テクノロジーに心も仕事も奪われそうな日々を綴ります。

【職種別】プログラミングを始めるのにどの言語を選べばいいか考えてみた

»

30過ぎからプログラミングをはじめて以来、35歳限界説に抗い続けています。あきらめの悪いアラフォーです。

プログラミングに関してちょくちょく話題になるのが、何の言語から始めたらよいのかという問題。

いろいろな意見を見るとまあJavaScriptあたりをやっておけば無難じゃないかというあたりが多い感じがします。

確かにウェブサイトでもサーバーでも、モバイルアプリでさえもJavaScriptでなんとかなってしまうのでこれを覚えておくのは良いかもしれません。

でも、どうせなら今やっている仕事に役立つほうが何かとやる気にもなるだろうし、効果を実感できて良いんじゃないでしょうか。

そんなわけで、職種別にこれをやっておけば良いのではないかというのをまとめてみました。

経理などの事務系なら VBA

まずは事務系の方々。

普段から Excel で仕事をしている方が多いでしょう。

なので、Excelで使える VBA でプログラミングを覚えておくと便利です。

VBAを使えば、CSVを読み込んで整理して集計結果をPDFにするなんてことまでを自動化できるので、関数の使いこなしとは別の次元の効率化が可能になります。

あと、VBAはWordやPowerPoint、Outlookでも使えるのでやり方次第ではいろいろな業務が楽になりますね。

ちょっと気になる点として、VBAは文法が他のメジャーな言語とだいぶ異なるります。

それでも、ちゃんと覚えればプログラミングのなんたるかはつかめるので安心して使いこなしていただきたいですね。

僕もVBAでプログラミングに慣れてから PHP に行って特に問題なく使えるようになりました。

VBAを勉強するならこちらの本を。

セミナーや研修で多くの人を指導してきた著者なので、初心者でも躓かないような配慮を感じる内容です。

Windows系のSE は PowerShell 必須

PowerShellはWindows OSに標準で組み込まれている機能です。

いわゆるシェルスクリプトというものでWindowsの様々な機能を使うためのプログラムを組むことができます。

僕は昔、サーバー構築後の情報を収集するのに使っていました。仕様書を作るときに大活躍ですよ。

ウェブサイトにアクセスしてテキストを抜き出すのも比較的簡単にできるようになっているのも便利でした。

現場ではスクリプトを組める人が以外なほどいなかったのでできると差別化できるかも。

これといった入門書を見たことがないので参考になりそうなウェブページを。

Windows使うことになったので、PowerShellが使えるようになりたい - Qiita

Google Apps で業務を行っているなら Google Apps Script ですね、当然

最近、小さい会社や個人で事業を行っている人たちが使っているのをよく目にするのが Google Apps (G Suite) です。

特に使い勝手がいいのが Spreadsheet。 リリース当初は Excel の超劣化版といった感じでしかなかったのが、今や Excel ができることならほとんどできる上に、更に便利な関数もあったりします。

参考

そして何と言ってもマクロですよ、奥さん。

Google Apps ではマクロを JavaScript っぽい言語で書くことができるんです。その上、Google Apps 内の様々なサービスを Script から使うために便利な作りになっていますし。

Google Spreadsheet のメアドリストに Gmail から一斉にメール送信とかできてしまいます。

なんだったら、今 Google Apps を使っていなくてもこれから使いはじめてほしいくらいです。

この機会に是非どうぞ

Apps Script  |  Google Developers

Mac を使っていて作業を自動化したいなら JavaScript でできるんです

はい、またでました JavaScript。

最近の Mac では JavaScript を使えるんです。

冒頭でデスクトップアプリとかモバイルアプリも JavaScript でできると書きましたが、Mac の操作も JavaScript でできてしまいます。

ナゼ JavaScript なのか、理由はよくわかりませんが。

Mac には Automator という「作業を自動化するアプリを作る」アプリがあるんですが、これがとても便利です。

プログラミングを知らなくても結構色々とできますが、JavaScript を覚えてから使うと更に幅が広がります。

ウェブやりたいならひとまず PHP

ウェブサイト作るだけならペライチみたいなのを使えばできますが、もっといろいろな機能を持ったウェブアプリケーションを作りたいというなら PHP でしょう。

WordPress だって EC Cube だってみんなみんな PHP なんだ友だちなんだ。

といっても、ウェブをやるなら HTML と CSS が前提だし、今時 JavaScript でガリガリページを動かしたりもしたいだろうしっていうことで、意外とウェブは覚えることが多いです。

デザイン能力も必要になりますしねぇ。

意外と WordPress のカスタマイズとかから入ったらいけるんでしょうかね?

僕の場合、他の人が作ったページに PHP で機能を追加したのがキャリアの始まりなんで、わりとすんなり行けたんですよね。

HTML もテキストサイトの時代から使ってるというのもあって特に抵抗なく使えたし。

ウェブを始めるにはどういう入り方がいいんでしょうか。とりあえず情熱を持って必要なものを全部覚えるのがベストではあるのですが。。。

誰か教えてください。

人工知能を作りたい人は Python いっときましょう

最近何かと話題の人工知能ですが、使われているプログラミング言語はほとんど Python のようです。

あまり仕事で使ったことはないので説明は省略。

Python についてはこちらの記事が面白かったです。

なぜ機械学習にPythonが選ばれるのか - Qiita

というわけで

僕が普段関わっている分野に絞ってまとめました。

職種別に適した言語は他にも色々とあるんでしょうが、そのあたりはそれぞれの分野の人がまとめてくれるといいなぁと。

そういえば、最近はハイブリッドアプリとか Chrome 拡張機能も作り始めたのでだいぶ JavaScript の占有率が上がっています。

あまりに JavaScript と PHP に慣れすぎて Ruby とか読んでもナンノコッチャわからんです。

そんなんでも一応仕事して食っていけてます。

世間の流行りとか色々ありますが、ひとまず効果がすぐ見えそう、続けられそうな言語を選んで勉強してみてはどうでしょうか。

今回取り上げた言語リスト


やたらと登場回数の多かった JavaScript を勉強するならこちらがよろしいかと。

Comment(0)