身の丈にあったスマートなシステム化を目指そう

中小企業でのクラウド利用

»

中小企業の経営者の方々は、クラウドサービスという言葉を最近よく耳にするけれど、自分の会社で利用できるのか、利用できるとしてもどのようにしたら良いのかお悩みかと思われます。

結論から申し話あげると、中小企業こそ利用するべきと考えます。理由としては以下です。

①初期導入費用が抑えられる

 IT機器やソフトウェアのライセンス購入費がかからず、通常は加入料のみでよく、導入費用が低く抑えられます。

②ランニングコストも抑えられる

 クラウドサービスは月額費用が発生するので、機器を購入した方が安く感じられますが、この場合維持管理に人を採用したり、そのためのサービスに加入する必要あり、結果的に高くつくケースがしばしば見受けられます。

③最新の物が安全に利用できる

 バージョンアップや機器の管理はクラウドサービス提供者の方で行なってもらえます。従って、装置の設定・保守はもちろんのこと、セキュリティ対策や災害対策(提供者によって、内容や費用も異なります)も施してもらえます。

④利用方法の問い合わせができる

 クラウドサービスは障害の時だけでなく、ソフトウェアなどの使い方が分からないときでも、サポートを受けられます。(提供者によって、内容や費用も異なります)

このように、クラウドサービスは、安心して手軽にサービスを受けることが出来ますが、下記の点は注意が必要です。

①どのサービスやオプションを選んだらよいか分からない

 同様なサービスがいくつもの会社より提供されておりますので、どれを選んで良いか、また、どういったオプションに加入したら良いか、比較検討する必要がります。

②実務で利用できるか

 クラウドサービスは標準的な利用方法を想定しております。実務で例外的な伝票処理などを実施している場合、そのままでは利用できないケースがあります。

以上より、クラウドサービスに詳しい方、コンサルタントに一度ご相談されることを併せてお勧めいたします。

HRMコンサルティング株式会社

株式会社JPカルチュア

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する