アジャイルに行こう!

Manifesto for Software Craftmanship(ソフトウェア職人マニフェスト)にサインしよう

»

最近、アジャイル開発を「繰り返し型」の形として採用するのはいいが、そこで実際に開発活動をする人たちのスキルに、再度焦点が当たっている。つまり、プロジェクト管理手法としてのみアジャイルを取り入れても、破綻する、ということだ。ソフトウェア開発技術は、匠の技であり、この技術は職人の技だ。この議論は、

などからの流れなのだが、ついに、「ソフトウェア職人宣言」が出現した。以下に、訳文とそのURLを書いておくので、同意する人は、サインをしよう!


ソフトウェア職人宣言(原文: http://manifesto.softwarecraftsmanship.org)

「ソフトウェア職人」を希求する同志として、私たちはソフトウェア開発を実践すること、そして仲間がその技術を学ぶのを助けることによって、プロフェッショナルなソフトウェア開発者のレベルを上げていく。この活動を通じて、私たちは、以下のことを価値とするに至った。

動くソフトウェアだけでなく、しっかり作られたソフトウェアを。
変化に対応するだけでなく、着実に価値を付加していくことを。
個人と相互作用だけでなく、プロフェッショナルたちのコミュニティを。
顧客との協調だけでなく、生産的なパタートナーシップを。

すなわち、左側に書かれたことを求めるには、右側のことが不可欠であることが分かった。

Copyright 2009(この宣言はこの注記も含めて全体を転載するのであれば、
どのような形でコピーしてもかまわない。)

※上記中、しっかり作られたソフトウェア(well-crafted software)の訳がイケていないのですが、良い案ある方、コメントください。

Comment(14)

コメント

umejava

「職人の技としての」「職人のこだわりを持った」とかいかがでしょうか。
また、「パタートナーシップ」はタイポですね。

keis

「良く練られた」はいかがでしょうか。

tomita.k

「誠意をこめて作り上げられた」は意訳しすぎでしょうか。

単純に「巧みに作られたソフトウェア」に訳すのは大袈裟なのかな。

ryota

「手になじむソフトウェア」は行き過ぎか。

「職人仕上げの」とか。
「いい仕事をしている」も好き(イメージは中島誠之助さん)

mat9215

「作りのよいソフトウェア」ではいかがでしょうか。

umejava

「丹誠こめた」が短くて良いかも。意訳ですが。

「きちんと作られた」はどうでしょう。

tokoi

「きちんと作り込まれた」は如何でしょうか。

「きちんと考えて作られた」は如何でしょうか?

pnuts

「質の高いソフトウェア」
「質」というその定義で揉めそうですが、
「よく作りこまれた」というのは堅牢で、保守性が高く、ユーザビリティにも優れている、などなど
トータルして「質の高い」でいかがでしょうか?

YMORISUE

「洗練された」とかどうですか?

四字熟語

「ゆるぎないソフトウェア」 激しく意訳。何らかの芯が通ってることが重要に思うので。


「最適なソフトウェア」または「適切なソフトウェア」 原語に近づけると、こんな表現はどうでしょ?

コメントを投稿する