クラウド戦役をZガンダム視点でわかりやすく解説するブログ+時々書評。

第135MS小隊はエースパイロットを集めたゲルググ主軸のキマイラ隊へ

»

これまでスタートアップ企業と学生という、マイクロソフトとは比較的縁遠い方々を対象に、私の指揮下のもと、精力的に活動を展開してきた第135MS小隊、正式名称:エマージングテクノロジー推進部ではあるが、かつら大隊、正式名称:デベロッパーエバンジェリズム統括本部内の組織改編に伴い、構成メンバーを変更し、キマイラ隊、正式名称:オーディエンステクニカルエバンジェリズム部としての活動を4月1日付けで開始している。

chimera01.png

キマイラ隊は、一年戦争末期にジオン軍のエースを集めて編成した部隊。「ザンジバル級改 キマイラ」を旗艦とし、最新兵器の「MS-14S/A 先行量産型ゲルググ」や「MS-14C ゲルググキャノン」を改修・改造したエースパイロット仕様のカスタムモビルスーツを多数擁しており、ゲルググの本格的な量産をするための最終調整などを行った。この部隊の部隊マークはスペードのエースとなっている。この部隊の有名なパイロットは、ジョニー・ライデン、トーマス・クルツ、ジェラルド・サカイで、機材・サポート要員に至るまで最高のものを結集した部隊で、一年戦争において「最も有名な部隊」の一つでありながら「最も謎の多い部隊」とされ、「ザビ家の財宝を守護していた」とも噂された。

新設のオーディエンステクニカルエバンジェリズム部は、キマイラ隊と呼ぶに相応しいエースパイロット的エバンジェリストチームであり、私としてもこの隊を指揮できることを誇りに思っている。赤い機体をMS-14S/CAシャア専用ゲルググからMS-14Bジョニー・ライデン専用高機動型ゲルググに乗り換え、気持ちを新たに任務を全うしたいと考えている。

chimera02.png

旧第135MS小隊:エマージングテクノロジー推進部のメンバーに加え、ASP.NETの稲妻:井上章仮想化の彗星:高添修IoTの巨星:太田寛HTML5の荒鷲:物江修OSS帰りの男:増渕大輔が加入している。スタートアップ企業や学生向けの活動だけでなく、企業内開発者やインフラエンジニアをも対象とした広範囲な戦闘区域を受け持つことになる。技術領域としても、Azureだけにフォーカスしていればよい状況ではなくなった。Windows10のローンチに向けて、PC/タブレットからスマートフォン、rasberry pi2に至る多様なデバイス向けのアプリケーション開発を支援させていただくことになる。

セミナーでの講演や執筆活動を得意とし、自らがキーインフルエンサーとして、ビームライフルを主兵装とする高機動型ゲルググを駆って獅子奮迅の活躍をするタイプと、一撃必中の洞察力で業界内キーパーソンを攻略し、支援攻撃を行うMS-14Cゲルググキャノンの混成チームとなっている。さらに、予約済みの機体、ゲルググ・イェーガーを用意して、とある歴戦の勇士の着任を心待ちにしているが、本件はさらなる情報公開を楽しみにしていただきたい。

※ゲームプレイ動画の内容に深い意味はありません

もう一方で、ターゲットとする個別企業向けの技術支援に特化したISVテクニカルエバンジェリズム部を併設で新設している。ISV=Indipendent Software Vendorで、従来のWin32パッケージアプリだけでなく、バックエンドでAzureを活用してくれる可能性のあるiOS/Androidアプリ開発企業や、先陣切ってWindows8ストアアプリ開発を手掛けてくれている開発会社なども対象に加え、マイクロソフトは世界的にISVとの協業を拡大する戦略をとっている。これまで第135MS小隊の一員としてスタートアップ企業向けの個別技術支援で活躍してくれていた大田昌幸は、こちらのチームに異動している。中距離から遠距離を得意とするゲルググを中心としたキマイラ隊とは対照的に、こちらは格闘戦に特化したギャン部隊といえる。先般、テクニカルエバンジェリストとして電撃加入した不死身のperl:久森達郎には、高トラフィック環境における百戦錬磨の現場力を活かし、ギャン・クリーガー的な一騎当千の活躍を期待している。ギレンの野望では、ゲルググかギャンどちらか択一式の量産化計画で、ほぼ毎回ギャンを選ぶロマン派の私ではあるが、今回はゲルググ部隊を指揮し、ギャン部隊と連携して任務を遂行する道を選んだ。

chimera03.png

キマイラ隊に話を戻そう。キマイラ隊は、ゲルググ部隊による高い戦闘力を所有するだけでなく、ミナレットと呼ばれるMS改修専用艦を擁し、CAD/CAMシステムを高度に発展させた「設計支援システム」により、各エースパイロットの個別要望によるカスタマイズも数日で実物を完成させるという高レベルの技術力、生産力を有し、1隻でジオン公国の『MSV群』を生み出す改修・改造システムの一端を担っていたと言われている。

先日の//build/igniteで発表された多岐にわたる新機能を、de:codeでのセッションなどを通じみなさまにわかりやすく広く伝える責務を我々は負っている。残念ながら現時点でキマイラ隊に空席はないが、もし入隊を希望する勇士がいれば、個別にご連絡いただきたい。連邦軍所属だったいさごはいつの間にジオンに寝返ったのか?と突っ込まれる方もいるかもしれないが、心は常にジオンの理念と共に。

リディ「いいチームですね。俺も入りたかった」
ナイジェル「いつでも入れる。俺たち3人の誰かを、後ろから撃てばいい」
ガンダムユニコーン episode4「重力の井戸の底で」ラーカイラム、モビルスーツデッキ内での会話より。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する