テクノロジーに心も仕事も奪われそうな日々を綴ります。