アジャイルに行こう!

英語で学ぶトヨタ生産方式

»

英語で学ぶ、トヨタ生産方式を読んでいる。↓

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4327430560/xpjp-22/

例えば、自働化(にんべんのじどうか)は、Autonomation だ。

  • Autonomation is addion of an element of human intelligence to automated machinery.
  • Autonomation involves transferring human intelligence to automated equipment.

おお、いいぞいいいぞ。ツールは人間の知恵を移転してはじめて、よいツールになる!

Autonomationの英語には、Built-in-Quality という訳もある。これも、いい訳だなぁ。

TPS-English アジャイルはTPSに影響を受けているし、ぼくもちゃんと英語でTPSをしゃべれるようにしておいて、外人たち正しい言葉で伝えられるようにしよう。

2002年に、Kent BeckとAlistair Cockburn が来日した際、山田日登志さんの『現場のムダドリ事典』(http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4526025097/xpjp-22)を買って渡した(この本、写真とマンガが中心なので、外人でも読めちゃう)。アリスタは、エラーを後工程に伝えない、という考えが、自動織機までに遡れることに感激していた。

ケントは(これがきっかけではないと思うが)、XP2nd EditionにTPSの章を1つ割いた。彼らともう一度、TPSについて話に行こう!

Comment(5)

コメント

toshi

自分も英語とアジャイル勉強しようかな?
時間の使い方も少し勉強しよう!!

私も英語の勉強がてらに、この本を読んでいます!
これが読み終わったら、「IT屋のトヨタ生産方式」
で紹介して頂いた本を読んでみたいと思います!!

匿名希望

「外人」は差別用語です。正しくは「外国人」。気をつけてください。

東区の男

先日こちらの平鍋さんのブログに書かれた記事を、お世話になっているコンサルでお世話になっている著者の先生にお話ししましたら、「アジャイルってアジルのことかな」といわれていましたが、そうでしょうか?「アジルは勉強したことがある」とおっしゃっていました。ブログ宣伝してねといわれましたので、ここにお知らせさせていただきます。http://blog.goo.ne.jp/eigodetps_matsuzaki/
実は以前平鍋さんがコメントされていた方のブログにも紹介させていただきました。

コメントを投稿する