Various news of ITmedia Alternative BLOG

TCM講座を体験してきたよ

»

こんばんワイルド、ばんちょ~です。

昨日ばんちょ~は、オルタナブロガーであり、ITmedia エンタープライズの人気連載記事「人生はサーフィンのように」の筆者でもある竹内義晴さんの「TCMイントロ講座」を受講してきました。

TCMとは、とーちゃん・かーちゃん・マー姉ちゃん(←昭和風味を盛り込んでみました)ではなく、「トライアングルコミュニケーションモデル」の頭文字です。

トライアングルコミュニケーションモデルは、竹内さんが“開発した”思考整理術です。「○○になったらいいな」「××で悩んいる」などの望みや悩みを起点として、「なぜ?」「それができたらどうなる?」をマインドマップのように書きだして、目的や意味を明確化したり、具体的なイメージを描き行動につなげるきっかけとするものです(竹内さん、あってる?)。

120718_00a

実際の例を示しながら説明する竹内さん

120718_00b

熱心に受講する皆さん

120718_00c

一所懸命書いています(この方はペアで行う実習で、ばんちょ~に「(思考に)残尿感がある」と言われ、困っていました。そりゃ困るよねー、初対面の人にそんなこと言われても)

自分の望みや、どうしてその望みを持つに至ったのかなんて、分かっているようで分かっていないものだったりしますよね。そんなときはこうやって書きだすことで、考えていることを整理できたり、思いもつかなかった本音に気付いたりできるのだと思います。

120718_00d

会場には、TCMエバンジェリストの加藤さんもいらしてました。犬のしつけは順調かな?

でねー、竹内さんったら「この思考法は、私が開発しました」って胸を張って言ってから、「あ、エラソーでしたかね」なんて照れるわけですよ。エラソーにするのなら、とことんエラソーにしましょーよ。どうせなら「私が発明しました」と言ってみるとか。まあ、エラソーになりきれないところが、竹内さんらしくて素敵なんですけどね。

TCMの手法を使ってネガティブ感情からポジティブ思考をほじくり返す、もとい掘り起こす例もありますよ。ついつい文句たれてしまうあなた、レッツTCM。

Comment(4)

コメント

ばんちょ~、先日はありがとうございました!
また、ステキな記事、ありがとう。
TCMにあって、マインドマップにないのは「抽象化」という概念でしたね。抽象化は「なぜ、それをやるのか」という目的や意味を明確にしてくれます。
今後はエラソーに言うことにします(笑)。

タケウチさん、コメントありがとうございます

なるほど!抽象化は確かにマインドマップにはなく、かつ物事のベースの大切な部分を探り出すのに有効な手法ですね。ここ、エラソーにアピールしてくださいね、これから。

Honda

ばんちょー様。TCM講座で隣だった本田です。残尿感の節はお世話になりました。

うかつでした。私はTCMもITmediaブログで知ったので、お名前を聞いたときに思い至るべきでした。ともかくご尊顔を拝見できて光栄でした。

それで、残尿感の原因は、やぱり「えー格好しい」だったからかなと思っています。それに気づけたのがまずは成果だったような・・・。

それと、本当に「世界征服の望み」はなかったんです。征服した後が大変そうなので(笑)

おおー。ミスター残尿感ことHondaさん、その節はお世話になりました。
残尿感の原因に気付けたんですね、素敵ー。
特に「ええ格好しい」みたいな、ちょっと恥ずかしいというか、自分ではあまり認めたくないことに気付けると、大人の階段を1段あがったような気持ちになれますよね。
うんうん。

コメントを投稿する