アジャイルに行こう!

JavaFesta 札幌で Mind Map と UML の話をしました。

»

Javafestalogo_2  10/30 に札幌で開かれた JavaFesta2009 にて、

ソフトウェア開発に役立つビジュアル思考
~マインドマップ/UMLを現場で有効活用しよう~

というお話をしてきました。Android の話の裏番組だったので人の入りを心配したのですが、札幌のみなさん結構熱心に聴いていただきました。

ソフトウェア開発の現場でマインドマップとUMLを使える場面と例をふんだんな絵と写真で紹介しました。両方の利点を活かした使い方の提案も。

いつものように、情報カードをスタッフに用意してもらってマインドマップ自己紹介(偏愛マップ風)をみなさんにやってもらったり、ユースケース図をみんなで描いてみたり、と和気藹々とした感じで進めることもできました。新さんはじめスタッフのみなさん、どうもありがとうございました。

ぼくの伝えたかったことは、ソフトウェア開発をもっと、協調的に、生産的に、創造的に、そして、楽しくしたい。。。。この一点です。

以下にスライドを置いておきますので、見てください。PDFでダウンロードもできます。

P.S.

現場でスピーカーとして、バリューソースの神崎さんや、アークシステムの黒住さんと久しぶりにお話できたのも収穫でした。アットウェアの高橋さんにもお話できたし、さらに、札幌Rubyの前田さんともお話でき、夜の部は札幌Rubyの Apple Store でのえにしテック島田さんのお話に参加できました。

Comment(2)

コメント

先日は楽しいお話を聞かせて頂きありがとうございました。

講演も受講者同士がコミュニケーションを取れる
和気藹々とした雰囲気で、とても楽しく勉強させて頂きました。

今度は是非函館にもお越しください!

JavaFesta実行委員(新)

JavaFestaでは大変お世話になりました。
どの枠もたくさんの方に参加していただけたので、スタッフ一同非常に嬉しく思っています。


参加者の中には、IT業界ではない方もたくさんいましたので、はじめてマインドマップを書いた人もいましたが、上手に書けてましたね。


来年もよろしくお願いします!

コメントを投稿する