アジャイルに行こう!

福井県大野市、遠方より朋。

»

ぼくのホームタウン(生まれた場所であり、今の家がある場所)は、福井県大野市である。

永和システムマネジメント本社のある福井市から、車で1時間、158号線を岐阜の方に入った盆地。 亀山という小高い山の上に大野城があり、城下町として碁盤の目になった町並みから「小京都」とも言われる。ぼくは、週末を大野で、平日を東京ですごすというサイクルをここ一年くらい送っている。地元が好きなわけは、そこに家を建てたということもあるが、夏は川で泳げるし、かぶとむしを採れる。東京から引っ越して転職したのは、30歳。子供が出来、東京(自分が楽しむのに適)と田舎(子供を育てるのに適)の価値が逆転したこと、が大きい。

さて、ずいぶん昔から仲良くさせて頂いている犬尾さんが、この連休に大野を訪れてくれた。なんと、大野は3回目である。こんな田舎に観光名所など、たくさんあるはずもなく、ぼくの気に入っている場所を、子供と一緒にご案内した。ぼくと犬尾さんとは(インターネットではなく)パソコン通信、の時代にニフティーサーブのFMOVIEというフォーラムで映画を通じて知り合った仲である(たしか、タルコフスキー特集か、『ミツバチのささやき』、『コウノトリ立ちずさんで』、を一緒に見た気がする)。

犬尾さんのブログには、大野市の美しい写真と、外部から訪れた人ならではの感想が書かれている。

http://chisato.cocolog-nifty.com/ci/cat248239/index.html

この週末は、犬尾さんのおかげで、平鍋家の家族はおおはしゃぎ。子供たちともども、いつもではありえないテンションの高さだった。 以下の写真は、一緒に行った亀山(大野城のある山)の写真。偶然虹が出たり、キツネの嫁入り(晴れなのに雨が降る)で、野山の風景がとてもきれいだった。

  • すすきは、逆光ぎみがキラキラきれい。
  • 大野城から偶然虹が見えた。
  • たんぽぽがねこじゃらしにまじってひとつ。

1_8 2_5 3_2

ときどき、友達が家を訪ねてくると、家族の結束が高まるような気がする。子供たちはとても人懐こく、うるさいくらいにまとわり付く。ぼくにとっても、家族の意味を感じる、いい瞬間だと思う。

訪れた人たちと、ひとしきりはしゃいだら、その後、さびしさ残る。 家族みんなで、楽しかった話をし、また彼らが訪れる日のことを話したりする。またこないかな、今度はいつかな、なんて会話を夕食にする。今度来たときは、きっと、恐竜博物館へ行こう、とか。

遠方より朋来たる、亦た楽しからずや。

Comment(4)

コメント

ジョバ

ご友人が家を訪れる時に”家族の結束が高まる””家族の意味を感じる”って素敵ですね。素敵家族賞受賞!(> <)
それと、虹が大きく空にかかった写真、とてもキレイですね!拡大せずに見ると、ちょっとしたヨーロッパの田舎町のように見えます。

いろいろとお世話になりました。
街中を歩くと、すごくすごく好きになるのんびりした空気を味わうことができました。

平鍋家も楽しい時間を過ごしました。
家のコンセプトがすごく魅力的であり、鍋さんとの話によって、本来は個人プレーヤーである私がチームプレーに気持ちがますますシフトしていくのを感じます。

また、豚のしっぽをやりたいですねー。

デビ

素敵なお付き合いですね
これからもずーっと続きますように そして大野からの発信全国に御紹介ください。
福井市に住んでいますが 大阪の友を誘い刈込池近辺の紅葉を見に行きます

Scavenger

大野市の写真、綺麗ですね。行ったことはないですが、とても素敵な場所だと思います。また、地元への貢献もなさっているようですごいと思います。
東京と行ったり来たりしていることで、より郷里のよさを実感できるのでしょうね。だいぶ前、平鍋さんから生わさびを送っていただいたことがありますが、あれも大野市周辺で獲れたものなのだろうかと懐かしく思いました。

コメントを投稿する