Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

英語V3時代到来か――ケルトのそばかすボカロ「Avanna」ちゃんがやってきた

»

 12月23日、ケルトの女声VOCALOIDという触れ込みのAvannaがいきなり発売されました。95ドル。日本円にして8000円くらいと、iVOCALOID以外のどのVOCALOIDよりも安く売られています。
20121225_80912

 さっそくお迎えして歌ってもらいました。

 以前、Oliverでやったファイルをちょこっと修正して、お迎えしたばかりのAvannaちゃんに歌ってもらいました。自分の歌唱→ぼかりす(VY2V3の空耳英語)→Oliverで英語歌詞に置き換え→Avanna用に部分調整といった流れです。比較用に、Oliver版はこちら:

 そしてもう1曲。ケルトならこういうトラッドっぽいほうがあうのかな、とやってみましたスカボロフェア。

 以前GarageBand for iPadで作ってあった自分のボーカルを元歌にしてAvannaに歌ってもらいました。ぼかりすでまず空耳英語で結月ゆかりに歌ってもらい、それをAvannaに切り替えて英語歌詞を入力といった具合です。時間がなかったので主旋律のみ。残りは自分のボーカルです。まあ、比較としてどうぞ。今回はDYNはスパっと切ってしまいました。なので、タイミングとPITだけが自分のです。自分のボーカルだけの元歌はこちら。GarageBand for iPadだけで演奏して録音したものです。この中の1パートだけを取り出して使いました:

 声の印象としては、わりと汎用性があるなってのと、今回は男声をそのまま転用したけども低い声がそのまま通ったので、低音もわりかしいけるんではないかな、というのがあります。発音に関しては、ひとつ気になるのが、rememberの[rI]のところ。これが、どうしても[れ]に聴こえてしまいます。一部で「発音はメグッポイドのほうがいい」と言っている人がいますが、そういうところかな? それでも全体のバランスとしてはOliverよりもいい感じがしてます。

 このクリスマス期間には、ほかにもKAITO V3のENGLISHデモが出たり、メグッポイドEnglishのデモが出たりと、Engloidが大量に釣れています。本命である初音ミク英語版が出るまでにどれだけ出て来るかですね。

 英語版VOCALOIDについては:
男声:Oliver(発売済み)
   KAITO V3 ENGLISH(2013年2月予定)
女声:Avanna(発売済み)
   メグッポイドEnglish(発売日未定)
   初音ミクENGLISH(発売日未定)
   SeeU English(発売日未定)
といった感じですかね。

 入力に関しては、ぼかりす英語版が出るのが一番入力には手っ取り早いのを確信しています。ヤマハさん、よろしくお願いします。あと、日本語版ぼかりすをみんなが買うと、英語版の開発に取りかかりやすくなるかもしれません。支援しましょう。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する