Mac、iPhone、iPod、VOCALOID、DTM、楽器、各種ガジェット、自転車、メディアなどの情報・雑感などなど

iPhoneでiVOCALOID蒼姫ラピスを使った動画作成にMMDを使ってみる

»

 以前、iPhoneだけでボカロ曲を作成して動画編集し、ニコニコ動画に投稿する方法を書いたが、今回はそれをちょっと先に進めたい。せっかくボカロ曲なので、MMDを使いたいのだ。

 VY1やVY2でMMDを使っても、花だったり刀だったりしてボーンをどうやって動かすの、ということになっちゃうので難しいのだが、蒼姫ラピスならばPMDもあるし、それを動画の素材にできるんじゃないかと考えた。

 というのも、これまではiVOCALOID蒼姫ラピスのスプラッシュ画面を何度も流用してきたのだが、さすがに飽きてしまったので、どれか別の絵にしたい。でも、蒼姫ラピスで使える絵はそれほど多くなく、いちいち探してダウンロードするのも、iPhoneだと大変だ(できないわけではないけど)。

 iPhoneでは、MMDPlayer(App Storeへのリンク)という、互換性の高いMMDプレーヤーアプリがあり、これを使うことにした。

 蒼姫ラピスのPMDモデルはさぼてんさんのを使わせていただいた。できたら自分でモーションとか作りたいところだが、あいにくその技量がないため、gekitoraさんのモーションデータ「『サイハテ』に強引に振り付けてみた」をお借りして、その中のワンシーンをMMDPlayerでキャプチャ。それをiMovieの素材にするというやり方だ。いいシーンがあったら、回転させて好きな向きにして、拡大したり縮小したりできるのはMMDのすばらしいところだ。イラストだとそうはいかない。

 適当なシーンをキャプチャして、それをカメラロールに保存。MMDPlayerの右上の○をタップすると、きれいにキャプチャできる。

Img_6065

 そこからiMovieに取り込んでみる。

Img_6064

 それで出来上がったのが、この動画だ。

 ちなみにGarageBandからそのまま投稿すると、この素っ気ないギターのアイコンだ。

 よく使うであろう手振りや、「あいうえお」、目の開閉などの表情バリエーションを組んだモーションデータをあらかじめ組んでおけば、より適切な静止画がはめ込めるかもしれない。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する