アジャイルに行こう!

「要求は変化する。Boehm は間違っていた、と DeMarco が暴いた。」というYourdon のブログ

»

Mary Poppendieck の iPod からしいれた情報より。
(SPaMCAST:http://www.spamcast.libsyn.com/ のMaryの回をチェック。)

2007年5月ICSEで、ぼくらの世代にとてっての「ソフトウェア開発の先生」たちが集まったパネルディスカッションがミネアポリスにて開催されていた。参加者は、Fred Brooks, Jr., Tom DeMarco、Barry Boehm、Linda Rising、Tim Lister, Ed Yourdon.

パネルの中で、「どうしてソフトウェア開発の人系の視点(people side)が、アジャイルという言葉で発見されるのにこんなにも時間がかかったのか。」という質問があった。すると、Tom DeMarco がマイクをつかみ、

Tom 「それは、すべて Bary Boehm の責任なんだ。」

といい始めた。Baryはここで目を丸くしたらしい。

Tom 「Barryのあの曲線、ソフトウェアの修正コスト曲線が発表されたおかげで、みんな要求をはじめにちゃんと決めないと、という洗脳にあったんだ」

Bary 「そうだ、Tomは正しい。その時代ぼくがいたドメインでは、要求を決めることができたんだ。だから要求を先に決めることは理にかなっていた。でも、80年以降は変化が大きくて、そんなことはなくなってしまった。要求は変化する。先にすべて決めるなんて無理だ。今ではみんながこの指数関数のように変更のコストが高くなる、というグラフに洗脳されてしまって、すべてを先に決めないといけない、と思っている。そして、みんなのその固定観念をを変えること自体を難しくしてしまったからだ。」

Costofdefectremoval

この話をしらべてみると、この件に関して同席していたEd Yourdonがブログを書いていた。BaryとWinston Royce(ウォーターフォールの元祖)との関係なんかもわかって、よい記事だった。

http://www.yourdonreport.com/index.php/2007/05/29/icse-peopleware-panel-session/


ソフトウェア開発の先輩たちが、みんなウォーターフォールを悔い改めようとしている。。。ぼくらも、いまの産業構造の中で「契約がこうだからできない」ということを言わずに、原則論から考えて、構造自体を変えて行くことをしないか?


Barrydemarco

Comment(4)

コメント

henrich

3年も前の記事にコメントになりますが…

では、ベームの推移曲線が全く間違っているのかという疑問があります。仕様を決めない/あいまいにして実装にさっさと取りかかるのがコスト削減につながるのでしょうか。全てを決めないにしても仕様策定の時点で考えを巡らせておくのは後々の作業を減らすのに重要ではないかと思うのです。

今の時点で、ベームの曲線を書き直すとしたら、どんな形になるのでしょう?

平鍋

Kent Beck はXPの最初の本でこの曲線を y = log t のような平な線にしたい。そうできるための、プラクティスを揃えました。その後、Mary Poppendieck は、そうは言っても例えば開発言語のような取り返しが着かない決定も多くあり、それはやはりベーム曲線になる。だから、この部分と平にできる部分を分離することが重要、と言いました。現在でも、アジャイルとアーキテクチャの議論は続いており、この分離の可能性についての議論も多くあると思います。(現時点のぼくの考えです)

henrich

replyありがとうございます。なるほど、ベーム曲線は構成要素に分解して考えてみるのはありですね。

平鍋

http://bit.ly/iKyHlF

ここに、変化コストの分離図があります。

コメントを投稿する