アジャイルに行こう!

議事録をマインドマップで

»

ひろえむさんのコメント
http://blogs.itmedia.co.jp/hiranabe/2005/07/uml_0aaa.html#comments

に触発されて、やってみる。

  • 毎日の議事録をすべて1つのJUDEファイル(プロジェクト)に入れる。
  • 月ごとに、パッケージ化
  • 議事録のテンプレートを作っておく。そのテンプレートを、右クリックで複製するところから、作成を始める。

agenda もしかして、すごい、いいかも。マインドマップの想起性が活かされる。

しかも、「検索」タブで全体を検索できる!

テンプレートは、枝ごとに色分けし、「枝の色を引き継ぐ」属性をオンにしておく。

議事録にかくべきことは、以下に準拠。

http://www.atmarkit.co.jp/farc/rensai/pl03/pl03.html

しばらく、これでやってみよう。

やっていると、宿題のところの枝は、「誰が」「いつまでに」というセットで書くように、自分流のシンタクスができてきた。

注意が1つ。マインドマップの議事録をそのままPDFや画像で、「その会議にいなかった人」に送ってはいけません。その場にいなかったひとに、このメモを読んで、というのは酷です。マインドマップは、色、空間配置、アイコンなどによって、その場面の空気(コンテクスト)をエンベッドすることができます。でも、その場にいなかった人には、それは伝わりません。

マインドマップをエクセルやワードにコピペして、ある程度見やすく文章をおぎなった方がいいでしょうね。

さっそく、ひろえむさんからトラックバックもらいました。ぼくもトラックバック返します。プロジェクトごとに1ファイル、というのそれはそれでいいかもしれません。Desktop Google のJUDEプラグインを作る、と言う手もあるな。。。

※注記を書いて思い出しましたが、議事録は、プロジェクタにJUDEの画面を移しながらリアルタイムで取っていくのが基本。全員で見えるように。こうすることで、会議のムードをマインドマップにエンベッドできます。こっそり取っておいて、後で全員に配ってもダメ。こっそり取ったものは、自分用に。人に配るのであれば、少なくとも最後に全員に見てもらう、など、「その場の共有」を。

Comment(7)

コメント

おぉ!なるほど。
JUDEには、ひとつのファイルに複数のマインドマップをまとめる機能があるからこういう使い方もあるのか。。

ちなみに、私はマインドマップでアジェンダを作成しておき、それをそのまま議事録にしてしまうことが多いです。

ひろえむ

#伊藤さん
肝心なUML作成がおざなりになっている状況が悲しいところなんですけどね(^^; とほほ。

オブジェクト指向開発の現場は私にとって、ムー大陸のような状態ですね(^^;;

おかじま

「議事録文章派」なのですが、このアイディアは確かに素晴らしい。アイディアとツールがうまくハマってますね。

セントラルイメージを選択してコピペでタブ区切りのアウトラインテキストが取得できますね。
あとはテキストでもワードでもエクセルでも貼り付ければよいですし。

ブレストじゃないならJUDE+MMが定型使えていいかもです。

#平鍋さん
ちなみにGoogleプラグインって簡単に作れるものなんですか!

・・・って簡単ではないですよね(^^;

平鍋

>ひろえむさん
やったことないので。。。不明です^^;

こんにちわ。私も会議の議事録(?)をマンドマップで書いたことがありますが、会議にいなかった人には意味不明ですね。「マインドマップの議事録を、その会議にいなかった人に送ってはいけません」と思います。
トラバ送信しました。

コメントを投稿する