知財、ユビキタス、企業コンピューティング関連ニュースに言いたい放題

JASRACと信託契約を結ぶ場合の課題について

»

改めて言うまでもないですが「みっくみく(略)」のJASRAC登録がいろいろなところで話題になってます。ちなみに、私は音楽著作物の利用者としてJASRACと契約しているわけですが、「みっくみっく」の場合は、作者さんが(ドワンゴを介して)自分の著作物をJASRACに信託する契約をむすんでいるので話は全然別です。

このように、アマチュア・ミュージシャンの曲がメジャーになったので、大手事務所と契約して楽曲もJASRAC管理になるというのは今までもよくあった話なので、初音ミクだから特にどうのというわけではありません。また、「みっくみく」は掲示板などの場で共同で作り上げた作品ではなく、少なくともオリジナルの楽曲は作者さんが個人で作り上げたものですから、「のまネコ」の場合のように著作権者が不明確ということもありませんので、この点も問題はありません。

では、まず最初にJASRACに楽曲を信託するとはどういうことなのかについて考えてみましょう。「信託」とは、ある人が信頼できる人に自分の財産を譲渡して、その財産を運用・管理することで得られる利益をもらえるように取り決めることです(Wikipediaより要約)。投資信託を考えるとわかりやすいですね。自分のお金を投信会社に預けて運用してもらって、手数料を差し引いた運用益を得るための仕組みです。もちろん、自分で自分のお金を運用してもよいのですが、プロが集中管理することでより効率的・低リスク・手間いらずの運用ができるわけです。ここでのポイントは、1)運用会社は財産から得られる利益を最大化する忠実義務を負う、2)お金を預けた人は運用には口を出せない(俺が出した金はこの会社に投資しろと言っても通りません)ということです。

JASRACに著作権を信託する場合も同じで、JASRACは著作者に代わって著作権という財産から得られる利益を最大化し(しっかり利用料金を徴収し、侵害行為があれば法的手段に訴えたりする)、著作者に還元します。また、原則的に、著作者は、個別の許諾に口を出すことはできません(したがって、川内康範先生が森進一に「おふくろさん」(オリジナル・バージョン)を歌わせないよう要求したのは法的には根拠がありません)。

この著作権信託によるスキームは著作者だけではなく、利用者にとってもメリットがあります。規定の料金さえ払えば、著作権者にいちいち許諾を得ることなく、楽曲を利用できるからです。放送やコンサートのたびごとにいちいち著作権者(と契約した音楽出版社)に許諾をもらう手続きをしていたのでは、金の問題以前に事務手続きの煩雑さで死んでしまいます。JASRACは何にでも金を取るという批判がありますが、裏を返せば、金さえ払えば世界中の膨大な楽曲を個別の手続きなしに好きに使えるというメリットがあるわけです。

著作権というのは実際には複数の権利(上演権、複製権、公衆送信権等々)の束です。そして、JASRACへの信託も細かい権利ごとに行うことができます。たとえば、CD化の権利はJASRACに任せるが、ネット配信の権利は他の著作権管理団体に任せる、あるいは、自分で管理するということもできます。

自分で著作権を管理する場合には、パブリックドメインにすることもできますし、CC的に非営利なら自由に使えるというようにすることもできます(法的にはやや不明確な点がありますが、実務上は今のところ問題なさそうです)。もちろん、使いたければ常に俺の許諾をもらえという形にすることもできますが、そんなことをすれば誰もその作品を使うことはなくなるでしょう(あるいは、勝手に使う人が増えるだけでしょう)。

さて、前置きが長くなりましたが、おそらく、現状のスキームにおいて最もまずいのは、通信カラオケや着うたなどの営利事業の収益の一部はもらいたい、しかし、非営利の利用は自由にやってOK」というライセンス形態をサポートするうまい方法がないということではないでしょうか?仮に、作者さんが「『みっくみっくはネット上での非営利目的だったら自由に利用していいよ」と言っても、JASRACにインタラクティブ配信の権利を信託してしまった以上、それはかないません。

CGM系の作家さんであれば、営利事業から多少の金銭を得つつ、ネットでの非営利な利用(特に派生著作物の創作)は自由にやってもらいたいという希望を持つ人は多いと思います。私も初音ミクのオリジナル曲を作って万が一ヒットした場合には(可能性は低いですがゼロではないですぞ)、そのようなライセンス形態を望むでしょう。

利用者にしても「みっくみく」のカラオケだけは無料にしろという人はいないでしょうし、作者さんになにがしかの見返りがあることを歓迎する人は多いでしょう。しかし、同時に、非営利でブログパーツで曲をプレイするのにいちいちJASRACの許諾が必要なのは勘弁してくれいう人がほとんどでしょう。

ネット配信限定でよいので、こういうCCで言えば表示・非営利・継承のようなライセンス形態をうまくサポートできる著作権管理団体が出てきてくれるとよいのですが。

追加(重要): ちょっと事実誤認がありましたので直しました。現状のJASRACの制度では、インタラクティブ配信と通信カラオケは、個別に信託できるのでした。したがって、作者さんが通信カラオケで(JASRAC経由で)収益を得つつ、ネットでの自由な利用を許すことは可能です。ただし、着うたはインタラクティブ配信の一種なので、着うたで収益を得つつ、ネットでの自由な利用を許すということはできません。おそらくは、原作者さんにこの辺をちゃんと説明しないで、ほぼすべての権利をJASRACに信託してしまったドワンゴ側にも問題ありと思われます。

追加の追加(重要):勘違いだと思っていたのが勘違いで、dracoさんのコメントによれば、「放送・配信・カラオケの区分は演奏・録音も信託しないといけないため、どれが一つだけでも信託すると自動的にネットでの二次利用はできなくなりますよ。」とのことです。したがって一番最初の書き方で間違っていなかったのでした。どうもすみません。

追加の追加の追加(重要): たびたびすみません。いろいろ調べるとやはり通信カラオケとネット配信(インタラクティブ配信)は別に信託できるようです(JASRACでもイーライセンスでも)ということで、やはり追加(重要)で訂正線で消した部分が正しかったということになります。とは言え、今回のお話しは着うた(インタラクティブ配信の一種)の権利を信託してしまったということなので、本文の太字部分(「作者さんが非営利のネットでの利用は自由にやってOKだよと言っても通らない」)には、いずれにせよ変わりはありません。また、CCの非営利・継承の世界と従来型著作権管理を両立できる良いスキームがないのが問題という点についても同様です。※あと、はてブで「みっくみっく」ではなく「みっくみく」だという指摘が合ったのでついでに直しました。

Comment(27)

コメント

SST

栗原氏のコラムが来るのを待ってました。
現状スキームの問題点のまとめ、凄く納得です
今のネット文化にまったく適応できていない。。
今回の騒動が何か新しい仕組みづくりの
きっかけになればいいですね。。

オリジナル曲がんばってくださいw

draco

放送・配信・カラオケの区分は演奏・録音も信託しないといけないため、どれが一つだけでも信託すると自動的にネットでの二次利用はできなくなりますよ。

ぬこにゃんさん

大変分かりやすかったです。参考にさせて頂きました。

JASRACは確かに権利関係をまとめて管理してくれるという所ではありがたいのですが、
いかんせん管理する著作権物がどこでどれだけ使われたのかをどうやって調べるのか、
著作権使用料の配分が不透明なのが問題ですね。
もっと透明度の高い新たな団体の設立を切に願っている今日です。

(・ω・)

内容の追記に右往左往しておりますが(笑)
jasracに関する部分は非常にわかりやすかったです
ありがとうございます

(ドワンゴの契約をしないまま配信や
 クリプトン社に許可とらなっかた、
 未成年に対する契約などはまた別の話ですし)

ウグルク

初音ミクの名前を前面に押出しての商業利用はクリプトン社が認めていませんが、
楽曲の信託とは話しが別と言う事でしょうか?

それにドワンゴは商標利用についてもク社に許諾を得てい無いようですが、
それも話しが別ですか?

にこざる

お初にコメントさせていただきます。
信託関係の細かい説明ありがとうございます。

しかし…作詞作曲者である方へ、この事は説明が無かったのでしょう?
現在web上で騒がれているのは、

製作者サイドへの連絡が全く無いまま信託された。

と言う話だと思うのです。

ぜひ記事中の
>原作者さんにこの辺をちゃんと説明しないで、ほぼすべての権利をJASRACに信託してしまったドワンゴ側にも問題ありと思われます。

この最後の文章を「思われます。」等と曖昧な表現ではなく、ドワンゴ側が悪い。と言い切って欲しいですね。少なくとも今回の件、第三者から見れば、そうとしか見えないです。


JASRAC側の方へ聞く事ではないかもしれませんが、少し意見させて頂きました。

aaa

http://blogs.itmedia.co.jp/closebox/2007/12/jasrac_3adb.html

正題:みくみくにしてあげる♪【してやんよ】
副題:してやんよ
アーティスト名:初音ミク
作品コード:146-2107-0

作詞:IKA_MO(信託状況:無信託)
作曲:IKA_MO(信託状況:無信託)
出版者:ドワンゴ・ミュージックパブリッシング

となっているようですが
JASRACには無信託ということなのでしょうか?
その場合は どうなりますか?

栗原潔

>ウグルクさん、にこざるさんクリプトン社による「初音ミク」のキャラクターとしての商業利用の件は楽曲の信託とは別の話です。
ドワンゴとクリプトン社の関係、ドワンゴと「みっくみっく」作者さんとの関係については、別途エントリーを立てて書きます。
それから、*断じて*私はJASRAC側の人ではないですよ(私の過去のエントリーを読んでいただければわかる話です)。
>aaaさん
作家さんがJASRACと契約するためにはそれなりの実績がないとダメみたいです。ゆえに、このケースではドワンゴ・ミュージックという音楽出版社がエージェントとして契約しているのです。こういうケースは他にもいっぱいあります。

弁理士試験受験生

このところ一日数回はチェックさせていただいております。
やはりジャスラックに代わるネット時代の団体が出てこないとあまりに不便なのですね。

本題と全く関係無いのですが、気になったことが一つ。おふくろさん騒動は、森氏が余分な前節をくっつけたのが問題になったので、著作権ではなく、著作者人格権中の同一性保持権違反ではないでしょうか。これは移転不可能な権利ですので、法的根拠はあるのではないかと思います。

音楽配信情報サイト「icaster」(アイキャスター)の北山と申します。
私どもでは、サイトの規約+独自のライセンス条件やCCライセンスを
組みあわせることで、誰でもブログパーツやポッドキャストで楽曲が
使える仕組みを提案しています。

http://icaster.jp/

インディーズ楽曲が対象であり、まだ規模も小さく、著作権管理団体に
管理委託している楽曲は登録できないという制約をつけていますが、
よろしければご覧いただけたら幸いです。

私どもが提案している独自ライセンス「Podcast & BLOG Music」は、
商用・非商用を問わず権利者があらかじめ指定する期限内は、
クレジット表記のみで誰でも楽曲を自由に使用できるものとしています。

http://icaster.jp/listener/index.php?OP=EachLicense

クリエイティブ・コモンズがライセンスに期限をつけられず、
アーティストが将来メジャーになった際に、その曲をJASRAC信託
できなくなるという点を解決することも意図しています。

icasterは、TVCMやドラマ、ラジオなどのタイアップのチャンスがなく、
プロモーションの場が欲しいと考えるアーティストに、
新しいプロモーションの場を提供することを目指しています。

ネット(特にCGM)でヘビーローテーションされることで火がついて、
ヒット曲が生まれたら、いまより自由で楽しい音楽をめぐる環境が
生まれるのではないか、という発想です。

まだまだ小さな試みですが、icaster登録楽曲を貼り付けられる
ブログパーツ「BlogJocekyプレーヤー」は、ブログパーツの人気
ランキングでも、現在3位と検討しています。

http://www.blog-parts.com/ranking.html

今後もアーティストもリスナーも、著作権管理団体も、みんなが
ハッピーになれる仕組みを目指してまいります。

宣伝ばかりで申し訳ありませんが、今回の論点のひとつに
まじめに取り組んでいる活動として、ご記憶いただけましたら幸いです。

栗原潔

>弁理士試験受験生さん
本文の書き方がちょっとはしょっててすみませんが、「森進一に「おふくろさん」(オリジナル・バージョン)を歌わせないよう要求した」と書いてある通り、川内先生は改変版のみならず、たとえ元の通りに歌ったとしてもおふくろさんは森進一に絶対歌わせんぞと言っていたので、それは法的根拠がないと書いたのです。
>北山様
興味深い取り組みの紹介をありがとうございます。チェックしておきます。

ウグルク

なるほど、商標とは別の次元で取り扱えるんですね。
そうすると、例えば私が「萌えよ!ガンダム」というオリジナルの曲を作っても、楽曲の信託自体には全く問題無いがと言う事ですね。
しかし、これがOKだと知財の保護ってなんなんでしょう。。

にこざる

>栗原氏

JASRAC側との表現、誠に失礼しました。私の読解力不足のようです。謹んで謝罪申し上げます。

更に思っている事を少し…
今回、某所で人気のあった「初音ミク」が中心の出来事で、論点がずれる方が多いと思うのです。
今回焦点にすべきは、無断で信託を行った事、それについて自称謝罪コメントはあったものの(私には謝罪の言葉は見つけられませんでしたが)その間違い・手違いを訂正しようとする姿勢が見られない事、ではないでしょうかね…。
これは「初音ミク」だから、では無く、全ての事において係ってくる事ではないでしょうか。

素人集団(言葉悪いかもしれませんが)が、web上とはいえ、皆で盛り上げて行っている中での騒動。
これからまだまだ色々な発展が…と期待し楽しみにしていた一人として、新しい芽を潰す事になるんじゃないかと心配です。

(・ω・)

http://www.elicense.co.jp/rh/01.html
カラオケは独立なんでしょうか…?
ますますわからなくなりました
お時間のあるときにゆっくりでもいいですので…orz

東工大第1類生

著作者に対する配分が不透明である現状、"投資信託"で例えるのはおかしいです。
「1万円くれたら倍にして返すよ」というような胡散臭い話に
渋々載せられているのが、著作者側から見た今の著作権管理の実態でしょう。
いやあ、「音楽ヤクザ」とは2chの方々もうまいことを言うものですよね


ところで栗原さん、みっくみくの件は
> 作者さんが(ドワンゴを介して)自分の著作物をJASRACに信託する契約を
> むすんでいるので話は全然別です
とありますが、この件についてはドワンゴ社がきちんと説明責任を果たして
いないので、そもそもの話の前提が違うのですよ。


事前調査もなしに公に対して口を開いていると、そのうち貴方の
社会的信用は著しく低下し、地に落ちてしまうかもしれません

通りすがりの法律修行中

お初にコメントさせていただきます。
自身も、初音ミクを通じて生まれていく楽曲の一愛好家として、この問題には大変興味をもっています。
まず、
>>東工大第1類生さん
栗原さんを非難されている点について誤解があると考えますので、お節介ですが説明をしたいと思います。
第1に、栗原さんが投資信託の例を用いて説明されているのは、法的にいう「信託」が如何なるものであるか(信託法が規律しています。)なのですから、信託財産の管理・処分により生じた利益を受託者が委託者に配分する仕組み及びその透明性に差異があるからといって、投資信託が法的にいう「信託」の例として失当ということはないとおもいます。
私も、JASRACの不透明な運営実態について疑問を持つ者ですから、アレを擁護するつもりは毛頭ありませんが、アレが法的に「信託」である点は間違いありません。
第2に、本件記事の冒頭で栗原さんがおっしゃっていることは、栗原さんとJASRAC間の契約は利用許諾(著63条に規定があります。)であり、ika_moさんとJASRAC間の契約は信託契約(信託法が規律する分野です。)であって、契約関係として両者は全然違う分野の話ですよ、ということがおっしゃりたかったのだと思います。
そして、JASRACと著作権者との契約が通例では信託契約によるものであるとすれば、本件でもかかる契約があったことは間違いないのであり、これが法的に有効であるか無効であるか、取消事由(瑕疵といいます)があるか、といった点は、本件記事の文脈では無関係です。
したがって、あなたの非難が話の前提を欠いていると言わざるをえません。

さて、
本件はおおまかにいって、①著作権上の問題(JASRACと「みっくみく」ユーザー)、②商標権侵害やミクの利用規約違反の問題(ド社とクリプトン社)、③「着うた配信」や「JASRAC登録という信託契約の代理」についての契約上もしくは契約締結上の問題(ド社と作者さん達)、といった風に、それぞれ異なる法分野において異なる当事者間に種々の問題があり、問題解決だけでも相当大変な事案だと思います。
ネットでは、これら問題点がぐちゃぐちゃとなり、単なる悪者探しや、残念ながら的がはずれてしまっている議論も多々見受けられるところです。
このようななか、専門的見地から栗原さんのような明晰な解説がなされることは、ネットユーザーにとって極めて有意義なものであると考えます。
これからもご活躍をお願いします。
また、これを機会に、ド社は改めて謝罪・説明を行うとともに、法務上の意識改革やシステム不備の是正がなされることを祈ります。
そして、栗原さんが提案されている、または北山さんが実践されているような取り組みが、法制定の段階まで議論として上がってくることを期待したいと考えています。
そしてなにより、JASRACの変革を強く望みたいと思います。
長文失礼しました。

大森優一

金さえ払えば、という点ですが
実はJASRACは、ネットなどで公開する動画と音楽の同時公開について、使用料支払い方法を提示していないために、どんなに金を払っても一般人は楽曲を利用した動画を作成することができないようです。
現在のネットでの利用のほとんどがこの動画+音楽としての表現だと思われますので、特に対ネット界隈について言うと「金さえ払えば世界中の膨大な楽曲を個別の手続きなしに好きに使える」というのは語弊のある表現ではないかと思います。

通りすがり

こういうときはちゃんと1次情報があったほうがいいですね。

区分的には、放送・ネット配信・カラオケは別です。ただし、

JASRAC はこれらについて単体での信託はうけてません。
演奏権または録音権がセットで要求されます
http://www.jasrac.or.jp/contract/trust/explan2.html

e-license は個別で対応してますが、カラオケは対応してません
http://www.elicense.co.jp/rh/01.html

JRC はカラオケは対応してませんし、そもそも法人しかうけつけません
http://www.japanrights.com/faq.html#license02

ネット配信関係については、e-license を選んでおくと
自由度は維持できそうですが、カラオケについては
あきらめるしかなさそうです。

名無しさん

そもそも、CDまたは音楽配信で得られる利益以外にまでがめつく権利を主張する必要あるんですかね。
音楽以外でここまで金に汚い商売ってちょっと考え付かない。

通りがかり

e-license は2007年4月より、通信カラオケの委託管理を開始したようです。

また“使用料の上限設定”による、個別対応の可能性も考慮されている
ようですので、インタラクティブ配信での自由度や選択肢の多さは
JASRACに勝るように思います。

着メロ・着うた・通信カラオケで小額の対価を得つつ、
ネット配信で新曲ダイジェストを公開して批評してもらう、
それ自体は(ようやく、ほんとうにようやく、ですが)実現しつつあります。

kuubo

通りがかりさんの内容と被りましたが,e-Licenseの「管理委託契約約款」を読むと,カラオケに関する著作権管理も行っているように思えます。
http://www.elicense.co.jp/doc/01_new.html

例えば,第2条第7項で「インタラクティブ配信」からわざわざカラオケを除いた後,同12項で改めてカラオケについて規定してあります。
第3条も併せて考えると,e-Licenseにカラオケのみの著作権管理を委託することは可能ではないのでしょうか。

sidewind

この手のまとめが、色んなサイトに掲載されてますが、ika氏には2次創作・演奏権を制限するつもりは無かったようです(そも演奏権がどんなものであるか?も理解してなかった様子)。例えば、JASRAC申請は10月ですが、11月なかばに2次創作のweb公開を許可しています。
本人も理解不足・認識不足、と自虐的に言っています。

ika氏の自己責任、と言われてしまえばそれまでですが・・・。

今回、問題の本質ではない所や間違い
・アーティスト名が初音ミク →単なる手違い
・カラオケ配信にJASRAC登録が必要 →信託までは必要ない(恋するVOC@LOIDは信託してない

問題の本質
・ika氏はCGMを阻害するつもりは無かった
・ika氏の了承を得ている →D社は説明不足で契約
・初音ミクの2次創作者の意欲激減
・ika氏の今後が心配

HNつけてコメ訂正しました、お手数かけますが上のコメ削除お願いしますm(_ _)m

栗鼠

JASRACの著作権信託契約約款を読んでみます。
第4条に「委託者は、別表に掲げる支分権又は利用形態の区分に従い、一部の著作権を管理委託の範囲から除外することができる。この場合、除外された区分にかかる著作権は、前条第1項の規定にかかわらず、受託者に移転しないものとする。」、とあります。
そして、別表第2項に「支配権の区分」として、
「(1) 演奏権、上演権、上映権、公衆送信権、伝達権及び口述権(ただし、(9)から(11)までに規定する利用形態に係る権利を除く。)
(2) 録音権、頒布権及び録音物に係る譲渡権(ただし、(9)から(11)までに規定する利用形態に係る権利を除く。)」、と明記されています。
この(9)から(11)までというのは、放送・有線放送、インタラクティブ配信、業務用通信カラオケのことです。

さて、別表第3項には「(1)および(2)の区分の支配権をいずれも委託範囲から除外したときは、(9)から(11)までの利用形態の区分は当然に委託範囲から除外される。 」とありますので、これらを信託する場合は、演奏・録音も信託しなければならない、というのは間違っていません。正確に言えば、どちらかは信託しなければならない、ですが。
しかし、演奏権、録音権など4つの支分権にはそれぞれ「ただし、(9)から(11)までに規定する利用形態に係る権利を除く。」というただし書きが付いていますので、インタラクティブ配信について信託しなければ、例え演奏・録音やカラオケについて信託していたとしても、ネット上、即ちインタラクティブ配信には全く関係がない話なのです。
なので、取り消し線で取り消しているところが実は正しいわけですね。

追加に追加が重なって大変ですね…^^;
オリジナル曲、期待してみますw

jute

演奏または録音権を信託しないとカラオケやインタラクティブ送信について信託できないが、演奏か録音権を信託しちゃったらニコニコを支えている演奏してみたや2次利用ができないことになるので本末転倒ということになるんじゃないでしょうか。私的使用の範囲と解するのも無理でしょうし。

もりた

初めてコメントします。
興味深く拝見しました。

論点はずれてゴメンナサイ〜

個別の法的判断等々はごもっともと感心いたしますが、、、
そもそもNICO自体、音楽著作権のみならず権利侵害のオンパレード。
正確な資本関係は知りませんがD社が正当な音楽出版社と成りうるのか。
古い僕の頭で考えるに、たとえ資本関係なくても
違法なサイトに広告、リンクしている時点で
(NICOに違法にアップされたアニメ番組にドワンゴの関連声優サンの着ヴォイスのリンクなど)
多数の管理楽曲の権利を侵害されているJASRACは
告発または改善の要求をしてしかるべきであると考えますが。

個人的立場としては
JASRAC、NICOを否定するつもりも有りません。
NICOも大好きだし、JASRACも現時点で○○○なもので、、、

NICOの無法地帯はそれとして今のネット技術のあだ花であり、そのカオスゆえに何かを生み出しつつあるのかもしれません。
しかしJASRACに代表される現行法の規定するシステムで商売を考えるD社には違和感、って言うか”それっムリだろ”て思います。

乱文、失礼いたしました〜

nesuke

C社D者、ひろゆきの発言どれを読んでも「?」ばかりが増えていって納得出来なかったのが栗原さんのお陰で多少整理出来ました。
ありがとうございます。
私は製作もしていない一視聴者に過ぎませんが、初音ミクも、初音ミクを生み出したクリプトンも、大昔から世話になっているBio100%の戀塚氏を始め、初音ミクをブレイクさせる立役者となったニコニコ動画も、膨大な情報を生み出す2chもそれぞれ大好きなので全員が最終的に納得できるシステムや法整備が早急に整うことを期待しています。

コメントを投稿する