アジャイルに行こう!

トヨタ会館とトヨタ工場見学

»

Toyotakaikansmall はじめて、トヨタ工場を見学しました。目的は、TPS(TOYOTA Production System)が機能している様子を見ることです。ちょうど来日していた Mary と Tom Poppendieck 夫妻(リーンソフトウェア開発の著者)と同行し、その他の方々と一緒に回りました。写真は、ツアー出発のトヨタ会館です。ここから、バスに乗って元町工場を見学に行きます。組み立てラインと溶接ラインを見せて頂きました。(写真撮影はできませんでしたので、映像をお見せできないのが残念です)

いくつか気づいたことを…

  • 8種のモデルを混合して同じラインに流しています。なので、流れてくる車種はばらばら。多品種少量生産です。

  • 手持ちの在庫が本当に少ないです。例えば、ドアの取り付け工程では、5つくらいの手持ち在庫しかありません。ライン上を車がゆっくり流れてきます。別々の車種が次々に到着しますが、その車種がラインに流れてくるのとほぼ「同期して」(数分前に)その車に取り付けられるはずのドアが運ばれてきます。まさに、Just-In-Time Flow です。

  • ツアー中は、英語の解説をしていただきました。中で、現場で作業されている方を workers でなく、employees でもなく、members という言葉で呼ばれていました。これは、慎重に選ばれた単語じゃないか、と思いました。

そして、何よりバスツアーを案内、ガイド、解説していただいた、渡邊さんがすばらしかったです。英語ツアーで、他のグループも同行したのですが、バスを降りるとき最後に、参加されたグループ1つ1つの各国語で(ネパール語を含む!)、「ありがとうございました」を言われていました。さらに、これは後から気づいたのですが、

ツアーの3日前に、リマインダーメールがぼくらのグループの幹事であるぼく宛に送られてきたのですが、そのメールを送られていたのも、当日ガイドをされた渡邊さん自身だったこと。エンド・トゥ・エンドのサービスでした。さすが!

その後、名古屋大学の黒岩先生が主宰する「TPSをソフトウェアに適応する研究会」にて、Mary とぼくがお話をさせて頂き、ディスカッションを行いました。懇親会も含めて、活発な議論ができました。

日米のトップの研究・実践者が集まる、とても有意義な時間でした。

Comment(4)

コメント

wada

幹事ごくろうさまでした。Just-In-Time-Flowに感動しました。工場全体がひとつの生き物のようでした。そして、素人には完璧にみえるこの工場で「日々改善」を実践する勇気について考えると背筋がゾーっと冷たくなりました。

yhojo

幹事ご苦労様でした。
人がいる工程の枯山水を思わせる独特な静けさと、ロボットがいる工程の野生を感じさせる躍動感が対照的で印象に残りました。
また、何かの際に是非お声かけ下さい。

初めまして、良寛和尚と申します。

私はJudeユーザーである関係でたまたまこのブログを発見し、
記事を読ませていただきました。その中で引っかかる内容がありましたので
追加説明いたします。

>8種のモデルを混合して同じラインに流しています。なので、流れてくる車種はばらばら。多品種少量生産です。
正確に言えば「混合ライン生産方式」です。多品種少量生産とは主に中小製造業が行っている生産方式です。

ではまた...

平鍋

良寛和尚 さん、
おお、その通りです。英語で mixed production と言っていました。私の記述は間違いです。

ありがとうございました!

コメントを投稿する