決して最先端ではない、けれど日常生活で人びとの役に立っているIT技術を探していきます。

マスコミに残された存在価値

»

他人の迷惑も顧みず、深夜に電話をかけてくるマスコミは何かおかしくないか――という記事を読んで、僕は若干違った印象を受けました:

【正論】慶応大学教授・阿川尚之 「マスコミの常識」は非常識 (MSN産経ニュース)

もちろん「情報を伝えるためにはマスコミは何をしても良い」というつもりはありません。2ページ目で指摘されている「居丈高な物言いをする」「無責任かつ根拠のないコメントをする」というのも、最近のマスコミで目につく問題点です。総論で賛成なのですが、次の箇所については、状況は変わりつつあるのではと感じました:

速く伝えなくても、価値の減じない情報もある。相手かまわず夜中にたたき起こし取材して、一刻も早く伝えねばならない情報がどれだけあるのか。速報性を言うなら、新聞はネットやテレビに負ける。それでも人が新聞を買って読むのは、より正確で深い分析を求めるからだろう。

速報性という部分で、新聞はネットに負ける。しかし正確で深い分析ができるのは新聞だ――いまもそう言えるでしょうか。個人的な印象ですが、特定の分野(IT系など)については新聞等の既存マスコミでよりも、ネットの方でより正確な・深い分析を目にすることが多いように感じます。新聞やテレビは紙面や放送時間という制約があるのに対して、ネットはいくらでも情報を載せられるばかりか、関連する情報にいくらでもリンクすることができます。「ネットは玉石混淆」などと言われたのも過去の時代で、やり方さえ知っていれば、いくらでも「玉」を見つけることが可能でしょう。しかもますます多くの専門家たち、あるいは事件の当事者たちがネットで声を発するようになっていますから、見つけられる「玉」の数自体が増加しています(その一方で「石」が増えていることも事実ですが)。このような状況であれば、「新聞の方が深い分析をしている」などとも言えなくなっているのではないでしょうか。

ではマスコミに残された存在価値は何であろうか、と考えた場合、僕は「機動力」だと思います。何か事件が起きた場合、すぐに現地に飛んで取材する。面識のない相手、もしくは情報を出そうとしない相手から、無理やり情報を引き出す(もしくは「記者クラブ」などという形で、自分たちしか接触できない情報源を確保する)。誰も見向きもしないようなテーマを地道に取材して、スクープをものにする。これらは個人として情報を発信している人には難しい芸当です。皮肉かもしれませんが、阿川さんが体験された「深夜1時に電話をかける」というような行為自体、マスコミが残された存在価値を守ろうとしているものではないでしょうか。

繰り返しますが、だからと言って非常識な行動を取って良いというつもりはありません。そうではなく、マスコミは機動力という武器を正しい方向に使って欲しいと思います。それこそ政治家の不正を暴いたり、役人の腐敗を追及したり、企業が隠蔽しようとする事実を白日の下にさらしたり。個人では追えないテーマを組織として追求する、それが本当の存在価値として、マスコミに残されているのではないでしょうか。そしてそれが認識されれば、お金を払っても読もう・見ようとする人々、広告主ではなく「後援者」に近い意味で広告を出す企業が増えるのではないか――というのは過剰な期待かもしれませんが、存在価値に見合う新たな収益源が生まれるのではないかと思います。

Comment(3)

コメント

アロハ

マスコミの出来る事、
求められている事、
今現在行っている事と分けて考えた場合、
資金力のある日本のマスコミが出来る事は、
かなりの広範囲にわたると思います。
企業規模から考えれば、独自の研究をし、利用者の期待を超えたものにチャレンジしてしかるべきだと思います。
求められていることを考えると、
「より正確で深い分析」も、速報性の高い一時情報の収集も求められていると思います。
どちらがという事ではなく、両方求められていると思うのです。
そして今現在できている事ですが、最近多い現地レポートという手法が、センセーショナルな演出に傾いていて、
「速報性の高い一時情報の収集(と供給)」や
「より正確で深い分析」を指向していない印象です。
また、そこに多大なリソースの消費をしているように思えます。
長野での聖火リレーの件では、数機のヘリコプターが投入され、大規模なマスコミの動きがありましたが、
そのリソース投入の成果としての報道内容は、あまり評判がよくないようです。(地方局を除いて)

マスコミの存在価値のひとつ「スクープ」
の正確性は問われなくなってくると思う。

>>存在価値に見合う新たな収益源が生まれるのではないか
お言葉を返すようですが全くそうは思いません。

アキヒト

みなさま、コメントありがとうございます。

> アロハさん

仰る通り、マスコミという体制にしかできないこと、求められていることがあると思います。それが「深夜に誰彼かまわず電話をかけること」でないことだけは確かでしょう。また長野での聖火リレーの件に象徴されるように、何だかせっかくのリソースをセンセーショナルな方向に費やしている気がしますよね。いまのビジネスモデルだとか、視聴者のあり方だとか様々な要因があることは承知していますが、もう一度存在価値を問い直してみて欲しいと思います。

> shinkai さん

うーん、shinkai さんにもそう感じていただけないのは残念ですが(笑)、個人的には期待も込めて、何らかの新しいあり方を見出していくのではないかと考えています。

コメントを投稿する