アジャイルに行こう!

U言語 - UML をアスキーで(^_^)

»

昔、こんなアイディアを出してみた。
http://www.objectclub.jp/technicaldoc/uml/u_lang

「U言語」 UML(Unified Modeling Language)をテキストで記述するフォーマットです.アスキーアートのように,罫線や文字を使ってグラフィカルにUMLの図を表記します.

このフォーマットの特徴は,「人間とプログラムの両方が理解できるテキスト形式」ということです.生の U言語でも,ある程度 UML のビジュアルな認識が出来ます.また,厳密にシンタクスが規定されているので,U言語のパーシングプログラムを容易に作成できます.

U言語のソースコード例
// クラス定義(Point). この行はコメントです.
=============
   Point
-------------
- x: double
- y: double
-------------
+ move(dx: double, dy: double): void
=============

// という風に,クラスを定義します.ビジュアルに UML っぽく見え
// るが,コンパイル可能なソースコードであるところが特徴.

// 継承
Shape <|--- Point <|--- Center

// <|--- で 継承を示します.

// 保有
Rectangle <>---(4) Point

// <>--- で保有を示します.(4) は多重度です.

先日、藤谷さんからメールを頂いて、この言語のパーサーを作ってくれたことを知らせてくれました。

http://sourceforge.jp/projects/ulparser/

すごい。

Comment(4)

コメント

藤谷

うわぁ!
紹介ありがとうございます
洗練されたものになるようがんばりたいと思います

kuboaki

JavaCCっすね。
藤谷さん、自分もこういう仕組みつくるの
きらいじゃないっす。
成長に期待。

萩本

これ、智恵の和というコミュニティで紹介されています。私も目に障害がある方からUMLが使えるようになるにはという宿題を出されていたのでした。
これだと、確かにスクリーンリーダーで読み上げて、UMLを聞くことができるのですね。感激!

平鍋

へえ!スクリーンリーダーで読むことができるんだ!
そうか、マシンリーダブルかつ、ヒューマンリーダブル、というのはこういう使い方があるのですね。

コメントを投稿する