Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

「鏡音リン」登場で可能になること

»

 きょう最初にやったのは、「鏡音」を「かがみね」で辞書登録したことです……。ほんとかなあ?→各所で早売りの写真がでているので確定みたいですね→ITmedia Newsで記事になりました。公式イラストの完成版も掲載されています。

初音ミクの次は「鏡音リン」 - ITmedia News

 きのう出社したら、初音ミクonlyイベント「ボーマス」IT戦士がゲットしたという同人誌数冊が回覧されていました。わたしは「ミクが野原でうたったら」のミニ絵本をもっていきました。

 そのボーマスの陰に隠れて目立たなかったけど、たぶんそれ以上に重要なイベントのレポートがでていました。

音で聴く『電子音楽 in Japan』!<大阪万博から「初音ミク」まで、レコードで辿る電子音楽50年史>@TOKYO CULTURE CULTURE

 敬愛するロジャー・パウエルがけっこう登場していたのもうれしいけど、サンレコでの連載における初音ミクに関するコメントを以前紹介したところの戸田誠司さんがゲストで登場していたそうです。

プロがクオリティの高いのをつくろうとすると6カ月くらいは必要だけど、その頃にはもう流行おくれになってしまっているかもしれないので手が出せない。それが悔しい

 たしかにプロとしては、粗削りながらもあの勢いで出されてしまうと困惑する面はあると思います。多少の実験的なことは、すぐに誰かが試みてしまいますからね。

 初音ミクのボーカルを鏡音リン(と言われている、初音ミクの妹)に入れ替えるだけで現在の楽曲数が2倍になりうるわけですから、そのポテンシャルってすごいものがあります。少なくとも2万個以上存在しているはずの.vsqファイルのVOCALOID Singerを入れ替えるだけでいいんですから。まあ、全員がCV02を買うとして、ですけど。

 さらに、やはり品質的な落差(ボーカルの技量ではなく)を感じずにはいられないMEIKOよりも高度なデュエット曲も可能になるので、この分野はさらに開拓されていくことでしょう。

 プロでも、「同レベルのスキルを持った歌手を二人同時に用意する」というのはかなり困難なことだと思われるので、このインフラをうまく使った作品がいろいろ登場してくるのを期待しています。

 戸田さんには、10歳と12歳の少女2人のユニットcrybabyでやってた「迷子の天使」を初音ミク×鏡音リンで再演していただきたいと思います。

 で、「鏡音リン」に関する疑問をいくつか:

・英語的発音はやはりサポートされない?
・VOCALOID Editorの改良は?
・初音ミクはチェレステですが、髪の色は何色? 鏡だから銀?→DTMマガジンのイラストを見ると、薄いオレンジっぽい。なかなかいい色ではないでしょうか
・「かがみねりん」の略称は「みねりん」か「がみりん」か「かがりん」か「かねりん」か「ねりん」か?

関連記事:
初音ミクの妹にありがちなこと
初音ミクが「チェレステ」な件

追記:DTMマガジンでは「The VOCALOID」という別冊を12月中旬に出すそうな。そのためのクリスマスソングコンテストを開催するそうで。

略称は「ざぼ」で確定かな。月刊化するのかな。

さらに追記:イラストをちら見したかぎりでは、ブーツがスピーカーっぽいデザインになっています。スピーカー付きシンセといえば、もちろんEOS。オレンジのカラーは、2個くらいついてるボタンから採ったのでしょうか?

CV03では、木目と鮮やかなイエロー、グリーン、レッドの入った、歴史的名機のCS 80あたりでお願いしたいところ。

Comment(4)

コメント

toms

相変わらず(?)記事早いですね。
ユーザー達のデュエットなど創作活動が今から楽しみです。

やはりさすがに綺麗な名前でしたね。
当たり前ですが先日勝手に予想した(確かに検索するとえらい事になってました)ものではなくてひと安心です。

ちなみにおとといあたりから書店でDTMマガジンをチェックしてましたが見つからなかったんだけどな…。
早く確実なソースを入手したいところです。

koya

tomsさん、読み方は別にしてストレートな名前ですね。
Amazonも、まだ予約状態になったまま。表紙画像はユーザーからアップされているみたいですので、そろそろだとは思うんですけど。

tammy

初めまして。いつも楽しく読ませて頂いております。

私も、デュエット等させてみたいですが、公式ブログに「ジェンダーファクターとの相性は最高」とのことなので、色んなキャラクター付けが出来そうなのが楽しみです。

ちなみに、番外編としては「画像検索の収集性能比較」っていうのも密かに見ています。こういう機会って滅多にないものですから。

koya

tammyさん、公式ブログの情報がでましたか。ソウルフルな歌も可能ということで、期待してます。
画像検索、なるほど。いろいろやれることがあって、実験材料としてはとてもいいですよね。

コメントを投稿する