Mac、iPhone、iPod、VOCALOID、DTM、楽器、各種ガジェット、自転車、メディアなどの情報・雑感などなど

自分の楽器アプリを設計できるiOSアプリ「MobMuPlat」がすごすぎる

»

 かなり興奮してます。すごいアプリが出ました。iOS楽器を自分で作れる無料アプリ「MobMuPlat」です(App Storeへのリンク)。

 どういうものかというと、あらかじめ用意されたボタンやスライダー、X-Yコントロールを使い、Pure Dataというオーディオエンジンを使って再生できるというもの。サンプリングも可能。簡単なシンセサイザーの機能、LFO周期とかデプスとかも可能。OSCにも対応してる。画像もスイッチできたり、ティルト、シェイクといったデバイスセンサーにも対応しているのだ。

 公式サイトはこちら
 
 エディタは無料で使えるので、それをPC上で編集してその結果をiTunesライブラリにドロップすれば、自分自身の楽器アプリがMobMuPlatから呼び出せるという仕組み。

Mmpt

 相当に自由なことができそう。

 このエディタでできるのはユーザーインタフェースの部分だけで、iPhone、iPhone 5、iPadの画面テンプレートに合わせてGUIの部品を置く。音源と部品名の対応は、別ファイルのPDに書かなくちゃいけないのがちと面倒。というかPDって何よ?という感じ。

Pure Data

 うーん、Maxからブランチしたやつか。日本語解説はこのあたり。これから勉強します。

 なんかできたら追記します。みんなもどんどん作るといいよ!

 MooCowMusicのBandがまだJailBreakアプリだったころ、これに近いことができてたんだよね。

 うわー、何作ろうこれで。

 ちなみにMobMuPlatはドネーションウェアです。人前でライブパフォーマンスをする場合には寄付をお願いしますとのことです。

追記:詳しい方による解説記事が出てましたので、そちらを参照ください:
MobMuPlatはiPhone上でのPD(Puredata)実行環境

追記:Pdプログラミングに関する書籍がありました。これはよさそうです:
Pd Recipe Book -Pure Dataではじめるサウンドプログラミング

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する