決して最先端ではない、けれど日常生活で人びとの役に立っているIT技術を探していきます。

レジ袋という生け贄

»

スーパーなどでレジ袋を有料化する動きが広がっています。買い物袋を持参してもらい、レジ袋がゴミとなってしまうことを防ぐ狙いがあることはご存知の通り。最近はそれ以上に、買い物袋が「エコバッグ」という名前で呼ばれることがあるように、環境保護活動のシンボルのような活動になっていますよね。

今朝の朝日新聞「私の視点」コーナーは、この「レジ袋有料化」がテーマだったのですが、神戸山手大学の中野加都子教授が面白い視点を論じられています。以下、引用です:

関西の2市計約420世帯を対象にアンケートをしたことがある。持ち帰ったレジ袋をどうしているのかを尋ねた(複数回答可)。「台所の生ごみを入れる袋に」が83%、「ごみ箱の内袋に」が80%、「便利な袋として使用」が43%、「利用しないで捨てている」は0.8%、大半がリユース(再利用)しているのだ。

確かに自分のことを考えても、レジ袋をそのまま捨ててしまうことはありません。上記のような使用法に加え、犬を飼っていた時は散歩の際にフンを回収する袋として、娘がオムツをつけていた時は使用済みオムツを入れる袋としてなど、さまざまな再利用をしていました。

レジ袋の利用法の「1つ」である「買った物を持ち帰る」という点は、エコバッグで代替が可能でしょう。しかしそれ以外の利用法はどうなるのでしょうか。記事はこう続きます:

家庭からレジ袋がなくなったらどうするのか尋ねると、「小さなゴミ袋を購入する」が60%、「新聞やチラシを利用」「ごみ箱の内袋をやめる」などの回答はほとんどなかった。

(中略)

国や自治体は、レジ袋が減ればその分ごみが減り、地球温暖化の原因である二酸化炭素も減ると宣伝する。そうだろうか。レジ袋の代わりに新しいゴミ袋を使えば、ごみも二酸化炭素も排出量は変わらないかもしれない。現に有料化した店では、ごみ袋より安いレジ袋を大量に購入する現象があったと聞く。

仮に「買った物を持ち帰る」という以外の面で「エコバッグ」のような代替が進まなければ、ゴミ減量は進まない。逆に「レジ袋さえ無くせばゴミ問題は解決」というような風潮が広まるのは、現実から目をそらすことになるのではないか――もしかしたらレジ袋は、「生け贄」として使われようとしているのかもしれません。

もちろん「だからレジ袋を有料化すべきではない」と言いたいのではありません。少しでもゴミ減量につながるのであれば、エコバッグへの転換を進めるべきでしょう。ただしレジ袋を有料化して終わり、ではなく、その影響を把握して対策を打たなければ、何の解決にもならないばかりか逆効果を招きかねないということを理解すべきだと思います。

こういった「目立つ現象にのみ目を捕らわれて、それを無くすことが問題のすべてであるように勘違いしてしまう」ということは、何もレジ袋の問題に限った話ではないと思います。生け贄を捧げることに間違った労力を費やしていないか、普段から気をつける必要があるのでしょうね。

Comment(12)

コメント

としし

レジ袋を捨てている方が0.8%というのには違和感を感じました。本当にそんなに少ないのでしょうか?
自身を振り返って考えてみると、会社にいる間にコンビニで買い物をした時のレジ袋は多くを捨てています。
皆さん、持ち帰って使ってるの???
一方で、自宅ではスーパーのレジ袋はゴミ袋として活躍することが多いものの、使い切れずに余ることが多く、半年に1回くらいはまとめて捨てたりしています。

皆さんはむしろレジ袋を使い切って足りないくらいなのでしょうか???

私はすでにエコバッグを携帯/常用していますが、レジ袋も使います。
具体的には、「通常はなるべくエコバッグを使い、ゴミ袋がなくなってるときにはレジ袋をもらって使う」という感じ。
エコバッグを使い始めた頃は、それまでに有り余っていたレジ袋を順調に消費しておりましたが、あるときついに在庫切れになりまして。以降、自宅在庫が常時一~二枚になるようにレジ袋ももらうようにしております。
別に、エコバッグを使うと決めたからと言って、必ずエコバッグを使う、というコトに固執する必要はないんですよね。
私のようなやり方でも、レジ袋の使用量は確実に五分の一以下に削減できましたし。

YM

エコバッグと呼ばれるものが本当にエコなのかという議論もあります。
エコバッグを生成し使用し廃棄されるまでに消費する資源と、レジ袋に消費する資源のどちらがエコなのか。という観点です。

確かにレジ袋は大量消費されていますが、大量に生産するがために1袋あたりの石油使用量は最小限に抑えられている可能性があります。運搬エネルギーも隙間なく大量に運搬できるので分母が大きい分1枚あたりだと小さそうです。

エコバッグは繰り返し使用できるようにしっかりとした素材でしっかりとした縫製がなされていますが、素材そのもの、縫製に要するエネルギー源、運搬エネルギーを含めて考えた場合に果たしてレジ袋より少ないのだろうか。

n-yoshiさんの「レジ袋の使用量は確実に五分の一以下」という表現から、エコバッグはレジ袋の5~10倍以内のエネルギー消費で生産できるのか?と考えた場合に、直感的にエコバッグのほうがエネルギー消費量が大きいような気がします。

n-yoshi

to YMサン
それは流石に計算が違いすぎます…

仮に、コレまでのレジ袋の年間消費が「365枚」であったとして、カバンを自分で用意したことによりその消費量が五分の一、つまり「73枚」になったとします。
すると、削減できた枚数は「年間で292枚」に達し、更によほど手荒に扱ったとしてもエコバッグ一つに一年程度の耐久性は期待できると思いますから、比較するべきは「レジ袋292枚」と云うコトになる、と。
実際には、丁寧に扱えば更に長く保つでしょうし、仮定した年間消費枚数もヒトによってそれぞれ異なるでしょうが、それでも「エコバッグ一つ VS レジ袋10枚」では比較対象には強引すぎます。

少なくとも、私はエコバッグを既に10回以上使用しておりますが、まだまだしっかりと使えます。

YM

n-yoshiさん>

あー、計算は確かに間違えてますね。失礼しました。

でもエコバッグの生産運搬コスト(石油量)と、レジ袋300枚の生産運搬コスト(石油量)って比較して、本当に減るのでしょうか?
エコバッグが丈夫過ぎる(華美すぎる)と思うからそう感じているのですが。

誰かこのあたりのちゃんとした計算をして検証した結果とかあれば知りたいのですが、ちょっと探したぐらいでは出てこないので、どうなんだろう?と思います。

小林さん、こんにちは
こちらにコメント的な投稿をさせていただきました。
http://sakamoto-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_b589.html
よければトラックバックも承認いただけるとうれしいです。

それで、私は元の調査の対象母体、設問、回収方法とかの詳細を読まないとなんともいえないというか、北海道消費者協会での似た調査からこの数字はちょっと問題が大だと見ています。統計を使った記事の読み方として試されている気がしました。

主催者・スポンサーに都合のいい結果にするのがアンケートを作る腕の見せ所という話もありますが、この調査はどうでしょうか。
一例として我が家では、レジ袋は生ゴミや濡れたモノ入れに再利用していますが、それでも買い物でもらう数が再利用する数より多くて時々まとめて捨ててます。
私は、レジ袋は原則有料化して小さいゴミ袋が必要な人はゴミ袋としてそれ用に購入するのがよいと考えます。自分で買ったゴミ袋なら大事に使う(捨てる)でしょう。これならトータルで減ると思います。

テクネコさん
西友がレジ袋辞退なら2円引きとかやってますし、追加で5円とるところもありますが、そういう有料の店だと私は辞退しています。いくらそうやって辞退してもたまたま袋が無いとか、面倒とかでもらうレジ袋があふれて結局捨てているからです。
>> 家庭からレジ袋がなくなったらどうするのか
という設問が結局、今の家庭の状況とかけ離れていて、想像の範囲を超えているのかもしれません。

いずれにしろ、調査はその主体の意図でいろいろ作れてしまうし、設問の設計とかでそうなってしまうとかいう側面も大ですね。

アキヒト

ちょっと家庭の事情で放置してしまいました。ごめんなさい。コメントいただいた皆さま、ありがとうございます。

> とししさん

他の方々も指摘して下さっていますが、「0.8%」というアンケート結果をどう受け止めるべきかについては議論の余地があると思います。ちょっと逃げになってしまいますが、本文では「こういう可能性があることも指摘されたので、よく考え直してみてはどうか」ということを主張したつもりです。仮に再調査を行ってみて、やっぱりエコバッグ以外の「レジ袋代替品」が使われるようになっているのであればそれは良い結果ですし、そうでないのならばやはり何らかのアクションを起こすべきでしょう。

個人的には、ですが、外出先で手に入れてしまったレジ袋も持ち帰るようにしています。小さい袋の方が、逆に便利に使える場合もありますしね。しかしこのアンケートは「世帯」を対象に行ったもののようですので、外を歩いているサラリーマンを対象に行えば、もっと違った結果が出る可能性が高いと思います。

> n-yoshi さん

おぉ、確実に削減効果が出ているのですね。素晴らしいと思います。仰る通り、エコバッグの目的を考えれば、必ずしも常に使わなくても良いのだと思います。と書くとまた誤解されてしまうかもしれませんが、要は「これをしたから大丈夫」ではなく、場面に応じて常にベストな行動は何かを考えること、それが必要なのだと思います。

> YM さん

計算云々の話は別にして、「エコバッグが本当にエコなのか?」という視点は重要だと思います。有害物質が含まれているようなものがある、というニュースもありましたし。また既に多くの方々が指摘されていますが、逆に「エコバッグ」を持つことがブームになって、買い物には使わない「ブランドエコバッグ」なんて存在が現れ始めていますよね(全てのブランドエコバッグがダメだ、というつもりはありませんが)。要は「エコ」という表現に目を奪われずに、冷静に判断する姿勢が必要なのかと。

> 坂本英樹さん

すみません、トラックバックが正しく飛んでいなかったようです。というか、このシステムは正しくトラバを受けてくれない場合があるので、ご容赦いただければ幸いです……。

ご指摘の通り、「統計のワナ」には注意が必要ですね。上でも言い訳を書きましたが、今回は「レジ袋ってそんなに悪なの?再利用されていた側面があったんじゃないの?であれば、エコバッグ以外の代替が無かったらゴミは減らないんじゃないの?」という発想の方に注目し、統計が正しいかどうかは二の次にしてしまいました。そろそろエコバッグも浸透してきたころですし、実際にレジ袋は減っているのか、レジ袋が減った代わりに「ポリ袋」や「紙袋」のゴミは増えていないのか、といった調査が必要ですね。

> テクネコさん

統計については、これまでの言い訳をご覧下さいませ。確かに統計を疑うことも必要なのですが、この議論では「だからレジ袋有料化は意味がない」と言っているわけではないので、正しかったと(勝手に)仮定した上で本題に入ってしまいました。申し訳ありません。

小林さんの趣旨はわかりますのでお気になさらぬよう。
議論の盲点になりがちなのが、レジ袋の代替=エコバック買う、ではないことです。わざわざエコバックを買う必要はなく、前回もらったレジ袋を持って行けばいいのです。レジ袋はきれいにたためばエコバックよりずっと小さくなって、スーツのポケットにも入りますよ。絶対どちらかではなく、使い分けでいいのではと思います。

singo

中部大学の武田教授によるとレジ袋は焼却場にとっては重要な燃焼材らしいですね。最近は分別が進んで燃えるゴミが燃えにくくなり、石油を追加してなんとか燃やしているそうな。
だとするとエコバックの意味って・・・

アキヒト

singo さん、コメントありがとうございます。

> 中部大学の武田教授によるとレジ袋は焼却場にとっては重要な燃焼材らしいですね。最近は分別が進んで燃えるゴミが燃えにくくなり、石油を追加してなんとか燃やしているそうな。

この議論、以前耳にしたことがあります。事実とすればそれこそエコバッグ……という話ですよね。本当かどうかは別にして、少なくとも無視できない議論で検証に値すると思うのですが、その後あまり取り上げられないのが不思議です。「エコバッグを否定するのはタブー」といった風潮が背景にあるとすれば怖いですが。

コメントを投稿する