アジャイルに行こう!

astah* のチュートリアル

»

astah* のユーザから、よく「簡単に分かる使い方の資料が欲しい」という要望が寄せられます。これまでは製品に同梱されているマニュアル、もしくは、書籍『JUDE で学ぶシステムデザイン』を推薦してきました。

Crud今回、新しく、「チュートリアル」という形で使い方を紹介してみました。

http://astah.change-vision.com/ja/tutorial.html

目次は、

  • マインドマップを活用してみよう
  • データモデリングしよう
  • CRUD を使ってみよう
  • チーム開発してみよう
  • 要求の機能を使ってみよう
  • 言語サポート機能を使ってみよう
  • 構造化分析しよう
  • フローチャートを使ってみよう
  • トレーサビリティマップを使ってみよう
  • 納品資料としてのドキュメントを作成してみよう
  • 便利な機能を使ってみよう
  • API を使ってみよう

こんな感じです。今まで使ったことのない機能を、ちょっと試してみようというときに、参考になると思います。例えば、CRUDの章はこんな感じではじまります。なるべく、画像を多く使って分かりやすく説明しています。また、デモ動画へのリンクもつけています。

astah* は、新規のユーザはもとより、今まで使っていただいているユーザの方を大切にしたいと思っています。知らない機能が有効であることをぜひ知ってもらい、活用してもらいたいと思います。

詳しくは、開発者 kotaro のブログにて。

Comment(1)

コメント

無色

さっと見ただけですが、機能の操作方法だけではなく、
軸となる考え方が豊富な図解で分かりやすく記述されており、大変役立つものと感じました。
時間を割いて、このようなドキュメントを提供していただき、ありがとうございます。
こちらを参考にさらに活用させていただきます。

コメントを投稿する