アジャイルに行こう!

astah の最初の構想書発見。

»

今日はチェンジビジョンの6周年ですが、astahは実はもっと古く、1997の年末に最初の構想がかかれたようです。

Astahは昔の名前をJUDEといい、この名前が非常に長く使われていたのですが、ドイツの方からのフィードバックを真摯に受け止めて、改名しました。JUDEは、Java and UML Developers Environment の略でした。

そして、その前の名前をJOMTと言います。今でも、内部のパッケージ名には、jomtが使われています。

Jomtpage1最初の名前JOMTは、JavaとOMTをつなぐツール、という意味です。今日、このツールの最初の「構想書」なるものを発掘しました!3ページにわたって、最初の「動機」や「仕様のポイント」がかかれたものです。今読んで思うのは、

  • Javaにハンパなくコミットしている。仕様書の最後に、JDK1.2 finalにあわせてリリースしたい、などと書いてる。(そして、「Javaが言語として速度上、デスクトップアプリで使い物になるかどうか、は疑わない」と書かれている!)
  • UMLよりも、OMTが使える、と考えていた。⇒これは後にUMLに変更。
  • ビジネスのことはほとんど書いていない!
  • 逆に、「製品の強み」にしたいところと、「内部構造のポイント」(言語、リポジトリ、アーキテクチャ、UI)は早くから決まっていた。
  • 動機は、Roseを使ったときに感じたこと。

などなど。

あと、当時、リポジトリとして想定していたのは、Javaのソースコードそのものをリポジトリにする、というアイディアで、@parameter などのjavadocコメントの形でUMLのデータそのものを埋めてしまおうと思っていたんですね。。。。

これを発掘して、また今後も、新しいastahへの思いを持ちました。Web、クラウド、HTML5でどのような開発ツールが作れるか。。。次の10年を創りたい!

Comment(1)

コメント

Web、クラウド、HTML5などの話題がいろいろありますが、商用てきな戦略に過ぎなく、ソフトウェア技術の歴史を遡って見れば、殆ど進化されていないかなと思います。たとえば、HTML5が出て、HTMLファンが感動しましたが、実はそれぐらいの表現能力がほかの言語で既にできてしまったわけ。クラウドといっても、仮想環境としての進化があるものの、ソフトウェア、特に応用面の進化に繋がっていないと感じました。やはりソフトウェア工学的に進化が必要で、車大量生産と同じく、ソフトウェアの大量生産技術が必要になり、5年、10年先に実現できるだろうと期待しています。

コメントを投稿する