アジャイルに行こう!

Agile から Lean への旅 -- UK Lean Conference を終えて

»

9月末に開催された、UK Lean & Kanban Conference に参加してきた。今回は、スピーカーとして呼ばれる、という光栄に預かった。これは、現在、アジャイル界で起きているスピンオフ・ムーブメントである、「Kanban」に関してぼくが発言をしているからだ。

Yeswekanbansm_2 一言でKanbanを言うのは難しいが、2009年10月時点では、「ソフトウェア開発のフローを見える化し、WIP(Work in Progress=仕掛)を制限することで、顧客価値のスループットを上げ、同時に改善を促す活動」、とぼくは定義してみた。もちろん、トヨタ生産方式のかんばんから来ているが、ソフトウェア開発向けにここ3年間でずいぶんとBoKが積み上げられていて、Agile2009 でも Limitting Wip Society というグループが、"Yes, We Kanban" というTシャツを着ていた。(アイコンは、大野耐一をモチーフにしている!)

さて、このカンファレンスに参加してみて、ぼくなりに「アジャイル」と「リーン」について考えてみた。

  • アジャイルとは何だったか:

Agiletome ぼくにとって、アジャイルは現実のソフトウェア開発の中で「ソフトウェア工学」が捉えそこなったものの1つだ。アジャイルが発見したことは、ソフトウェア開発のボトルネックは「ソフトウェア工学」の部分にはもうすでになくなっていて(デマルコの記事は読んだよね?)、ビジネスとソフトウェア工学を繋いでいる「ソーシャル活動」の部分にあることだ(これは決してソフトウェア工学は要らない、といっているのではなくて、一番大きなボトルネックは移動した、ということだ)。例えば、スクラムは、「役割定義とビジネスと開発の間のコミュニケーションパターン」だということができる。そして、もっとも重要なことはソフトウェア自身に価値はなく、ビジネスに価値がある、ということ。アジャイルは、言ってみれば工学の考え方を開発のソーシャルな面に延長したのだ。(Ivar Jacobson は、「ソーシャル工学」という言葉でそれを呼んでいる)

つまりだ、アジャイルは、「ビジネスとソフトウェア工学の間のコネクタ」ということだ。

  • リーンとは何か:

Leantome しかし、ビジネスの世界はソフトウェアだけではない。ビジネスの見地からみると、IT(あるいはソフトウェア開発)は、1企業の価値流の一部をになう。ソフトウェア開発という活動は、企画、マーケティング、営業、さらには会計や財務なども含めて大きな価値流の中での価値付加活動の1つなのだ。

リーンは、コンセプトを開発を通じてキャッシュにする(顧客に価値を届ける)までの流れを作っていく企業ワイドの活動だ。(自分用の注: このフローは製品開発のモデル、ITのユーザ企業のモデルであり、日本に多いソフトハウスやSIerのモデルは別途考察必要)

この様子を、「Tモデル」として描いてみた。

  • Chris Matts のモデル:

Agileandleanbychris Chris Matts とロンドンで多くの会話をしたが、この絵は彼がディナーテーブルの上で描いてくれたものだ。彼のモデルは、「意識」と「コンピテンス」のマトリクスになっている。

アジャイルが、企業の競争力を高めるための「意識的な課題の解決」に焦点を当てているのに対して、リーンは、この課題解決を「無意識化」する活動だ。この「無意識化」には知識の転送が必要だ。そう、リーン企業では、競争力は無意識化されているのだ。

Chris はこの絵にいくつか足したいと思うだろうけど、それは彼に譲ろう。

※この記事の英語版はこちら。
http://jude-users.com/en/modules/weblog/details.php?blog_id=65

Comment(3)

コメント

いつも興味を持って読ませて頂いています。

言葉尻を捉えるようで恐縮ですが、「ソフトウェア自身に価値はなく、ビジネスに価値がある」という表現には少し違和感を覚えます。私の狭い経験では、マネージャや営業担当がこれと似たようなことを言うシステム開発会社さんほど、現場の仕事は質が悪かったように思うからです。
お前の仕事には価値が無いと日々言われながらも真面目に努力する人は少ないですよね(少しはいますが)。

それに、こんな言い方をするのであれば、「ビジネス自身に価値はなく、人間の幸せに価値がある」という言い方だって出来ます。しかし、これは単なる無限後退です。
「価値」は対象の中に客観的に存在するものではなく、ヒトが対象に対して認めるものなのだから、ソフトウェアの作り手はソフトウェア自身に価値があると考えても全くかまわないのではないでしょうか。刀匠にとっての価値は刀の中にあるのであって、刀が人を殺すことにあるわけじゃないですよね(たぶん)。

平鍋さんがおっしゃりたいのは、「ソフトウェアに価値がない」ということではなく、自分たちが作るソフトウェアの価値をもっと広く認めてもらい、他の人に喜んでもらうには、そのソフトウェアの技術的側面だけでなく、それが使用される環境や使用する人々のことも考えなくてはいけない、ということではないでしょうか。これはよくわかります。
認めてもらうための努力をしないで、「世間は認めてくれない」とぶつぶつ言うのは子供が駄々をこねているようなものです。

その一方で、ソフトウェアの価値は、世間に認められられようが認められまいが、作った人の中には確実にあるし、逆にそう考える人でなければ革新的なソフトウェアなど作ろうと考えないとも思います。
自分による価値評価に従いたい心、他者からの評価と報酬を求める心、この二つの心のバランスをどう取るか、難しいですね。

平鍋

>少し違和感を覚えます
なるほど、おっしゃる意味が分かりました。私がソフトウェア工学からアジャイルを、そして、アジャイルからリーンを見てきた個人的な旅は、「自分の外側に価値がある」ことの再発見の連続でした。逆に、「内側が価値だ」と思ったときに、成長が止まるような気がして、そのように表現してみました。

>「価値」は対象の中に客観的に存在するものではなく、ヒトが対象に対して認めるものなのだから

確かに。この話はおもしろいです。価値相対論と絶対論みたいに延長できるかもしれませんね。あるいは、主体客体?

それと、「創造性」や「モチベーション」の源泉とも関係しますね。内部で動機付けされる場合(やっていることにミッションを感じて意欲を出す人)と、外部で動機付けされる場合(見返りや他人の問題解決に力を出す人)。

>「内側が価値だ」と思ったときに、成長が止まるような気がして

これは、僕も同じように感じます。ただ、外側か内側かという話をすれば、価値は内側にあると思いますが、一方で自分が作るソフトウェアは自分の「外側」だと思うんですね。
そして、いったん作ったソフトウェアは自分とは基本的には別物ですが、完全にそうとも言い切れず、それにかけた思いや時間・記憶が自分の中に残り、そのソフトウェアに纏わりつく。
加えて、そのソフトウェアをこう使えば、世の中(のごく一部であれ)こう変わるだろうという、社会との関係性も(実際に顕在化しなくとも)やはりソフトウェアは秘めています。
だからソフトウェアは、仮に結局使われることが無かったとしても、作り手にとってはやはり、
社会の接点として内側と外側をつなぐ機能を持つんじゃないでしょうか。
そしてソフトウェアのこうした曖昧な性格(境界性?)が、作り手にとってそのソフトウェアの「価値」の基礎にあると思うんです。

それに対して、自分が持つスキルとか技術力といったものは本当に「内側」にあるものです。
ですから、自分がもつスキルや技術に価値を置く考え方と自分が作るソフトウェアに価値を置く考え方は異なるし、
前者と比べると後者の方が、(ソフトウェアが媒介となるので)社会との対話の可能性を拓き易いと思っています。
そして、スキルとか技術力に価値を置く場合、平鍋さんがおっしゃるように「成長が止まる」トラップにひっかかるリスクが高いように感じます(そうならない人もいますが)。

コメントを投稿する