アジャイルに行こう!

今年の一言

»

Photo_197 今年の一言を書いてみた。今年は1/2に、ちゃんと弘法大師の掛け軸の前で書初めをした。「初心」である。しかし、書いていたら漢字が崩壊して分からなくなってしまい、「力」が「刀」を突き抜けてしまった。(これ、まじボケなんです ;_;)

だんだん歳をとるにつれて、変化したり新しいことをトライしたりする「勇気」みたいなものが減ってきたように感じる。もともとやりたいことは、ソフトウェア開発にブレークスルーを起こすこと。このブレークスルーというやつは、一見勘違いか?、というあたりに潜んでいることが多く、たいがいは狙うと失敗する。セレンティピティに近く、たまたま、思っていたことと別の形で花開いたりする。

別の言い方をすると、「成功ポテンシャル」を空間上にプロットすると、現在の自分の位置というのは「小高い丘」になっており、少し進むと下に下降している。しかし、ブレークスルーは、「別のより高い丘」にあり、その下降の終わる辺りで別の丘が見当たる。最初は、その丘は見えないのだ。つまり、勘違いと行動、が伴ってブレークスルーが起きる。ただし、起きる保証がない。でも、動かないと分からないのだ。

勘違い力=思ったことを勘違いを恐れず、トライしてみて進んでいく力。

ちょっとでも動くと新しいものが見える。ここで重要なのが「思い」である。思いを持っていることがなければ、セレンディピティは働かない。

そういう意味で、今年の一言は、「初心」に決定したのである(後付です)。

Comment(3)

コメント

うしお

ブレークスルーと勘違い力!

感銘を受けました!

平鍋さんの行動力と粘り強さと頭の切れがあればブレークスルーを何回も起こせそうです!

おお、勘違い力万歳!!
私は"手段命"ですが、この勘違い具合でも突き抜ければブレークスルーできるでしょうか?(笑。

くっしー

「弘法も筆の誤り」をwikipediaで「空海」で調べてみました。
この諺の「本来の意味」を知り、この誤字が大師様のお導きのように感じました。

コメントを投稿する