アジャイルに行こう!

Eric Sink on the Business of Software

»

Eric

『Eric Sink on the Business of Software 革新的ソフトウェア企業の作り方』が出ています(青木靖さん、さすがの読みやすい訳!)

私は昔ギークだったのが、今はチェンジビジョンという小さなプロダクトの会社(ISV)を経営していますが、まさに、そんなぼくにぴったりの本でした。

帯には、「小さくても成功しているソフトウェア企業のマーケティング/マネジメント/セールスのすべて」。マイクロISVとわれる、小さな企業がうまくやっていく方法が中心で、資金の調達の仕方や財務諸表の意味なんかも書いてありますが、何より、とても実用的で当たり前だけど、多くのギークが知らないでいること、例えば、マーケットのサイズとして大きすぎるものは狙わないこと(巨大企業が参入するから)、水平マーケットは難しいこと、などがしっかり書かれています。これを、

「樽に石を詰めるのに似ていて、大きな石を詰めたあとに、小さな石で隙間を埋める。市場の構造はこれに似ていて、マイクロISVはこの小さな石となる市場で十分成立する」

という言いえて妙なメタファで表現しています。

また、軽快なまえがきを、Joel Spolsky を書いています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する