Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

「初音ミク作家協会」が生まれるべきかも

»

 このブログが発端となってしまった「初音ミク、JASRACデビュー」事件が大きな転機を迎えようとしています。

 巨大な権利処理団体であるJASRACに初音ミク作品が登録され、「ああ、ついに井戸の外に出て行くのだね」とモー娘。卒業生を見送るような目で見守っていたのですが、「クリプトンは本件を聞いてない」「ドワンゴ・ミュージック謝罪」とめまぐるしい動きを見せています。

 そんな中、2ちゃんねるのとあるスレの中に、初音ミクのヒット作家たちが集結し、ほかのユーザーも含めた情報交換をしつつあります。

「みくみくにしてあげる」がJASRACに登録された件続き(覚え書きオブジイヤー)


 版権会社との交渉は作家が個々に行なっていたわけですが、プロの経験がなければ交渉事に慣れているはずもなく、意図したものとは違う方向へ進んでしまう場合もあります。ika_mo氏もそうだったのでしょう。

 交渉のときのガイドラインなどが形になれば、音楽出版会社とのやりとりで「あとで後悔」するようなこともなくなるかもしれません。

 二次創作された場合、ブログパーツになった場合、ポッドキャストの場合など、ニコニコ動画以外で利用されたときにどのような制限がかかるのか、制限がかかるようにあった場合にその告知はどうするのか、といった問題に作家個人個人が対処していくのはたいへんなことではないでしょうか。「JASRACに登録するとどうなるか」ということを細部にいたるまで把握している人はごく少数ではないかと思います。

 個人的には、「優れた作品に出会ったときに、その作家になにがしかの支払いをしたい」というときがあります。それが音楽作品であっても、3D、2Dのアニメーションであっても、科学的な実験であっても。そんなときに共通の支払い方法が持てるような、そんな仕組みができるといいなと思うのです。著作権使用料というスキームとは別個の。

 ユーザーのための団体としてMIAUが誕生したように、初音ミク(もしくはボーカロイド)作家協会が生まれるべき時が来ているのかもしれませんね。

 これについては、クリプトンの伊藤社長が「初音ミク、JASRAC登録」に対する公式見解の中で「出口」と表現したところに期待しています。

P.S. ドワンゴからの謝罪文でひとつ学んだこと。アーティスト名は「作家名+featuring初音ミク」にする。これがクリプトン側で要請したことらしい。でも、これだとプレイリストがバラけてしまうので、iTunesのスマートプレイリストで、アーティスト名に「初音ミク」を含む、と設定するといいでしょう。あ、自分の作品をピアプロにアップするとき、アーティスト名のところを「初音ミク」にしたままだったような気がするなあ。次回から気をつけることにしよう。と、無理矢理従来のCloseBoxっぽくiTunesティップスでまとめてみました。


追記:栗原さんによる「みくみく×JASRAC×ドワンゴ」問題に関する解説が登場しています。ぜひお読みください。
JASRACと信託契約を結ぶ場合の課題について

Comment(6)

コメント

wms

今後UCGが商業的ポテンシャルを発揮すればするほど、こういった事件が起きる可能性があると思います。

とりあえず、商業流通の話が来た場合には、必ず契約書の内容を確認するのが大切で、また、契約書などが提示されないうちにマスターを先方に渡すことは絶対に避けるべきです。

しかし、なんだか一気に世知辛い状況に突入しましたねぇ…。

ななし

こういう流れではJASRACの知識以前のような。
--
曲を着うた化したいとドワンゴからメール

とりあえず話を聞きたい

「プロジェクトを一緒に進めているクリプトンかフロンティアワークスいずれかとの契約後、配信の流れになる」とのこと
上記ニ社にメールアドレス教えてもいいか聞かれる

とりあえずOKする(契約内容が分からないのでまだ配信については決めてない)

しばらく音沙汰なし

ドワンゴから配信の準備のために先にwavだけ下さいという旨のメール

マスターのwav送る

しばらく音沙汰なし

あれ?いつの間にか配信\(^o^)/ハジマッテル(その間、どこからも一切アクションなし)

その後も連絡なし

唐突にドワンゴからJASRACへの登録手配についてのメールが来る ←いまここ
なおこの段階までJASRACという言葉は一切出てこなかった

これって「許諾権を放棄して報酬請求権を獲得」したわけで(権利者も JASRAC のルールに反した許諾はできない)、一部の人には歓迎されそうな気がするんですが、あまりそういう声が聞こえてこないのはなぜでしょうね:-p
http://blogs.itmedia.co.jp/mohno/2007/11/jasrac_31e4.html

hiro4

>mohno
>「許諾権を放棄して報酬請求権を獲得」
これを歓迎する人もいると思いますが、今回の作者ika氏はそれを望んでいませんでした。
今回の騒動の原因はドワンゴのika氏へのJASRAC信託の説明不足が原因です。
貴兄のリンク先の記事の提案のとおり「アーティストが、どんなルールを選択するかという判断は、アーティストに任せるべき」が出来なかった例なのです。

mohno

hiro4 さん、
私も、このブログやまとめサイトを見ている程度なので、真相を的確に把握しているかどうか自信はないのですが、JASRAC 登録による影響もわからず、話が進んでしまった(かつ非難まで受けたらしい)作者には同情を禁じえません。ご指摘の通り、私自身は「アーティストが、どんなルールを選択するかという判断は、アーティストに任せるべき」と考えていますし、どういうルールを選択するかは、(もちろん影響を理解した上で)作者が判断を下すべきだと思います。
ただし、「許諾権を放棄して報酬請求権を獲得」という主張する人の中には、「“作者の意思に関係なく”許諾権を放棄させて報酬請求権に転換すべき」という方もいらっしゃるので、今回のケースはまさにそれに該当しますよね、という「皮肉」です(最後に :-p を付けたとおり)。

コメントを投稿する