決して最先端ではない、けれど日常生活で人びとの役に立っているIT技術を探していきます。

「あいつ仕事できねーよな」と言われた時に、あなたがすべきたった1つのこと

»

職場でのいじめや陰口といった問題は、学校でのいじめと同じくらい陰湿なものとなり得る――残念ながら「言われなくても分かっているよ」と仰る方が多いと思います。それでは一社員として、この問題にどう対応すれば良いのか。New York Times に、1つのヒントが紹介されています:

Can You Believe How Mean Office Gossip Can Be? (New York Times)

職場での悪口に関する、いくつかの研究結果について。まず悪口がエスカレートするステップについて、こんな重要な指摘があります:

The earlier studies found that once someone made a negative comment about a person who wasn’t there, the conversation would get meaner unless someone immediately defended the target. Otherwise, among both adults and teenagers, the insults would keep coming because there was so much social pressure to agree with the others.

その場にいない人物について否定的な発言が行われた場合、標的となった人物を誰かがすぐに援護しない限り、攻撃がエスカレートすることが初期の研究から判明している。他人との同調圧力は非常に強いため、誰か反論する人物がいないと、大人であろうと子供であろうと攻撃は続くのである。

誰かが始めた悪口に、別の誰かが便乗し、さらにその場の空気に流されて他の人々も同調する――残念ながら珍しい光景ではないでしょう。ここで重要なのは「悪口が始まったら、すぐに誰かが反論しなければならない」という点。後になればなるほど、「空気」に逆らって陰口を止めることが難しくなるわけですね。考えてみれば当たり前の話ですが、意識していないとなかなか気づけない点だと思います。

この点に基づき、インディアナ大学の Tim Hallett 博士はこんな助言をしています:

If, say, an office rival seems poised to trash one of your absent allies, Dr. Hallett suggests you make a “pre-emptive positive evaluation.” A quick “Isn’t she doing a great job?” might be enough to stop the attack.

If your rival tries persisting with indirect sarcasm — “Oh, real great job” — you can force the issue by calmly asking what that means. That simple question, a dare made in a pleasant voice, often silenced the sarcastic gossips observed by Dr. Hallett.

職場の同僚が、その場にいない別の同僚をけなそうとしたら、「先制的プラス評価」をすべきだと Hallett 博士は指摘する。例えば、すかさず「彼女は良い仕事してるだろ?」と言うだけでも、攻撃を止めさせられる可能性がある。

それに対して、「本当に良い仕事してるよな」のように間接的な嫌味を返してきた場合には、冷静にその意味を問いただすことで対抗できる。この単純な問いを明るい声で口にするだけで陰口が収まる様子を、Hallett 博士は目にしてきた。

悪口を言われても同調せず、すぐに逆の評価を持ち出すこと。本当に始まったばかりのタイミングなら、ほんの一言、二言でもその場の空気を変えるのに十分なわけですね。

そんなの偽善だ。一緒になって他人の悪口で盛り上がりたいぜ、という方はどうぞご自由に。しかし悪口でしか盛り上がれないような職場、休み時間ともなれば陰口に花が咲くような職場に自分の会社をしたくないという方は、このアドバイスを覚えておくと良いのではないでしょうか。きっと「職場の雰囲気を良くする」以上の効果をもたらしてくれるはずです。

あなたの職場のイヤな奴 あなたの職場のイヤな奴
矢口 誠

講談社 2008-04-11
売り上げランキング : 69310
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【○年前の今日の記事】

オバマ氏は史上初の「Twitterする大統領」になれるか? (2008年11月12日)
性教育ポッドキャスト (2007年11月12日)
「聞く時間」が「順番待ちの時間」になってませんか? (2006年11月12日)

Comment(4)

コメント

Peter

「あいつ仕事中twitterばっかりしてるよな」って言ってる人がいたので、「いえいえ。彼はきっと本の印税で飲み代をおごってくれますよ」ってフォローしておきました!
これで職場の居心地もよくなるでしょう。

すばらしい!仲良くしておけば、きっと彼は昼食ぐらいおごってくれるでしょう(笑)
ということで、ちゃんと彼の本も(自腹で)購入するように。

しま

仕事のやり方についての悪口が発せられた場合、それが上層部に伝わり、会社全体から「退職した方がよい」という嫌がらせ、攻撃を受けるようになる。
部下が部下であれば、上司も上司ということか。
 
あと、すぐに他人の悪口に同調するのは、日本人が団体行動重視の個性の無い人種に育てられてきた証拠だろうな。
学校の行進や制服、就職活動のリクルート服などがその象徴で、全員同じ事をさせる。
その中で個性のある事を奴がいると排除しようとする。
このことから、誰かが悪口を言い始めた時に、擁護するような言葉を発した場合、擁護者に対しての悪口を発する奴らも沸き始める。
よって、この記事は完全にそういう状況を見ていない上から目線の記事である。
 
なお、悪口を言うのは女に多い。
陰湿ないじめも女に多い。
これは、女は男よりも団体行動を好む気質がある事からもわかることである。(ただ単に甘やかされて育てられてきたのかも?)

しまさん、遅くなりましたがコメントありがとうございます。

記事で紹介したのは海外の研究例ですので、集団同調的な傾向というのは人種や文化の壁を超えて存在するものではないかと思います。ただ、具体的な根拠があるわけではありませんが、何となく日本人の方が「見かけの違い」で排除してしまうという傾向があるかもしれませんね。1クラス全員が日本人、という世界と、黒人や白人、ヒスパニックにアジア系もいる……という世界で育つのでは、自ずと異質性に対する見方も変わってくるのではないかと思います。

> なお、悪口を言うのは女に多い。
> 陰湿ないじめも女に多い。

うーん、これはどうでしょうか。最近は男性も陰湿なイジメをしていますしね……性別はともかく、イジメの問題が解決される日が来ることを願っています。

コメントを投稿する