クラウド戦役をZガンダム視点でわかりやすく解説するブログ+時々書評。

漫画家ちょまどがエバンジェリストとしてマイクロソフトにやってきた!

»

1万人のフォロワーを持ち、若い世代のエンジニアに影響力を持つ「ちょまど」 @chomado さん、こと、千代田まどかさんに、テクニカルエバンジェリストとして参戦いただくことになった。すでにご存じの方からすれば何があった!!と思われるかもしれないので、私の観点から採用に至った背景をご説明させていただくことにする。ちょまどさんが活躍しているCodeIQでの掲載記事「ちょまどさんがMicrosoftエバンジェリストに!C#腐女子のプログラミングライフとは」も、インタビューの様子が詳しく記載されているので併せてお読みいただきたい。

chomado1.jpg
写真提供:CodeIQ Magazine

最初にお会いしたときは、確かに漫画家さんだった。ちょっときょどった、対人コミュニケーションが得意とは言えなさそうな印象だったのだが、まさか本当にエバンジェリストになってくれるとは!誘っておいてお前が言うな、と言う人もいるかもしれないが、短期間でここまでエバンジェリスト候補生として成長するとは思ってもみなかった。もちろん、ちょまどさんの素質あってのことではあるのだが、人の可能性を信じたくなった。

ちょまどさんはCodeIQマガジンシェルスクリプトマガジンで連載を持つプロの漫画家さんではあるが、昼のwオシゴトを聞いてみると実はVisual StudioとXamarinを使ってC#でiOS/Android向けのアプリを、Azureバックエンドで開発しているという...、経歴と見た目の印象を覆す斜め上の回答。ただの絵師さんではなかったことに衝撃を覚えつつ、エンジニアとしての力量と、エバンジェリストとしてのポテンシャルを注意深く聞き出していった。

採用プロセスの課程について。人見知り(ネットで言うところの所謂コミュ障)なこともあり、考えを引き出すのはそれなりに大変であったのだが、いろいろ聞いてみると、C#やVisual Studioに対する愛が沸々と。さらに、若い世代の女性エンジニアを増やしたい、デモアプリとして所謂ギャルゲーw(恋愛シミュレーションゲーム)を作ってGithubに公開したい、と多方面のベクトルに広がる強いパッションをうちに秘めていた。数度のメンタリングでコミュニケーションにも自信を持てるようになり、話し方もだいぶ改善されたように思う。(当社比)

そしてなにより、ちょまどさんがホントにすごいと思ったのは、たった3年で現状に至ったラーニングカーブである。情報工学系の学部を出ていたわけでもなく、プログラミングに興味を持って、SI'erのSEをさくっとやめて、アプリ開発を担当できる職場を見つけ、iOS/Android対応のアプリを、Azureを利用して開発、運用してしまっている。確かに以前に比べれば開発ツールやクラウドが使いやってはいるが、自然と使いこなしている状況は世代で片付けられるものではない。無邪気に技術や情報を吸収していくことができれば、末恐ろしい逸材になる可能性を秘めている。

過去何をしてきたかということより、時代の変化に対応し、リードしていけるかがよほど重要である局面において、マイクロソフトがちょまどさんに、エバンジェリストになってもらいたいと考えた背景をご理解いただけたであろうか。ちょまどさんにとっては多くのチャレンジが待ち受けていると思うが、多様性を受け入れる我々の組織力が問われているのも事実。社内だけでなくコミュニティやパートナーエコシステムなども含め、適切な環境を整えていきたいと考えている。みなさまのご支援、ご協力、応援をお願いしたい。

以下、FAQ

走れ!コード学園の連載は続けられるのですか?

本人も続ける気満々ですし、マネージャーとしては応援したいと考えています。

de:codeには登壇するのですか?

現時点検討中です。が、CodeIQと連携した何らかの企画は実施することになると思います。ちょまどさんのこういうセッションが聞きたいというリクエストがあれば個別にお願いします。

■技術領域としてはどのあたりを担当するのですか?

ご経験のあるXamarinを中心としたクロスプラットフォーム開発を、まずは軸足にしていただく予定です。ちょまどさん採用プロセスの時点ではXamarin買収は社内でも確からしいウワサもなかった状況でしたので、この偶然のタイミングを活かさない手はないかと。AzureやIoTなども関連してくると思われるのでいずれ対応いただきます。

■テクニカルエバンジェリストってそういう人たちでしたっけ?

アラフォーで、IT業界での経験が長くて、何らかの技術領域の第一人者で、プレゼンがうまくて、著書が数冊あって...というタイプは確かに多いのですが、それだけがすべてというわけではありません。より多くのエンジニアにリーチするにあたり、多様性の観点から、ちょまどさんのようなマンガやSNSを通じて啓蒙する20代エバンジェリストがいるべきではないかと考えています。

自称シャア・アズナブル大佐としては、天才ニュータイプ、クェス・パラヤには、サイコミュ搭載モビルアーマー、α・アジールを与えたい。サザビーでの護衛はぬかりなく。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する