アジャイルに行こう!

「ふりかえり」が失敗する8つの理由

»

「アジャイルレトロスペクティブ」の著者、イースターダービーのStickymindsの短い記事です。

「ふりかえり」が失敗する8つの理由
Eight Reasons Retrospectives Fail

ぼくは Retrospectives を「ふりかえり」、と訳している。オブジェクト倶楽部のプロジェクトファシリテーションのページに、天野さんが、日本語の「ふりかえりガイド」(PDF)もかいている。

簡単にまとめると、

「ふりかえり」が失敗する8つの理由

1.準備不足。
 ⇒アジェンダをしっかり用意すること。
2.焦点があいまい。
 ⇒前回のイテレーションの改善に集中。
3.データが集まっていない。
 ⇒何かを変えようとするまえに、「実際に何が起きていたか」を話す。
4.1人か2人が会議全体の会話を独占してしまう。
 ⇒ペアにしたり、グループを作ったりして話あうアクティビティを持つ。
5.自分たちではどうにもならない障害について議論する
 ⇒自分たちができること、あるいは影響できることに集中する。
6.チームでやりきれない分量を出してしまう。
 ⇒次のイテレーションでできることだけ。
7.チームがアクションするやる気にならないことを選ぶ。
 ⇒やる気がでることをやる。
8.個別に「改善計画」なるものをメンテする。
 ⇒日々の活動の中に織り込む。改善項目をストーリーカードとして入れてしまい、次のイテレーション計画に織り込む。

なかなかいい記事でした。「問題」⇒「解決」というパターンライティングになっています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する