それでも、学校より生徒(会社より社員)って思う人がいてほしい、自分もできればそうありたいって思います。

のの

今回の新型インフルエンザ感染の大きな問題は実際に感染する患者が発生する実害とよりも異常に大きいテレビ、インターネットにおけるテラー(恐怖)情報感染でしょう。

一つ目のステージとして感染情報がテレビで放映されるとマスコミが大挙して学校に群がる、結果的に校長は攻め立てられる。きつい問い詰め方をテレビはすることが多いが問い詰めの内容は放映されない。
それに抵抗すればそこだけ取り上げられて無責任な校長という報道になるでしょうよ。いまのマスコミでは。
現実に起こった事態としては個人的、客観的にはあそこで校長が泣いてしまう心情は理解できますがそのこと自体は間違いだと思います。
ですがその瞬間マスコミが大量のフラッシュを浴びせかけてその映像がリアルタイムに放映されてしまいます。

次のステージとして愉快犯のインターネット利用者が詳しい情報を探し始める。そして被害者の内情が暴露される。
愉快犯は自身を愉快犯程度にしか思っていないがそれに触発されて勘違いする一部のインターネットユーザーにテラー(恐怖)情報感染が起きる。実際に関係各所に直接抗議したり、憶測のみで徐々に情報が交錯してあった事無かったことがない交ぜに成って膨大に膨らんで収集が付かなくなる。

普通に情報を集めていれば実体してのインフルエンザ感染は栄起用もそれほど大きくなく、意識しだいで収束できる程度のものだとほとんどの方は理解していますが、
それでも残念ながら非常に多くの人が情報に触れるなかで1/1000、1/10000?(実数は計り知れませんが)の確立で情報感染して重篤化患者が問題行動を起こします。
媒体を見るユーザがとてつもなく多ければ結果的にそれだけ感染者は増えます。

今回起きたことはこういうことです。
耐えられますか?

抱えるものがよかれわるかれ大きな人は結果的に「修学旅行にはいかない」という判断になるのが普通のように思えます。
抱えるものか(学生か、教職員か、自らの立場か、家族か、収入か)無い人には理解できないことだと思います。

のの

あ、、と。
インフルエンザ感染の実体としての影響を私は若干過小評価してましたね。

休校措置。
カリキュラムがガチガチの今の学校で1週間も休校することで相当程度の負担が生徒、職員にかかります。
一部にはそれに対してクレームをつける親もいるでしょう。その対応も職員がすることになるでしょう。
部活動などでの活動も停止します。
学生がその時期にしかできなことでも不参加を余儀なくされるでしょう。

現在はよほど感染が広がらない限り休校措置ということはしない方針に変わりましたが、それも感染状況次第です。措置自体がなくなったわけではありません。

この責任を校長一人に担わせるのは酷だと思いますが、実態はそうです。

うらら

ののさん、

コメントありがとうございます。私が、生徒の家族だったこともあって、バイアスがかかっているということもあるでしょうし、実際にその場に立ってみると足がすくむこともあると思います。結果はどうであれ、決断をされた校長先生には敬意を表します。

会社に長いこといると、不完全な情報を元に、短期間で、結果によっては会社や社員に大きなインパクトを与える決定を、自分がしないといけないことってありますよね。結果として成功したり、失敗したり、成功したとしても、とても悲しい気持ちになることがあります。今回の件で、やはり難しい問題だなと感じました。

コメントを投稿する