アジャイルに行こう!

Agile と Ruby の関係(^_^)

»

先日のXP祭り関西で、Rubyの設計者であるまつもとさんとお会いして、しばらく話す機会があった。その時に、LL(Lightweight Language)をAgile Languageと呼びかえる、というアイディアについて、少し話すことができた。実は、

Agileと呼ばれるXPを含む一群のソフトウェア開発方法論も、以前はLigth Weight Methodology と呼ばれていたのだ。Ruby を Agile Language と呼んではどうだろう。

この件に関して、英語でブログにしてみた。
http://jude-users.com/en/modules/weblog/index.php?user_id=5

元ネタは、機械猫さんのエントリ。
「4つの価値」を、プログラミング言語の視点から再構成している。
http://d.hatena.ne.jp/kikaineko/20060903

僕自身は、

プログラミング、も、ソフトウェアプロジェクト、も人間の活動だ。Agile と Ruby がともに、その活動を「楽しく」やろうとすることによって、あるいは、人間らしくやろうとすることによって、モチベーションや生産性を引き出そうとしていること

に、大きな共通点を見出している。

Comment(2)

コメント

機械猫です。
うわーー、あわわ、あんななにげなく書いたエントリーがを、平鍋さんのサイトにとりあげてもらって、しかも英語にまで・・・ありがとうございます。感涙

平鍋

こちらこそ、いい視点をありがとうです。

コメントを投稿する