身の丈にあったスマートなシステム化を目指そう