アジャイルに行こう!

SEMAT.org への批評と賛同

»

さて、たまに日曜に時間が出来たら、急に semat のことばかり書いていますが。。。。この件については、現在、Ivar らのビジョンステートメントが出たばかりです。

一方、すでに、最初の批判記事も出ています。これには多くのコメントが付いていますので、ご紹介。題名からしてすごいのですが、

"Against SEMAT"
http://catenary.wordpress.com/2009/11/29/against-semat/

批判ポイントは、

「尊敬しているメンバーが含まれているが、Tom DeMarco の視点はどうした。つまり、現場のソフトウェア開発を効果的に行なうには、ソフトウェア工学はポイントを外している。--彼は最近ソフトウェア工学はその時を終えた、という論文を書いている。(平鍋のこれに関する解説とリンクはこちら)」

また、

「言葉だけの流行(fads)が多い、と嘆くが、実際に現在まで基礎となってきたコンセプトは、流行からはじまったものばかりで、それが出た瞬間には、それが単なる流行なのか、本当にうまく行く考えなのか判別が付かないのだ。それに、signatories に入っている人たちだってたくさんの fads を流してきたじゃないか!」

「シンプルな広く受け入れられた基礎をもとにするということだが、いったいどれを?合意は? HOW が全く見えない」

というような批判です。これらは、まぁ、そうかもしれないな、と思います。

そして、この記事のコメントの中には、「オブジェクト指向設計言語、方法論統一(UML/UP)のデジャビューだ。」というものもあります。なるほど。メンバー的にそんな香りもします。

でもね、でも、もうちょっとまちましょうよ。今の段階では、これを批評してもまったく意味がないと思う。それよりも、これだけの重鎮たちが、なんらかのアクションを起こそうとしている、という運気、モチベーションがとても重要だと思う。

これは、彼らの年齢の人たちに、この年齢からまだまだ世界を変えられるという勇気を与えます。10年下のぼくらの年齢の人たちには、今の知見から未来を作るための重要な指針をくれると思います。そして、さらに10年下の年齢の人たちには、まず、こんな人たちがこの30年間で作ってきたソフトウェア工学とはなんだったのか、という学びの機会を与えると思うんです。。。。

スコットアンブラーは、逆に賛成の記事を書いています。(signatoris に入っていますから)

https://www.ibm.com/developerworks/mydeveloperworks/blogs/ambler/entry/semat_vision

「正しい課題意識。正しい人が入っている。そして、なんらかのアウトプットが出るだろう。」

semat は、今年3月に、チューリッヒで会合を持つ予定になっています。そこでどんなものが合意されるだろうか。。。とても楽しみです。

Comment(1)

コメント

うしお

ソフトウェア業界に新しい風が起きる時のいい香りがしていると思いますね。楽しみ!

コメントを投稿する