決して最先端ではない、けれど日常生活で人びとの役に立っているIT技術を探していきます。

「大人に携帯電話を持たせるな」

»

以前のエントリでも簡単に触れましたが、政府の教育再生懇談会が「子供を有害情報から守る」という観点から、小中学生に携帯電話を持たせないことを提言する方針を固めたそうです:

「小中学生に携帯電話持たせるな」教育再生懇提言へ (asahi.com)

懇談会は16、17両日の会合で中間報告案を討議。携帯電話の有害情報対策としては、小中学生に携帯電話を持たせないことを原則としたうえで、業界に(1)通話と居場所確認機能に限定した小中学生向け携帯の開発を求める(2)閲覧制限の機能を付けることを法的に義務づける――との案を了承した。担当の山谷えり子首相補佐官は「持たせない、といっても強制はできない。懇談会からの教育的メッセージだ」と説明している。

ということで、「基本的に持たせない」「持たせるのなら機能が限定されたものを」と訴えています。提言には法的拘束力はないものの、今後議論を招くことは必至でしょう。

百歩譲って、小中学生は何の理性も判断力も持たない動物のような存在で、「危ない」と教えても有害情報にフラフラと近寄ってしまうものだとしましょう(そんな教育しかしてこなかった親や学校の責任は無いの?という点は置いておくとして)。そうだとすれば、確かに彼らに携帯電話を触らせるのは危険です。しかしハサミや包丁、ライターなどとは異なり、別に携帯電話自体に危険性が内包されているわけではありません。問題なのは、携帯電話を危険なものにしてしまう存在――危険情報の提供者がいるからです。

であれば、なぜ危険情報の提供者の方を取り締まろうとしないのでしょうか?仮に公園の遊具に刃物が仕掛けられるような事件が続発したとして、全国の公園に子供が立ち入ることを禁止するでしょうか?いや、携帯電話を通じて勉強を教え合うなどというケースもある現在では、「塾の先生が生徒に手を出す事件が多いので、全国の塾を閉鎖しましょう」と訴えているようなものではないでしょうか。

有害情報を理由に子供が携帯電話を持つことを禁止しましょうと言うのなら、僕はむしろ「大人は携帯電話の所持を原則禁止。持つなら通話機能と居場所確認機能に限定したものを」という案を考えるべきだと思います。そしてPCから携帯電話用のWEBサイトにアクセスすることも禁止。であれば、子供に有害情報が提供されることも無くなるはずです(どうやっても抜け道が出てくるだろ、と言われてしまうかもしれませんが、それは「子供に携帯電話を持たせることを禁止する」という案でも同じことでしょう)。

「携帯電話からWEBにアクセスできなくなったら困る」って?それは仕方ありません。ちょっと不便ですが、大人ならPCを買って、そこからネット接続しましょう。それに子供たちが事件に巻き込まれるのは子供の責任ではなく、大人たちの責任なのですから。

Comment(24)

コメント

藤村

私は、持たせない方に賛成ですね。
利用することによって生まれる責任を自身が持てるかどうか、と思うのです。
バイクや車、操作することができれば非常に便利ですよね。
でも操作する実技は持ってても、一定の年齢にならないと公道を走れないのは、
失敗した場合の自他への責任能力の問題だと思うのです。
また、私の子供の時には、自室にテレビも電話もなかった。親の都合でルーズに与えたばかりに、
子供達が酒タバコの味を覚えてしまったのと同じなのではないでしょうか。

アキヒト

藤村さん、コメントありがとうございます。

本文中でも述べた通り、僕は携帯電話自体には危険性は内包されていないと考えています。バイクや自動車はそれ自体で重大な事故を引き起こすことができますが、携帯電話が危険だと見なされているのは、それを通じて子供たちが有害な情報を手にしてしまうからですよね(いや別の問題もある、という議論もあると思いますが、少なくとも今回の教育再生懇談会は、有害情報を理由に小中学生の所持を禁止しようとしているというのが僕の理解です)。であれば、「危ないから」という理由で携帯電話を取り上げられるべきは、有害情報を提供している人々ではないでしょうか。本文ではその点をあえて過激にして、「大人の携帯電話所持を禁止しろ」と表現してみました。

またこれは楽観論だと批判されてしまうかもしれませんが、子供は親の世代が想像する以上に、新しいメディアとの正しい付き合い方を身につけていくものではないかと考えています。子供時代に自室にテレビや電話があった世代で、犯罪率が上昇しているといったデータはないですよね。親の世代が「自分たちの教育に自信がない」というのなら別ですが、もう少し子供たちを信じてあげても良いのではないでしょうか。

子供を持っていないので、お前には発言権はない、と言われればそれまでですが、子供には携帯も、ナイフも、マッチ(いまはライターか)も禁止、というのは、教育と躾を放棄しているように思えます。持たせて自分で制御させることを教えるべきなんじゃないかな、と思います。
自分たちのガキの時分でも、いろいろと冒険をして、親に隠れてそーっとやってみたじゃないですか。煙草はシケモク、吸殻を集めてきて、紙で巻いて、台所から掠めて来たマッチで火をつけて吸いませんでしたか。小学校のころ。
携帯を使った悪質な犯罪もあるので、一概に教育と躾だけで済むとは思えませんが、それは悪い奴らを野放しにせず、犯罪として、厳しく取り締まることの方が重要に思えます。
的、外してますでしょうか?

原田

携帯電話は映画と同じメディアです。映画には制限がかかっていますね。ただ、それだけのことではありませんか?それと自動車は免許をもっていないと運転できません。ネットでも営業目的な方や会社は免許制度を取り入れた方がいいと思います。免許制度が個人の自由を阻害するとは思えません。

ということで、無法状態を良しとせず。ある特定の組織内での議論で立法化せずに、もっといろいろなミーティングを日本は持った方がいいと思います。今回の記事によると、懇談会だけで終わるのなら気になるところです。そして、ネットもどうも別の懇談会になりそうなところも危惧しております。

アキヒト

みなさま、コメントありがとうございます。

> とおるさん

いえいえ、議論するのに資格などはいらないと思います(僕も子供がいるといっても、まだまだ小さいですし)。それに異論反論仰っていただけると嬉しいので、大歓迎ですよ。

僕も安易な禁止には、「教育と躾の放棄」という面を感じます。仮に犯罪者逮捕やフィルタリングなどの対策を尽くした上で、それでも何らかの危険が残るのだとすれば仕方ありませんが、そこまで議論がし尽くされているでしょうか。少なくとも禁止を打ち出すのならば、同時に犯罪者の側への対応も訴えて欲しかったと思います。

> 原田さん

映画の例え、分かりやすいと思います。ただその場合、携帯電話は映画館と例えるべきではないでしょうか。であれば、規制されるべきはフィルム(=WEBを通じて得られるコンテンツ)の方で、「子供に良くない映画をやってるから子供は映画館に入れるな!」というのは暴論ではないかと思います(今年はポケモンの映画観に行けないの?と泣き出す子供たちが出てきそう)。

またせめて何らかの所持規制を、ということであれば、免許制も仕方ないでしょう。ただその場合には、子供だけでなく大人も「携帯電話免許制」にするべきだと思いますが(当然犯罪歴のある人物は免許を与えない方向で)。

> ある特定の組織内での議論で立法化せずに、
> もっといろいろなミーティングを日本は持った方が
> いいと思います。今回の記事によると、懇談会だけ
> で終わるのなら気になるところです。

仰る通りだと思います。ただでさえ様々な問題が山積している上に、福田政権があの状態ということで、これ以上の議論は難しい状況になりそうですが……。

> そして、ネットもどうも別の懇談会になりそうな
> ところも危惧しております。

そうですね、自分も含め、ネットで吠えてそれで終わり……というだけではいけないと感じています。何か両者が考えを分かち合える、そんな場があると良いのですが。

あー

この懇談会はどうかしてると思いますが、
有害情報を受ける側であるということだけが問題とされているのではない気がします。
昨今のネットいじめの問題はまさに自動車やナイフを子供が持ってしまっていることに問題があるわけです。

私にはまだ3歳の子供しかいませんので、こういう問題に直面はしていないわけですが、私が年頃の子の親なら、まずはインターネットリテラシーを身に着けていなければ、携帯に限らずインターネットは使わせません。

アキヒト

あーさん、コメントありがとうございます。

懇談会は有害情報を理由に規制を訴えているようですが、仰る通り、イジメで携帯電話が使われることがあるから規制が必要なのでは?とする議論もあると思います。ただその場合、携帯電話やネットはイジメが起きた「場」に過ぎないのですから、規制を行うよりもイジメを解決するのが本来の対応でしょう。「携帯電話でイジメが起きたのなら、携帯電話を禁止すればいい」と言うのは、「学校でイジメが起きたのなら、学校を禁止すればいい」と言うのと同じですよね。

僕の子供もまだ小さいですが、年頃になったら携帯電話やネットを使わせつつ、実践の中からリテラシーを学ぶように見守りたいと思います。

匿名

>>公園の遊具に

 今は、その遊具すらありませんよねぇ
 うちの近所の公園は、ブランコすらも撤去されました
 …いつか、フィクションの存在となる日が来るのか

アキヒト

そうなんですよね。公園の例えを出したものの、現実に遊具が撤去されたり、キャッチボールなどの遊びが禁止されたりといった動きがあるわけで……「公園で中学生以下の子供が一人で遊ぶこと禁止」みたいな制度が本当に実現されてしまうかも、と感じています。

渡辺

思えばネットの娯楽要素なんて、ほとんど子供向けですよね。
子供向けゲームにweb要素入れたり、
子供が持つ用のケータイ作ったり、
webアクセス用の広告とか。

開発者が狙いすぎたんですよ。
一番儲かるターゲット層ですから。

あー

インターネットは不特定多数にたとえば個人情報をばらまいたりできるわけで、ある意味大きな「力」を持つわけです。
私はそれこそ車と同じように考えていて、免許が必要かどうかはともかくとして、リテラシーを持たない人に利用を制限するということの是非は検討に値すると考えています。
「学校を禁止すればいい」というのとは話のレベルが異なると考えます。

アキヒト

> 渡辺さん

コメントありがとうございます。
逆に言えば、それだけ新しいツールに慣れるのが早いのが子供たちなわけで、どうしても初動が遅い大人たちよりも彼らをターゲットにするサービスが増えても仕方ないのかなとは思います。

また、子供たち向けのエンターテイメントを用意すること自体は悪いことではないですよね(でないのなら、ディズニーランドやピューロランドも悪だということになってしまいます)。問題は子供たちの遊び場に入り込んで悪さをする、一部の大人たちではないかと思います。

> あーさん

コメントありがとうございます。
情報リテラシーの不足を理由に所持を制限しようというのであれば、同時に情報リテラシー教育の強化も提言すべきではなかったでしょうか。例えばハサミであれば、「これで人を殺してしまうかもしれない、だから所持を禁止しよう」とはならず、使わせる一方でその危険性も教育しますよね。「危ないから禁止」では、教育放棄と非難されても仕方がないのでは、と思います。

また個人的には、リテラシーを理由とした免許制導入であれば、子供だけでなく大人も対象とすべきだと思います。大人だって誰かを攻撃するためにネットを使ったり、誤って情報流出させてしまったりしていますよね。学校のように一律で知識を与える場に属していないという点で、むしろ大人たちの方がリテラシーという側面からは危険な存在かもしれません。実際いくつかの調査では、子供たちの方がリテラシーを理解しているという結果も出ていますから、「子供=リテラシーがない」「大人=リテラシーがある」という見方は慎重に検討すべきでは、と思います。

hiro

携帯電話を持たせるかどうか以前に、なぜ「携帯電話」をそもそも持つ必要があるかの話をする必要があると思いますが・・・。
もし、防犯などであれば、GPS機能とブザー機能とボタンを押したらセコムにでも通報されるものを作るべきだと思います。
そういったものが無いので、携帯がその代わりをしている。で、機能(通話やWEB)を使う、wそれをコミュニケーションツールとして使っているので、仲間はずれになるから使う・楽しいから使うのスパイラルで今の状態になっています。

携帯は、コンピュータリテラシーの面としては、触ってしかるべきアイテムでしょう。(PCも同様)
免許制はスピード違反と同じで免許制自体はある低殿の効果は期待するものの使う人は使うという結果になるでしょう。

個人情報保護の観点から会社が個人のWEBやメールの履歴を取っておいている様に、携帯を持たせるのであれば、親が子供の保護の為に子供の履歴を完全にトレースできて見れる状態にするか、規制をかけるかなんだと思います。あまり考えてない発言ですが、見れるWEBややり取りできるWEBのホワイトリスト化というのもまぁまぁありかな?

親が教育できないようであれば、簡単に良い知識も悪い知識も得られるWEBで、正しく善悪の判断が出来ない子供にこういったツールを渡すこと自体が問題なんじゃないでしょうか?

携帯会社も使わせたいのであれば、1か0では無く、より良い形で選択できるものを用意する必要があるのではないでしょうか?
(教育できないような親は、完全に遮断することになるでしょう。保護者なんだから自分の子供を保護しなさい。)

小林さん 
 こんばんわ。 いつも、興味深い記事、楽しみにしています。(特に最近) 
 携帯を持たせる、持たせないに関しては、子供のリテラシー、必要性、親の管理・育成力、教育方針、経済力など様々な要素によるものだと思います。
 あの程度のものに規制を掛けていては、いくら規制を作っても足りません。
 子供(大人にも)にサービスを提供する側に関しては、ネット化、そうでないかに関わらず、子供を守るための規制が必要と思いますが。

アキヒト

けんじろうさん、コメントありがとうございます。
こちらこそ、けんじろうさんの記事を楽しみに拝見しております。特に裏さいと(<-NGワードだったのでひらがなにしました)の件、この「携帯電話を持たせるか否か」という点にも深く関係しますし、興味深く読まさせていただきました。

僕の意見は本文で書いた通りですが、「規制をかけたい」という気持ちも親としてよく分かります。ただそれが「全面禁止!」というのはあまりにも安易な方法ではないか、という思いです。では禁止せずにどう子供たちを守るのか、というのは、今度は私たちの側が答えを出していかなければならない番ですよね。

H.R

正直、問題を先送りするだけじゃないでしょうか。
小中学生の携帯所持を禁止したって、高校生になれば携帯を持つわけです。
しかし今現在、高校生が問題を起こさず携帯を使っているのかと言えばそんなことはないわけで、出会い系の利用や詐欺の被害はもとより、高校にも裏さいとがあって個人が特定できる中傷が流れていたりします。
そもそも大人の世界でだって、匿名掲示板で特定のお店にいわれのない中傷があったりするわけで、携帯やネットで問題を起こしているのは小中学生だけではないと言えます。

所持を禁止することで小中学校では問題を押さえ込んだとしても、
大人になる前のいずれかの時点では持たせることになるのですから、
それがいつであれ携帯を持ち始めたときから問題が起こり始めるだけだと思います。
むしろ中学生の場合は表面化しやすい分対処もしやすいと思いますから、中学生には携帯を使わせて、その一方できちんとした対応を出来る体制を作ればいいのではないでしょうか。
先生方が裏さいとを監視するという試みはすでに行われているようですし、それが完璧には出来ないとしても、例えば学校側で、生徒がイジメや中傷を学校に匿名で通報できるHPを用意することも有効だと思います。
匿名であれば生徒側もイジメている生徒からの報復などを恐れることなく通報できて情報が集まりやすいはずです。

もはや携帯やネット無しでは生きていけないような世の中になってしまったのですから、教育でも発想を転換して携帯やネットを有効に使っていく方が建設的なのではないでしょうか。

(何度やっても投稿できずに困っていたのですが、裏さいとがNGワードだったのですね。思いも及びませんでした。遅くなってしまい乗り遅れた感じで申し訳ないのですが投稿させていただきます。)

アキヒト

HRさん、コメントありがとうございます。

そうなんですよ、僕もコメント投稿ができず、「もしやこれがNGワードなのでは?」と思ってみたら当たりでした。乗り遅れたなんてことはありませんので、コメントのご投稿、ありがとうございます。

仰る通り、小中学生に所持を禁止する「だけ」という話であれば、高校生になって問題が起きるということになって行くと思います。その時、所持を認めつつ事件を防ぐ手だてが講じられる可能性があるかというと、いま現在の状況を見ていれば期待薄ですよね。で、結局「有効な手だてがないな。じゃあ高校生も所持禁止!」という結果になるのではないでしょうか。

> もはや携帯やネット無しでは生きていけないような
> 世の中になってしまったのですから、教育でも発想を
> 転換して携帯やネットを有効に使っていく方が建設的
> なのではないでしょうか。

僕もこの意見に賛成です。なんだか性教育と似たような構図ですが、もはや「ダメだ」といってもそれに接してしまう時代なのですから、「臭いものに蓋」ではなく接し方を教えていくべきだと思います。

あー

「情報リテラシー教育の強化も提言すべき」との意見にはまったく賛成ですし、「子供だけでなく大人も対象とすべきだと思います」というのもある意味では同感です。

ただ、なぜ20歳からお酒を飲んで、タバコをすっていいのか。
なぜ、18歳(女性は16歳)にならないと、保護者の承諾なしで結婚できないのか。
そのあたりはどうですか?
年齢で区切るのは同じ観点から考えるとどう考えてもおかしいですよね?

それも年齢で区切るのはおかしいからやめるべきで、
もっとよりよい対案があるというのであれば、それはそれで尊重すべき意見ではあると思います。

あー

すみません。書き間違えました。
> なぜ、18歳(女性は16歳)にならないと、保護者の承諾なしで結婚できないのか。
「保護者の承諾があっても」の間違いです。すみません。

アキヒト

あーさん、コメントありがとうございます。

アルコールやタバコ、結婚の議論ですが、どれも子供の身体的成長に関わる問題であり、今回の議論とは同列に上げられないと感じます。そちらの議論に行ってもいいのですが、話がすり替えられたり、誤った一般化が行われてしまう恐れはないでしょうか?

また仮にこれらの領域で「未成年者のみに禁止するのは妥当性がある」という結論になっても、「だから全ての領域で何でも禁止してよい」という議論にはなりませんよね。様々な事例を挙げて子供の未熟な点を論うのではなく、個々の事例を見て議論すべきではないでしょうか。

あー

アルコールやタバコ、結婚の問題は「子供の身体的成長」にはあまり関係ありません。
この問題と同じく、自由と規制の兼ね合いの問題です。

「だから全ての領域で何でも禁止してよい」という主張は誰もしていません。
この個別の問題について年齢で規制が行われるという話になった時、免許制にするのか年齢で区切るのか、このあたりは議論の俎上に載せる価値があると主張しているだけです。

アキヒト

あーさん、コメントありがとうございます。

私の誤解であれば申し訳ありませんが、アルコールやタバコが禁止なのは未成年の身体に与えるダメージが成人より大きいため、結婚が禁止なのは結婚が性行為・妊娠・子育てという問題と必然的につながるため、と理解しています。だとすると、携帯電話を禁止するか否かという問題を考える際には、これらの分野は参考にならないのではないでしょうか。あーさんに責任を押しつけようというつもりは全く無いのですが、実際にアルコール・タバコ・結婚の禁止がどのような根拠に基づいているのか、参考になる資料があれば教えていただければと思います。

あー

長々とお付き合いいただいて申し訳ありません。
もう少しお願いします。

「身体に与えるダメージが…」とお考えのようですが、それらは誤解です。

ダメージの問題ならば、むしろ成年・未成年にかかわらず肝疾患や呼吸器疾患の人に対してお酒やタバコを禁止すべきではないですか?

性行為・妊娠・子育てが問題ならば、不幸にも妊娠できない人なら結婚は問題ないということでしょうか?
そんなことではないはずです。

アルコール・タバコ・結婚の禁止は携帯電話の禁止というのと同じように、まったく根拠があるものではありません。その意味で同質なのです。

こういうものを禁止するのはすべて自己決定権の侵害です。
しかし、憲法25条第を根拠として、国は自己決定権を侵害してまでも、他の権利を保護しようとしているということです。

親は未成年の子供に対して親権を持ちますが、これすら子供からすれば自己決定権の侵害です。
しかし、これまで否定するつもりはありませんよね?

結局、この問題は、どういうことをどの程度
・子供が自分で判断(自己決定権)
・親が判断(親権)
・国が法規制(生存権)
するのがいいのかという問題で、どれも一長一短あると思いますから、どれも検討する価値があると思います。

仮に法規制するのでもいろんなやり方がありますし、
年齢で区切るというのも免許制にするというのも一つの手です。

ただ、年齢で区切るのは簡単ですが(だからそういうやり方がいろんな場面で採用されているわけで)、免許制は面倒ですよ?

それを踏まえたうえで、年齢で区切るのは問題あり!というのであれば、対案を示してほしいと思います。

ところで、大人が携帯を使わなければいいというのはちょっとナンセンスです。
私は子供自身のabuseを主に問題にしているわけですが、大人のいわゆる有害情報は携帯で作成・編集されているわけではありません。
ほとんどがPCで作成・編集されていることでしょう。
PCの利用を禁止しなければなりません。現実的ですか?

こういろいろ書いているのではありますが、別に私はこの懇談会の意見に賛同しているわけではありません。
どちらかといえばむしろアキヒトさんの考え方に近いと思います。

ただ、理屈としておかしいところはおかしいといいたかっただけで、コメント欄を汚しに汚して申し訳ないなと思ってはいます。すみません。

アキヒト

あーさん、コメントありがとうございます。

いえいえ、コメント欄を汚されたなどとは思っていませんよ。文字だけのコミュニケーションは非常に難しく、特に議論する場合は攻撃しているかのように感じられてしまうのですが、僕個人としては純粋に議論を楽しんでいます。掛け値無しで、コメントを書き込んでいただいて有難く感じていますので、どうかお気になさらずに。

さて、今回のご指摘ですが、仮にあーさんの仰る通りタバコ・アルコール・結婚の禁止が身体的成長と切り離されたところで決められているのであれば、何らかの恣意的な判断によるものということになります。しかしそれでも「何らかの恣意的な判断」が、今回の携帯電話の問題のように「子供は分別がつかないから」という理由であるかどうかは分かりません(多分そうだろうな、と容易に想像は付くのですが)。その意味で、これらの問題と携帯電話の問題を同列で語ることにはまだ抵抗があります(あくまでも、現時点で手にしている判断材料からするとという話です)。

次に実効性の問題ですが、仰る通り、免許制には難しい面があると思います。そもそも何を持って「携帯電話を手にする資格がある」と判断できるのか分からないですし、さらに誰か一人が手にすれば、友達で使い回すということが可能になってしまいますからね。

そもそも有害情報が理由で携帯電話が問題なのであれば、有害情報を無くす方に力を入れるべきではないか。その点に目を向けていただくのが理由で、あえて「大人の携帯電話を禁止する」、という極端な議論をしてみた次第です。その意味で、実効性という部分を無視して話を進めてしまった面があると思います。申し訳ありません。

ただ、携帯電話用の掲示板などコミュニティー機能へのアクセスをPCからはできないようにし(既に多くのサイトで行われています)、携帯電話を大人に持たせないようにすれば、ある程度は携帯電話を通じて大人と子供がコンタクトを取るのを防ぐことが可能ではないかと考えています。「出会い系サイトで知り合った大人に……」というケースを防ぐのに効果はあるのではないでしょうか。そして個人的な想像ですが、政治家や教育関係者が指摘する「有害情報に触れる」とは、このようなケースではないかと考えています。

コメントを投稿する