ブラジル社会で生きる中で、肌で感じたコトや頭で考えたコトを、ざっくばらんに吐き出します

塗り替えられたSNS勢力地図、ブラジルでもfacebookがNo.1に

»

世界でも数少ない「facebook未制覇国」であった日本とブラジル。

その一端であったブラジルもついに先日、
長年No.1の座を維持してきたgoogleの「orkut」を追い抜き、
facebookがNo.1のSNSとなりました。

見方によっては、世界のSNS市場において、
1つの大きな象徴的出来事であったのかもしれません。

とはいえ、どうやら日本では思っていたより取り上げられる事も少なかったようで、
改めてその事実・数値の共有と、ブラジルにおけるSNSにまつわる話をいくつか、
今回から複数回に分けてお伝えしていけたらと思います。



■実感値としては、既に半年前頃からfacebook移行していた印象

正直なところ、実感値としては「今さら?」という感覚にも近いのが実情です。

というのも、おおよそ半年〜1年程前からでしょうか。
日頃僕が接点のあったブラジル人達は既に、
orkutからfacebookに乗り換えていたような印象がありました。

そしてそれは、僕の直接的な知人・友人に限らず、
例えば、街中にあるネットカフェ利用者の画面を覗き見(!?)してもそうでしたし、
各種広告・告知への記載も、その多くは「facebook & twitterの2本立て」であり、
そこには既にorkutの姿がなかったケースも多かった状況です。

▼地下鉄内のモニター             ▼ショッピングセンター内の看板
Facebook_twitter_metro Facebook_twitter_shopping



■検索回数は、既に昨年6月時点で逆転していた

こちらはGoogle Insights for Searchによる検索回数の推移ですが、
facebookがorkutの検索回数を昨年7月時点で逆転していました。

「検索回数」を「UU数の先行指標」と読んでしまうのは、
やや乱暴な仮説かもしれませんが、ある程度の相関性はあるものと考えると、
やはり昨年の中盤〜後半には、形勢逆転していたものと推測する事はできそうな気がします。

■まずはIbope Nielsen Onlineから正式発表

そんな状況下で、にわかに、
「既にfacebookがorkutを抜いてるんじゃないか?」
という話も耳にするようになってきていた昨年2011年9月。

ブラジルの調査会社であるIbope Nielsen Onlineから正式に、
「facebookがorkutを追い抜いた」との発表がありました。
2011/9/9の事でありましたが、僕が初めて聞いた正式な形での発表です。

▼Ibope Nielsen Onlineからの発表本文
Ibpoe_nielsen_online
※出典:IBOPE

余談にはなりますが、実はこの発表、
「facebookがorkutを抜いた!」というテーマでの発表ではなく、
「国内ネットユーザーが7,780万人に到達しました」という発表をするに際して、
オマケのような形でされていた発表だったりします。
(そのため、グラフも表もなく、記事本文内にちょこっと書かれているだけでした)

とはいえ、ブラジル人にとっても重要ニュースである事には間違いなく、
ブラジル国内のマスコミ各社は、それらを記事にしていましたし、
また、アメリカのeMarketer社も報道したことで、
日本を含む世界にも、多少情報は届いていたようですね。

■その後comScoreが、一度否定しつつも改めて発表

しかしこの発表のすぐ少し後に、comScoreは自身のデータをソースに、
「未だにブラジルではorkutがNo.1であり、facebookはNo.2である!」
といった発表を行い、Ibope Nielsen Onlineを牽制するような流れになりました。

なので、いっときの騒ぎも一旦は沈静化。
データソースの違いなので、しょうがないとは思うものの、
「で、一体どっちなんだ?」というモヤモヤした期間が続くことに。

そしてようやく、年が明けて2012/1/17になってcomScoreも、
「12月度にFacebookがorkutを抜きNo.1になった」と発表しました。
この情報は英語での発信だったためか、日本でもちらほら見うけられました。

▼comScoreによるUU数の推移
Comscore1
※出典:comScore

▼comScoreによるUU数実数値と伸び率
Comscore2
※出典:comScore

このcomScoreのデータによるとfacebookの伸び率、1年間で192%だそうです。
グラフから見ても明らかですが、すさまじい勢いですね。



■更にその直後にSerasa Experianが発表

comScoreの発表の翌々日にあたる2012/1/19に、
Serasa Experianが週間推移のグラフとともに同様の発表を行いました。
これによると1/15の週に逆転したとのこと。

▼Serasa Experianによるユーザー数推移
Serasaexperian1
※出典:Serasa Experian

またこの発表で興味深かったのは、滞在時間の比較データです。
ユーザー数で抜いただけでなく、実は滞在時間でも抜いていたんですね。
しかもそれは昨年の4月頃という早い段階で。

▼Serasa Experianによる滞在時間推移
Serasaexperian2
※出典:Serasa Experian

■DoubleClick Ad Plannerでも確認してみる

以上の各種発表以外にも、手元で確認できるデータの1つとして、
DoubleClick Ad Plannerで2サイトの推移を見てみました。

▼DoubleClick Ad Plannerによる推移比較

Adplanner

同一グラフ上で2サイトの比較が出来なかったので、
縦軸の縮尺をいじって強引に並べてみると、このような感じです。
おおよそ昨年11月頃にfacebookがorkutを追い抜いているようですね。



■おわりに

データソースの違いもあって、「いつ?」だったのかははっきりしないものの、
これだけ各社が似たような数値を、似たようなタイミングで出しているので、
「昨年後半から年明け前後に、facebookがorkutを抜いてブラジル国内No.1のSNSになった」
というのは事実ととらえて間違いなさそうです。

世界のSNS勢力地図がまた一枚、facebookブルーへと塗り替えられたわけですね。

これまで過去に、
「ブラジル市場はorkutなんでしょ?orkutよく分かんないからなぁ...」
というコメントを耳にした事もありますが、
今回いよいよプラットフォームがfacebookになったことで、
日本のネット系サービス各社さんも、身を乗り出しやすくなったのではないでしょうか?

今回の記事ではひとまず、orkut逆転劇に対する報道情報の共有でしたが、
次回以降(時期未定)で、
・ところでorkutとは何者なのか?(←案外ご存知ない方も多いようですし)
・ブラジルにおけるfacebookの強さ
・それ以外のSNSメディアの状況
などに関しても触れながら、
ブラジルのSNSの状況をお伝えしていけたらと思います。
(もしご要望があれば、お伝え頂ければ可能な限り調べて対応しますよ)

では。
Até mais!



▼塗り替えられたSNS勢力地図、ブラジルでもfacebookがNo.1に
Worldmap
出典:World Map of Social Networks

 





▼砂塚裕之



Comment(0)

コメント

コメントを投稿する