アジャイルに行こう!

幸せの総量について -- 飛行機でキスされたこと

»

飛行機で隣の女性に「席を替わってくれませんか?」と言われた。替わる相手は彼女ではなく、席がばらばらになってしまった恋人である。二列後ろに彼は座っている。こころよく、「いいですよ」と言った。一瞬、めんどうくさいな、と思った自分を発見するが、人が喜ぶことをしてあげるのはいいことである、と言い聞かせた。

替わってあげるために、席を移動すると、黒人のボーイフレンドは、とてもうれしそうに、英語で感謝を述べ、ぼくをハグして頬のキスした。このリアクションにはぼくも少しびっくりしたが、その様子が本当に幸せそうだったので、ぼくもなんだかうれしくなってしまった。ぼくは、「My Pleasure」と返事をした。

その飛行気で、ぼくはちょうど手塚治の『ブッダ』を読んでいた。良く生きる、ということをつきつめると、人のために生きることになるという。他人の幸せについて考え、自分がそれをしてあげる、それが自分の喜びにつながると書いてある。これはそういうことなのかな?

サンフランシスコから名古屋に向かう飛行機の中で、ぼくは、幸せというもののこの世界での「非保存則」について考えた。エネルギー保存の法則では、こちらが渡した分だけ、向こうが増える。つまりどこかでエネルギーが増えるとどこかでエネルギーが減り、世界のエネルギーを全部足すといつも一定だという。保存則に近いものとして、お金がある。全世界のお金の量は、やり取りの前後で保存される。この保存則だと、損と得は対になる。誰かが得をすれば、誰かが損をする。ぼくは席を譲って、損をしたのだろうか?いや、ぼくは逆にうれしい気持ちになった。

幸せに保存則は成り立つだろうか?たとえば恋愛をすると、あなたもわたしも幸せになる。
すなわち、世界の幸せ量は増える。逆に、減ってしまうこともある(喧嘩など)。幸せは、保存則には従わない。だとすると、幸せは多い方がいいのだから、世界の幸せが増えるように、自分が行動することは、意味があることだ。つまり、自分の幸せのために、
世界のほかの部分の幸せを減らすのではなく、世界のほかの部分の幸せを増やし、それが
自分の幸せにもなることがある。

My Pleasure は、何気なく出た言葉だったけど、「それは私の喜びです」ということだ。人の幸せが自分の喜びと思えること、これがそういうことなんじゃないかと思った。とっても小さいことだけど。

Comment(3)

コメント

ばたっち

幸せには保存則は成り立たないと思います。

人によって幸せを感じる尺度が違うので、お話のように感謝されても幸せと感じない人にとっては、幸せは±0になってしまうでしょうが。

人に親切にすることは、世界に幸せを与えることになるので、与えたものが返ってきます。
本当は幸せって先に与えれば、増えるものなんだと思います。鏡の法則ですね。

中澤

久しぶりにここに来ました。お久しぶりです。
いやぁ、素敵な話ですね!
幸せと感じることができる心、大切にしたいです。
偶然ですがブッタ、先日ヤフオクで全巻買ってしまいました。帰ったら読もうっと

村田 昇

ブッダは、会社の近くの喫茶店で読破しました。傑作だと思います。

私は親父からよく、「仕事とは『ありがとう』と言ってもらえる事だ」と聞かされてきました。

確かに経済としてみれば、仕事もまた対価となる財貨やサービスの交換に過ぎないのですが、それが「満足の総量」を増やす種類の取引でなければ成り立たないわけです。

幸せと満足は厳密には異なりますが、「誰かの為になる事が自分の為にもなる」って、実は人間が自然界を改造しようとする原動力なのかもしれませんね。

それが「地球環境の為になる」とか「敵との和解の為になる」って発想にも広がれば、人類は永く反映できるんではないかと思いました。

コメントを投稿する