アジャイルに行こう!

astah* ファーストインプレッション

»

永和システムマネジメントの岡島さんが、さっそく astah* を使ったファーストインプレッションを書いてくれています。要求テーブルなどの新機能についても少し触れてくれています。

http://d.hatena.ne.jp/HappymanOkajima/20091019/1255960508

移行については、

ライセンスは問題なく移行できます。何も気にせずインストールすればOK。ファイルの拡張子が変更されましたが、judeファイルとの関連付けも残せます。もちろんアイコンが変わったので、少しだけ違和感がありますが、すぐに慣れるでしょう。

という印象だそうで、ほっとしています。実は、最も気を使ったのが、「既存のユーザを煩わせない」ということなんです。出来るだけ、いま使ってもらっている方に手間や不安をかけずに移行できるようにするか。新機能よりも、結構重要なポイントだと思っています。内部では、拡張子をどうするか、ライセンスについての考え方、プロパティファイルの持ち方などなど、ずっと議論が集中したのもこの点です。

新機能(要求テーブルやトレーサビリティ)については、

新機能に関して、サイトやマニュアルにはあっさりと書いてあるので、もう少し利用するケースを明示してあげるとよいのかもしれないと感じました。

そうですね、ここのことろ、もっともっと改善する余地を感じています。「こうやって使ってもらったら便利」というのを「伝える努力」をもっとしないとな。

レポートありがとうございました。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する