決して最先端ではない、けれど日常生活で人びとの役に立っているIT技術を探していきます。

あるIT関係者の昼下り。「ネットに流れてる情報はほとんど新聞が元」はどこまで本当?

»

ネットに流れてる情報なんて、ほとんど新聞が元になっているじゃないか――新聞を擁護する際によく聞かれる議論です。最近「春の新聞週間」があったこともあり、似たような意見をあちこちで目にしました。例えば:

特集:春の新聞週間--漫画家3人トークライブ ネット社会でこそ真価 (毎日新聞)

「パソコンも持たず、ネットも使わない」はずのやくみつる氏が、「新聞記事は見出しの大きさやレイアウトで、重大事件かそうでないかすぐ分かる。記事が並んで出てくるネットではそこが分からない」と批判されているのはご愛敬として(笑)、この中でも「ネットの情報も元は新聞社が取材したもの」的な議論が行われています。

確かに新聞の記事がネットで話題になる、ということはよくあります。しかし個人的な経験では、マスメディアが元ではない、個人ブログやCGMサイトのコンテンツを目にすることが多いのも事実。実際のところはどうなんだろう、ということで、ちょっと確認してみることにしました。しかし確認といっても、客観的な統計データを集めるのには時間がかかります。そこで逆に超個人的な範囲に限定してしまい、あるIT関係者(=僕)が昼休みの時間に接したネット上のコンテンツをチェックしてみたいと思います。

最近、休み時間のヒマ潰しはもっぱらはてなブックマークの人気・新着エントリー。それもどうよ、というご批判はちょっと脇に置いていただくとして、現時点でトップページに並んでいる人気・新着エントリーのコンテンツが何を元にしているのか確認してみました。以下のリストは実際の記事へのリンクで(純粋にお昼の時点で並んでいるエントリをピックアップしましたので、アダルト系の記事が混ざっていることをご容赦下さい)、新聞等のマスメディアやメディア企業が取材したものが情報源になっている記事ならば「○」、そうでなければ「×」が末尾に付いています:

【最近の人気エントリー】

  1. こんにちは!こんにちは!帰化手続き中の在日です! :×
  2. はてなブックマーク×Firefox記念 ノベルティセット欲しい!とは - は... :×
  3. 「5枚プレゼン」のレイアウトを理解する :○
  4. 北海道を落とすとどう跳ねるのか? - てっく煮ブログ :×
  5. 不用品回収・パソコン廃棄処分・テレビ無料引取!連絡不要!送るだけ! :○
  6. 【PC Watch】 不要PCを無償でリサイクル処分してくれるパソコンファ... :○
  7. 東京は本当に暑いのか!? ヒートアイランドの仕組みがついに明らか... :○
  8. 堀江貴文と僕 : ロケスタ社長日記 :×
  9. 痛いニュース(ノ∀`):「おっぱいバレーのチケット下さい」と窓口で言... :○
  10. よく行くエロサイトが被ったらサンバディトゥナイ - スチーム速報 ... :×

【新着エントリー】

  1. @nifty:デイリーポータルZ:すごく「近い」ところを走る電車たち :×
  2. asahi.com(朝日新聞社):漢検DS・Wiiソフト、親族企業にライセンス料9割 - 社会 :○
  3. 毎日を楽しく暮らす  : ★NHKスペシャルを見て ~ ヤノマミ 奥アマゾン 原初の森に生きる~ :○
  4. 「わたしたちが不況の原因を正確に診断できないのはなぜか」~池尾和人・慶応大学教授に聞く(下)|辻広雅文 プリズム+one|ダ... :○
  5. ばら撒くよりも、カネを動かせ:日経ビジネスオンライン :○
  6. 奇妙な連帯? - Economics Lovers Live :×
  7. シルフレイのふたり言:「肉食は本当に悪いのか(2)〜日本人は腸が長い?」 - livedoor Blog(ブログ) :×
  8. 日本にもあった!!下から上に流れる滝、西表島の逆さ滝:奇想天外生物図鑑 カラパイア :×
  9. 30代が共感! ラジオドラマ『あ、安部礼司』人気の理由 - エンタ - 日経トレンディネット :○
  10. 「あれ、ぐっさんは?」TBS『リンカーン』から山口智充が消えた理由 - 日刊サイゾー :○
  11. 携帯電話の充電が数秒で完了、Li+2次電池の新材料をMITが開発 ― EE Times Japan :○
  12. 整体で子宮筋腫を治そうとした小松忠義さんも偽博士 - 波打ち際の考察 :×
  13. flair4 blog - AS3.0 TextField生成処理の速度検証 :×
  14. 「みんな」の為のメディアは必要か? - アンカテ :×
  15. ページのアクセントによさそうな、グランジ風や手書き風のフリーのフォント集 | コリス :×
  16. Playman Track & Field:5つの陸上競技ゲーム。ため息が出るほど良作、なのに115円。360 :×
  17. オタク文化は子供文化から切り離されたんだなぁ - この先、しばらく道なりです :×
  18. ゲーム開発、駄作になる原因の1つは「革新」のプレッシャー? - スラッシュドット・ジャパン :○
  19. 日刊スレッドガイド : 恋人、夫、息子のエロ本所持で怒る女性について :×
  20. スク水ニーソの画像下さい! カナ速 :×
  21. エロゲー「催眠学級」のバグがひどすぎる件:ぁゃιぃ(*゚ー゚)NEWS 2nd :×

※ダブっている記事は1つにまとめてあります。

ということで超個人的な経験、あくまでも今日の僕の昼下りというシチュエーションでは、目にした31記事の中で○が13件、×が18件という結果になりました。仮にマスメディアが全部潰れてしまったとしても、僕の休み時間の約3分の2は埋まるということになります。一安心ですね。

……と、そうすんなりとは行きません。上の分類を見て、「これはちょっと違うんじゃないか」と感じられた方も多いのではないでしょうか。メディア企業が取材した内容が元になっているとはいえ、それに独自の情報や分析を付与して価値を生み出している記事。逆にメディア企業が書いた記事といっても、「新聞社」という大企業のイメージではなく、オルタナティブ・メディアとしてブロガーに近い感覚で取材されているもの。僕自身、「これは○と×、どちらを付けようか」と悩んだものがいくつかありました。情報とは「これは誰々が作り出した記事だ」などとはっきり区別できるものではなく、様々なソースから集められてきた断片が入り交じったものです(最近はネットがきっかけで生まれた新聞記事だって多いはず)。その帰属を決めることなど、あまり意味はないでしょう。

もしネットがただの「新聞コンテンツを送るための伝送路」であれば、そのメリットは速報性だけであり、これほどまでにネットを活用する人はいなかったはずです。それに加えて、様々な人々が参加して情報を追加・加工することにより、より価値のあるコンテンツを生み出しているというのが現在のネットの世界ではないでしょうか。新聞社は「あいつらは単に俺たちが提供したものを消費しているだけだ」という考え方を捨てて、ネットで何が行われているのかを冷静に受け止め、学んでいく必要があるのではないかと思います。

【○年前の今日の記事】

「さあどうぞ。僕の書いた文章、自由に使って下さい」 (2008年4月15日)
ダメな廃品回収業者 (2007年4月15日)

Comment(10)

コメント

Toms

別に新聞記事を「取材」してblogやらを書く事と、共同通信の情報などを元に記事作成する事にそう違いがあるようには思えませんしね。

satoru

ネット界隈ではいま検索ランキングトップの「北野誠 不適切発言」を、まともに報じるマスコミはありますか?

言論・表現の自由のために、真相を報道する義務…なんて、もうどうでもいいのでしょうね。

piggy

むしろ×の記事だけ寄せてみると、「ネットに流れてる情報」の特性が見えてくるような気がしましたが。

そもそも「マスメディアの報道を素材とした内容か、そうでないか」という対立軸を設定することにどれほどの意味があるのか、という巨大な疑問点がありますねー。
あと、やく氏の批判そのものは慧眼ですね。紙面での配置や見出しの大きさなどで重要性の配分がなされていた新聞記事がウェブでは一律に均されてしまっているため、新聞社としてもどうでもいい内容の記事に「こんな下らない事柄をさも重大事のように報じる意味があるのか」という批判が殺到したりする。実際の紙面では重大事にはまるで見えなかったりする可能性が考慮されていないように思えます(というか、たぶん誰も紙の新聞を読んでないんでしょう)。

マスメディアがWikipediaや2チャンネルを元ネタにしてたこともありましたよね。

「新聞の情報はほとんどがインターネットが元」
という命題が、どこまで本当なのかも検証すべきかと思います。

みなさま、コメントありがとうございます。

> Toms さん

通信社の存在についても、この問題を考える際に指摘されることの1つですよね。実際どの程度通信社に依存しているのかは分かりませんが、新聞社もコンテンツを「消費」している側面があることを理解しておかなければならないと思います。

> satoru さん

どんなに頑張っても新聞には紙面という限界があるわけで、そこから漏れて(意識的にかどうかを問わず)報道されない問題が出て来てしまうものですよね。漏れてしまったニュースをフォローできるのがオルタナティブ・メディアであり、その意味で新聞は彼らと敵対するのではなく、むしろ協力していかなければならないのではと思います。

> piggy

ピックアップした記事はあくまでも「某IT関係者の昼下り」ですので、偏りがあるのは彼の嗜好という点も大きいと思いますが(笑)。ともあれ、ネットは単に新聞コンテンツが流れるチューブではなく、独自な世界を形成しているのは当然のことですよね。

> Yuu Arimura

仰る通りだと思います。本文の繰り返しになりますが、情報の帰属を決めることなど、あまり意味はないでしょう(もちろん盗作などは論外ですが)。

またやく氏の指摘についてですが、個人的には最近はネットの世界にも「デザインで重要度を示す」という工夫が定着しつつあると感じています。確かに新聞のデザインは秀逸ですが、やく氏にはちょっとネットの世界も覗いてみてから評価して下さい、と言いたいですね。ただ「実際の紙面では重大事にはまるで見えなかったりする」という点には、紙の朝日新聞も購読しているオールドタイプの僕としては(笑)、ウンウンと頷いてしまいました。

> あさん

最近だと、海外で起きた事故や事件の現場にいあわせた人の書いたブログ/ミニブログが、マスメディアに引用されるということがよくありますよね。これも繰り返しになりますが、マスメディアとオルタナティブ・メディアは決して敵対ではなく、協力していかなければならないのだと思います。

yo

そもそもの話として、情報源への直接アクセスを妨げているのは「記者クラブ」ですが。
その記者クラブを運営しつつ「ネットの情報も元は新聞社が取材したもの」と胸を張っている神経が理解できません。

彼等に「カルテル組んで邪魔しているけど、それが我々の素晴らしいところです」と、大声で叫んでいる自覚はあるのでしょうか……。

yo さん、コメントありがとうございます。

記者クラブについても、この問題を議論する際には指摘されるポイントですよね。僕自身は記者クラブがどこまで「取材対象へのアクセス」を制限する要因になっているのかは分かりませんが、特に重要な政治・社会問題において記者クラブが巧みに利用されている印象がありますから、たとえピンポイントでも記者クラブの弊害は大きいのではないかと思います。彼ら自身がどう考えているのか、それこそ紙面を使って論じて欲しいものですが、それすら期待できなさそうという点にも問題がありますよね。

のの

新聞の側は「情報は我々が出している」といっているが記者クラブで情報を囲い込んでいる。
それによってネットの側は報道機関として運営するのに必要な情報を得られない。

既得権益に根ざしたいかにももっともらしい日本の古い観衆ですね。


と、ここまで読んで、「そうだ、新聞が、既存メディアが悪い」と思ってしまった方。
結構重症ですよ。

じゃあ記者クラブなるものが無かったらネット専業の報道機関ができるでしょうか?
私はそうは思えません。
日本における、実際のところはネットの側のビジネスは情報もコンテンツもアウトソーシングで人件費を減らしてリスクを回避することで利益を出しています。
いわゆる企業として報道に携わるビジネスのわずらわしさが分かっているので効率的に回避しているのです。
現にどのプロバイダもポータルも自社内に報道部門など持っていませんし軒並みニュースを専門に扱うサイトはテレビで有名になったジャーナリストをトップにおいてみたりと日和見的で、長続きしてません。

それは当たり前のことで、ネットがまだ世界でビジネスという形にのってからたったの十数年しか経っていません。
そんな未熟な世界で発言に責任を問われて、かつ、公共の利益に根ざす精神をもって、"経営"と"報道の本質"という葛藤を抱えても報道機関としてやっていこうという理念を持つ会社は日本にはできようがないのです。
いまそういう社会的責任を背負ってもそれに従事しようとするプロバイダ、ポータルが一つでもありますか?
現状の報道機関のそれが正しい形かは別問題ですが。

昨今のブロードバンド環境があって当たり前の世代は自分の見たい見出しから自分の見たい記事だけしか読んでいません。
ネット時代的発想から言うと、「われわれは自ら能動的に正しい情報だけを選別してみている」と"勘違い"していますが、実際にはネットの側に優位性を見出して、ネットの側に優位に書こうとする情報だけをみてそれを最終判断として自己完結しているだけです。
新聞だけ読んでネットの批判をする、新聞の側に立ってネットを批判する人たちのことを批判はできません。

昨今の大麻問題なども傾向としては同じです。
興味があるから調べてみる。と、当然興味があるわけですからネガティブな記事よりポジティブな記事をよむ。
実害は別にして法律で禁止されているという大前提を破っても自己正当化する人間の言うことは、「比較的害がすくないという情報を私は知っている、欧米ではゆるされている、だからやった」実に情報潔癖。

常に生活の場にネットが合って暇さえあればサーチを繰り返して自らコンテンツを探す。youtube、ニコニコ動画、海外の動画投稿サイト。そこにある映像、音楽コンテンツのほとんどがテレビというメディアの構造の中で生まれてきたものなのに、クチを開くと「テレビは終わった」
読みたい記事や興味の無い記事、自己の知識にとって汚い情報は積極的に読もうとはしませんし、ましてや新聞の活字に目を通すなどという暇はないでしょう。
だからネットに回される表面だけの切り張り情報だけで満足です。
そうやって能動的に受けた情報だけが正しいのでしょうか?
聞くのが嫌なことに耳を傾けることはありますか?


"要するに"全ての情報を出来るだけ根元から両方見て、正しいか判断できる人は軽々に「どっちが正しい」などと言ったりすることはないということです。
ではネットで発言する人は新聞に対してどういう印象を大前提にしてしゃべってるでしょうか?
ココによくあるブログの口調はどういう傾向でしょうか?

そうやってもう一度側面を見直してみては如何でしょうか?

ののさん、コメントありがとうございます。お休みをいただいていましたので、返答が遅れてしまいました。

ここはコメント欄ですので、具体的なエビデンスを出しながらの議論に発展させることは避けますが。仮にののさんが書かれていることが全て事実だとしても、「いまネット系の企業で報道を行う能力を有しているところはない」という状況から「そんなネット企業は日本にはできようがない」という結論を導くのは飛躍しすぎではないでしょうか。かつて「新聞」という文化が日本に根付く際にも、官憲によっていいように利用されるという状況がありました。それと同じような流動的な時代にあるのだと考えれば、ネットにおける報道というものが近い将来見えてくるのではないかと個人的には楽観視しています。

また「自分の見たい見出しから自分の見たい記事だけしか読んでいない」「聞くのが嫌なことに耳を傾けることがない」という意見には同意します。ただし、それは旧来のメディアでも起きていたことではないでしょうか。朝日新聞の論調が好きな人は朝日しか読まない。読売新聞の論調が好きな人は読売しか読まない。さらに極端なことを言えば、朝日・読売が選ぶようなニュースしか興味を持とうとしない。オルタナティブ・メディアまで含めて情報を摂取し、バランスを保とうという人は今も昔もごくわずかだと思います。

と言いつつ、僕もののさんが仰るように断定的な口調で物事を語ってしまう人間の一人です。ただし、ネットをよく見ていただければ、僕のような人物ばかりではないと気づいていただけると思います。それこそ「ネットとマスメディア、どっちが正しい」と断定することなく、両者を総合していこうという姿勢が求められているのではないでしょうか。

コメントを投稿する