身の丈にあったスマートなシステム化を目指そう

IT部門丸投げしてみなすか?

»

皆さんの会社ではIT部門は独立した部門として位置付けられているでしょうか。自社で部門を抱え、企画や開発を行う場合は、人材不足、スキル不足に悩まされているのではないでしょうか。昨今、世の中的には好景気と言われていて、特に若手のIT要員は不足しており、大手企業でも人材の獲得は難しい状況です。従って、中小企業ではなおさらのこと、IT要員を採用することは難しいかと思われます。

そこで、今日クラウドサービスの利用を始めた中小企業の方も増えているかと思います。確かにサービス導入までの期間が短く、初期費用も抑えられ、専任エンジニアを雇わなくても導入が可能なためメリットは大きいのですが、自社に合わせた使い勝手にするには、設定をいろいろ変更しなけれなばいけなかったりと、思ったほど簡単ではないケースも多いかと考えられます。

そこで、このような場合コンサルティングサービスを利用するのも一つの方法ですが、大手のコンサルファームですと、中小企業ではとても払える人月単価であったり、また、日頃お付き合いがある経営コンサルの会社でもITの導入支援を行なっていたりしますが、専門知識が乏しかったり会計など専門とする領域が狭かったり、セキュリティなどの分野は全く知識がなかったりするので、あまりお勧めはできません。

ところが最近、中小企業向けにIT部門の丸投げサービスを行っている会社もあります。リソースを自社の事業に集中するために、このようなサービスを検討されてみては如何でしょうか。


オフィス情報システム

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する