ソーシャルメディアをWeb解析の視点から捉え直す

投稿タイミングの最適化ツール「Timely」がFacebookにも対応

»

ソーシャルメディアに投稿するタイミングは重要です。フォロワーやファンがアクティブでない時間に投稿しても、その投稿は完全な「無駄打ち」にしかならないかもしれません。そんな悩みをTwitter・Facebook両方で解決してくれるかもしれないツール「Timely」の紹介です。過去にも何度か日本で紹介されていましたが、先月末Facebookに対応していたため、取り上げることにしました。

Timely_1

Retweetやlikeといった、フォロワー・ファンからのリアクションの時間帯を分析し、より投稿のインパクトを最大化することを目的としたツールです。メールアドレスだけで登録できます。

Timely

Timelyの特徴は2つあります。

1.最適化された投稿時間での投稿予約ができる
2.Facebookにも対応している

1.最適化された投稿時間での投稿予約

Timelyに登録しログインすると、投稿用のボックスがあります。

Timely_2

文章をボックスに書きこみ、「Add to Queue」ボタンを押すと、過去199ポストを分析し、最適なタイミングで投稿するよう、予約してくれます。予約された投稿は「Queued」タブにストックされ、投稿予定時間が表示されます。

Timely_3

1日に複数回投稿する場合、setting画面から1日の投稿数を設定しておくと、投稿内容を予約するだけで、その上限に合わせて投稿タイミングを割り振ってくれます。

Timely_5_2

1日に1回と設定すれば、その日のベストタイミングで、3回と設定すれば上位3回のタイミングで投稿してくれるというわけです。

2.Facebookにも対応

投稿タイミングを最適化するツールは以前から複数ありましたが、いずれもTwitter用ツールであり、Timelyもまたその1つでした。先月末にFacebookにも対応し、Twitter・Facebook両方の投稿を最適化できるようになりました。左メニューの「Add account」をクリックすると、TwitterとFacebookへの接続画面が出ます。

Timely_6_3

Twitterの場合はRTを分析していますが、Facebookはコメントやいいねといったリアクションを分析しているようです。

気を付ける点

Timely自身による解説を見ると、投稿タイミングを決めるアルゴリズムはRT/リアクション最適化を目指しています。フォロワーやファンがログインしているかどうかを見ているわけではありません。RTやリアクションの数は時間ではなく投稿の内容そのものにも左右されます。そのためある程度運営実績があり、RTやリアクションが定期的にもらえるアカウントでないと、分母が少なすぎて最適化が難しいかもしれません。

ただタイミングの最適化と投稿予約が同時にでき、かつTwitter/Facebook両方対応している無料のツールは他に今のところなさそうなので、重宝しそうです。

※ちなみにTimelyのURL(http://timely.is/)は「Time is gold(時は金なり)」からきていると思われますが、投稿ボックスが空のまま「Add to Queue」ボタンを押すと、画面の上方に「Silence is golden(沈黙は金)」というメッセージが出ます。なかなかウィットが利いています。

○お知らせ
このエントリはFacebookページ活性化の施策について考えていたら、見つかったので、スピンアウトさせることにしました。今週中にこのツールを含めた、Facebookページの情報発信を最適化する手法について検討するエントリをアップします。

インサイトでFacebookページを活性化(1)目標の設定
インサイトでFacebookページを活性化(2)定点観測

の続きとなります。こちらもぜひ。

また以下のFacebookページに「いいね!」していただくと、続きを逃さず読めます。

○グラフカタリスト Facebookページ

Comment(0)