アジャイルに行こう!

Agile Japan ありがとうございました

»

Aj_banner_480_ 4/22(水) 「Agile Japan 2009」に参加してくださったみなさん、ありがとうございました。嬉しいことに、参加人数が増えすぎて(190満席のところ、230の申し込みでサイトをシャットダウン、パイプ椅子を準備)、とても運営が不安な当日でしたが、その不安を完全に乗り越えるくらい、パワーが出るイベントになりました。偶然参加されたみつるぅさんのブログにもあるよう、「セミナー」という感じではなく「ライブイベント」という雰囲気の会にできて、実行委員会としてもとても喜んでいます。

日本のソフトウェア開発を変えるために、エンジニアが上司やお客さんを誘って一緒に来て欲しい、そんな企画で始まったイベントです。「アジャイルは、人だ!」と言い切ったのも、そこから突破したいからです(西河さんの全体ブログ参照)。実際には、7割の方がペア割を使ってきてくれた、という狙い通りの結果になりました。(この企画はEMZEROで有名なマナスリンクの野口さんの案です、ブラボー)

記憶に残っていることを少し…

  • 「ソフトウェア開発現場に求められる新しいリーダーシップ
    ~アジャイルに見る大野耐一、デミングの影響~」
    メアリー・ポッペンディーク 氏(with 平鍋健児)

この講演は、ぼくが2007年に米国のAgile2007で聞いたもっともエキサイティングなセッションを、今回、同時通訳なしで、でも、日本語訳を平鍋が直接、日本語パワーポイントを差し込んでやる、というスタイルを試しました。 このプレゼンの見所は、Taylor, TWI, Deming, TPS という管理やリーダーシップの歴史的な流れ。そして、もう1つは、大野耐一の「標準」や「マネジメント」についての思想の引用。この引用は、日本語訳を原著から引きました。英語よりもずいぶんブロークンな日本語で、大野耐一の「語り口」も含めて味わってもらえたら嬉しいです。さらに、ものづくりの真髄というDVD、現在残っている大野耐一の肉声を聞くことができます。ぼくは、ちょっとこの声を意識して日本語訳を読んでみました。

  • 「ソフトウェア開発に活かす、トヨタ生産方式モノづくりヒトづくり」
    黒岩 惠 氏

とんでもなくいきいきとした、ライブセッションでした(矢沢永吉のような!^_^)。伝えたいことは、ただ一つ、「自分で考えなさい」。米国から入ってきたものをありがたくそのまま受け入れてはいけません。時間が押したり、話が余談に入って帰ってこなかったり、はらはらしましたが、それを補ってあまりある熱意でした。西河さんもブログに書いてましたが、説明や内容を書いてしまう意味がないくらい、ライブ間があるセッションでした。内容も、それ以上に、80年代から2000年代の歴史的な事実を追いながら、TPS, リーン, TQM, アジャイル、の流れをお話いただきました。

P1110251_2 その後、パネルディスカッション。用意したパネルの質問はすべてすっ飛ばして、会場からの質問オンリーで進めました。「プロトタイプとアジャイルの違いは?」という質問に、Tom Poppendieck が飛び入りで答えました。

「プロトタイプは何かを学ぶために作る。アジャイルは、学んだことを「テスト」として記憶し、プロトタイプを育てていく。」

ナイスな回答でした。

  • ランチ with ライトニングトークス

永和システムマネジメントのオブジェクト倶楽部提供、LT(ライトニングトークス)です。大阪のおばちゃんこそ、アジャイルだ、という発表に個人的に「ベストトーカー賞」を上げたい。永和システムマネジメントからは、角谷さんも参加。『鋼鉄の三角形から鋼鉄の一本線へ』について。

  • 「「スピードがすべてを駆逐する(株式会社良品計画事例)」
    山崎 裕詞 氏
    株式会社良品計画 情報システム担当システム企画課長
    當仲 寛哲 氏
    有限会社ユニバーサル・シェル・プログラミング研究所 代表取締役所長
    モデレータ:前川 徹
    サイバー大学 IT総合学部 教授、社団法人コンピュータソフトウェア協会 専務理事

すごい事例でしたね。テキストファイル、シェルスクリプト、、、、技術者ならきっとなじみがあり、うなづけると思います。ただし、これを、本当に大企業の情報システムを構築しており、それをどんどん成長させていること。そして、「アジャイル」と呼んでいるわけではなく、そこに到達していること。まさに、「自分で考えている」ことがすごい。ユニケージは、IPAの「ソフトウェア・プロダクト・オブ・ザ・イヤー2009」に選ばれているのですね(去年JUDEも選ばれています)。

このあと、本間さんのアイスブレイク(お見事なお手前!)を挟んで、コミュニケーションタイムへ突入です。スキルセッションと事例セッションに分かれました。

【スキルセッション】

一番人気の参加型ワークショップです。90分間、みなさん笑顔で手を動かしていました。最優秀アジャイルロゴ、は、私が選ばせていただきました。

P1110260

ほかにも、羽生田さん安井さんの「体験アジャイル」、私の「プロジェクトファシリテーション相談室」、などがスキルセッションとして開催されました。

【事例セッション】

  • 「実例:ユーザー企業責任で25サイトをアジャイルに開発(株式会社リクルート事例)」
    スピーカー:前田 圭一郎 氏(株式会社リクルート)
    モデレータ: 倉貫 義人SonicGarden(TIS株式会社 社内カンパニー)リーダー
  • 「モチベーション駆動開発 ~パッケージ開発の現場から~(富士通株式会社事例)」
    スピーカー:中尾 保弘(富士通株式会社)
    モデレータ:安藤 寿之 (NECソフト株式会社)

リクルートの事例を前田さんと倉貫さんに、富士通の事例を中尾さんとNECの安藤さんにお願いしました。わざと企業の壁を超えて組んでもらいました。ぼくは、中尾さんの事例の中で、メンバー全員が「プロジェクトに参加してよかった」と答えたという話がとても好きです。日本では、外注先やいろんな企業が1つのプロジェクトに参加します。どうやって垣根を越えてゴールを作るか、これはリーダーに課せられた1つの課題じゃないかな、と思っています。また、リクルートの前田さんの事例でも、「アジャイル」と言う言葉から先にあるのではなく、自分たちから編み出してたどり着いた開発手法であることが、最も大事だと思います。

そして、最後に全員でクロージングセッションです。

開発者と管理者の「見えない壁」について、PF.ドラッカーやカマスのメタファをうまく使った、示唆に富むお話でした。同名の本の中身に基づく講演でしたが、それよりも、「開発者」と「管理者」という、現実の人間系のシステムの経験からの思いが「静かに」あふれていました。

全体として、仕組んだわけではないのに、「アジャイルというより、自分自身で考えよう」という裏メッセージが発表者全員から伝わり、とてもストーリー性のあるイベントに出来ました。

このイベントは、日本を変える力を持っている。そして、続けることでその可能性を未来方向に延長できるのだろう、と強く思った一日でした。仕事のやり方を、ぼくらの力で変えて行きましょう。

西河さんが、ブログ等のリンクをまとめて頂いています。http://b.hatena.ne.jp/mnishikawa/AgileJapan2009/

ITPro でも記事になっています。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20090422/328946/

Comment(5)

コメント

四字熟語

Agile Japanの成功、おめでとうございます。
残念ながら参加できなかったのですが、参加された方から、とてもエキサイティングでホットなイベントだったと聞きました。
今更ながら参加できずに口惜しい限りです。

平鍋さん、そして運営に携わった方たち、協力くださった方たちのエネルギーが、多くの参加者とすばらしい場をつくりあげたんですね。
記事を読むだけでも、エネルギーが伝わってきます。そして、自分にできることから始めてみようと改めて思わされました。
すばらしいイベントと記事をありがとうございました。
今後も応援しています。

Kt.

Agile Japan2009に参加し「プロトタイピングとアジャイルの違いは?」と質問した者です。
今回は上司ともども、とてもエキサイティングな1日を過ごすことができました。ありがとうございました。

今回のセッションの中で、平鍋さんも含めた数人のスピーカーの方が「ウォーターフォールのテスト工程は大いなるムダ」と発言されていたのが、鮮烈に印象に残っております。
というのも自分はW.F.型の開発しか経験したことがなく、「人月の神話」などについても不勉強だからなのですが、
なぜW.F.型のテスト工程は大いなるムダなのか、平鍋さん含め皆様の見解を教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。
 
追記:JUDEを最近使い始めました。提案書の骨子をまとめたりするのに非常に役に立ってます。
会社の規則で個人購入のソフトウェアは社用PCにインストールできないのですが、規則を破りたいぐらいです(笑)

平鍋

四字熟語さん、
いつも応援ありがとうございます。なかなか成果がでませんが、末永く見守ってください。

Kt.さん、

テスト工程は前工程で作ったバグを取り除くからです。前工程でバグを作らないようにするのが本筋で、「欠陥を見つけるテスト」はムダ、「欠陥を予防するテスト」は意味がある、という言い方もして、製造業では当たり前のことなので、みなさんそういわれたのだと思います。テスト駆動開発は、「自工程完結」(後工程に欠陥を流さない)の1つの手段になりえます。また、プロトタイプや反復開発は後工程のフロントローディングになります。(問題の早期発見)

そういえば、プロトタイプとアジャイルについて書いた記事がありました。
http://gihyo.jp/lifestyle/feature/01/prototyping

今後ともよろしくお願いします。

Kt.

平鍋さん、ご回答&参考記事のURL提示、有り難うございました。これで部長に胸を張って「プロトタイプとアジャイルはこう違うんです」って報告できます。
近々部内会議があるので、そこで発表する資料作りの参考にさせていただきます。
不勉強な自分を改めようと「人月の神話」をAmazonで購入しました。まださわりしか読んでないですけど、これも近いうちに消化したいと思います。
ところで、最近購入したJUDEの件ですが、社内でちょっとした騒動になってます。というのも弊社のアジャイルコミュニティのメンバー向けに「弊社でもJUDEを使えるよう働きかけをしよう」と提案したのですが、自分がルール違反で社用PCにインストールしたところ、Aさんから「ルール違反する人の言うことは聞いてもらえないから・・・」とたしなめられました。
コンプライアンスの時節柄、ごもっともな意見なのですが、弊社の長野支社では20ライセンスを購入済みであることが分かったり、ProではなくThink!はポロポロ買ってたりということが判明し、しまいには「内製化で作る人いないかな?」とか「その会社M&Aしちゃえば」とかいう過激な意見まで。。。
コーポレートライセンスが1ユーザあたり年間1万円とお見受けしたのですが、ボリュームディスカウントとか、戦略的資本提携とかでうまいこといきませんか?

Kt.

平鍋さん、メール有り難うございました。今度はブログモードで書きます。
弊社グループでは自分が投げた「マインドマップ」という小石が大きな波紋になりかけてます。もしかしたら大きな津波となって弊社グループを飲み込み、チェンジビジョン様と永和様を巻き込むことになるかもしれません(津波注意報です、いい意味の^o^)。
AgileJapan2009のワークショップで「僕は部下を一人失ったから、Agileを模索したんだ」というお言葉を聴いたとき、思わず涙腺が緩みそうになりました。というのも3年ほど前、まさしく馬車馬のように働かされ、全国を飛び回った挙句、九州方面に5ヶ月間「拉致監禁」状態で昼夜を問わず仕事したため、メンタル的におかしくなりました。その後、休職を余儀なくされ、治療は未だ続いています。
僕もそんな「被害者」を産み出したくはないし、もし自分に部下ができたら、ちゃんとケアしてあげたい、ヒトを大事にしたいとずっと思ってました。
Agileがもしヒトに優しく、余分な時間を使うことなく、週40時間を完全燃焼するだけでPerfectな開発ができるなら、弊社グループは「面舵一杯」をとるべきだと思います。
英語が堪能な平鍋さんなら既に御承知でしょうが、自分のハンドルネームは「Knight」の略称です。自分のイニシャルと引っ掛けているのですが、騎士のように雄々しくかつ優しく振舞いたいという願望が込められています。時々勇み足をすることもありますが、この幕末のようなご時勢に、コミュニケーションという刀を研ぎ澄ませた「坂本龍馬」になれればいいなと妄想しております。ちなみに坂本龍馬はチームファシリテータの典型だそうですね(上司から習いました)。僕はファシリテータを目指しますので、引き続きご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

コメントを投稿する