デジタルコンテンツ流通の潮流を見据えて

電子書籍は出版社の味方・・・のはずが

»

Image

またグラフを見ていただきたい。出版は1996年に2.5兆円でピークを迎え、その後急激に売上は落ち続けている。つまり出版の売上が減少しているのに電子書籍はまったく関係していない。大きな影響を与えているのは携帯電話、インターネット、スマートフォーンというネットワーク機器とサービスだ。それまで情報を得る手段がテレビ、新聞、雑誌、書籍であったのが、これらのネットサービスの出現で大きく変わり、同時に出版は急激に落ち込みを始めた。アメリカでキンドルが発売されたのが2007年、日本では2012年である。電子書籍は出版の落ち込みとはまったく関係がない。

むしろ電子書籍は出版社にとってはWebに持っていかれがちの読者を引き止める手段だと考えた方が正しい。これまでの雑誌や書籍の形をそのまま継承して電子化できる手段として電子書籍や電子雑誌は分かりやすかった。新聞と電子新聞の関係も同じだ。電子書籍は既存の紙媒体の出版の変形でしかない。それにもかかわらず、出版社は電子書籍を紙媒体のビジネスを奪うものだとして、新刊を電子化しなかったり、電子版の価格を下げなかったり、疑心暗鬼の状態から出ることができない。実際に既存の出版のパイを奪っているのはもっと大きなインターネットという大きな社会変動である。電子書籍はどちらかと言えば出版社にとってその変動に向き合うための道具であるのに、その電子書籍を自らの既得権益を奪う敵であるようにみてしまっている。

Comment(5)

コメント

詠み人知らず

>電子版の価格を下げなかったり、

まず、これが間違いだと思いますよ。
文庫のような定型レイアウトに文章を流し込んでるだけのものでしたら、たしかに安くはなるでしょう。DTPのオペレーターでも対応できるでしょう。
しかし、日本の書籍はもっと複雑なレイアウトになってます。ましてや雑誌はもっと複雑で、毎号、さらに記事ごとにレイアウトが変わってます。こういうことを電子書籍でやろうとしたら、専用アプリを開発するしかないし、そうなるとコストは印刷物の比ではありません。ウエブ屋さんの料金はDTPなんて比べ物にならないくらい高額ですよ(それでも彼らは安くなったと嘆いてます)。
大変革というのは、現状の創意工夫を凝らしたデザインを捨て去って、e-Pubリーダーソフトに合わせたみすぼらしい物にしましょうということなのでしょうか?
ちなみに、音楽業界は低価格化に突き進んだ結果、宣伝販促費すら出せなくなって、ミュージシャンの露出はすっかりなくなり、そういうのが必要ないアイドルだらけになって半死状態ですよ。
また、新刊の電子化だって、印刷物の売上でコストを吸収できなければ現状は不可能でしょう。無理やりやろうとしたら、紙より高くなるんじゃないでしょうか?
そろそろ、電子化=安くなるという言い方は、少し控えるべきなんじゃないでしょうか?

gs@u

雑誌って現状ではスキャンしてPDF化したものでしょ。
安くしても全く問題ないと思いますよ。

わんたんは

今の電子書籍は特定の状況下で読む権利が手に入るだけですもの。
所有できるものと同じ対価を支払う気にはなれません。

TETSU

なんかイノベーションのジレンマを思い出したw
>電子書籍でやろうとしたら(中略)コストは印刷物の比ではありません。
破壊的なイノベーションが出た時によくある典型的な反応ですね。

電子書籍だからコストが余計にかかるのではなく、今のやり方だとかかっているということですね。
もし電子書籍を前提とした、制作方法のイノベーションを考えつけば、大きなチャンスがあると思います。
今は単に電子書籍を出しただけ(スキャンしただけとか)の状態だから、イノベーションのサイクルははじまったばかりです。今後に期待出来ますね。

手押し戦車

ほとんどの電子書籍は、リアルな本と違って転売が出来ないでしょ。その分安くないと、おかしいですよ。

出版社側から見れば、読み終えた本を新古書店に売ってしまいそうな客を、電子書籍に誘導出来れば、新古書市場からの防衛にもなると思うんですがね。

コメントを投稿する