決して最先端ではない、けれど日常生活で人びとの役に立っているIT技術を探していきます。

『小学一年生』のふろくがスゴイらしいので買ってみた。

»

Twitter 経由で次の記事を知り、思わず『小学一年生』最新号(2008年4月号)を買ってしまいました:

 

恐るべし「小学一年生」(NextReality)

 

なんでも指につける電子楽器が付録になっている、とのこと。ホームページに動画までアップされているのですが、確かに腕に付けた装置から「ドレミ」の音が流れています。これは実物を見てみようと思い、早速書店に行ってきました:

 

yubi_piano_1

 

この表紙!そして、これでもかと言わんばかりの情報洪水(目がチカチカしてしまいました)。懐かしすぎます。まさか30を過ぎて、恥ずかしげもなく『小学一年生』を買うとは思いませんでした。

 

yubi_piano_2

 

そしてこちらが問題の「どこでもゆびピアノ どれみくん」。どんな仕組みで音が鳴るのだろう?と思ったら、何のことはない、指に装着する部分の裏側がボタンになっていて、これを押すと音が出るというわけです(「ラシド」については、腕に巻く部分にボタンが付いている)。

 

で、実際に弾いてみた動画がこちら。ご覧の通り、小学生のサイズに合わせている関係で(当然ですね)腕に巻けていないのですが、本当は手にピッタリと装着した形で演奏します:

 

 
 

僕の手につけるのはあまりに不格好でしたので、先ほど自宅で娘にも演奏(?)してもらいました。ご興味のある方はこちらの動画もどうぞ(※3月5日午後9時追記):

 
 

どうでしょうか?ご覧になってお気づきになったかもしれませんが、買った時点で中指のボタン(「ミ」の部分)が壊れてしまっていて、ボタンを押しても音が出ません。まぁただの付録なのでとやかく言えませんが、これもちょっと残念でした(交換してもらおうかとも思いましたが、さすがに自分の年齢を思い出して止めました)。

 

ということで、やっぱりふろくは付録に過ぎないと思って少し安心(?)したのですが、よく見てみると『小学一年生』には他に驚かされる点がありました:

 
       
  • DVDも付録に付いている(収録時間110分)。
  •    
  • 『名探偵コナン』が英語をしゃべっている(英語の勉強用ページ)。しかも専用サイトで発音の確認もできる。
  •    
  • ケータイ用サイトから、小学一年生オリジナルの「表紙フレーム」と、CMメロディー(お馴染み「ぴっかぴっかの~♪一年生~♪」)をダウンロードできる。
  •    
  • 様々な応募がメールでもできる。ちなみにアドレスの近くに描かれている絵は、PCではなくて携帯電話。
 

と、デジタルとの融合が進んでいることを実感させられました。さすがに小学一年生では自分のケータイを持つ、というのは早いでしょうが、親がPCやケータイを操作しているのを見て、自然に技術に慣れていくのでしょうね。小学一年生でこれなのだから、『小学六年生』はどんな内容なのだろう?とふと考えてしまいました(実はこんなにオシャレなデザインになっています!)。

 

そんなわけで、ふろくが目的で買った『小学一年生』でしたが、それ以外の紙面で「時代は変化しているのだなぁ」と感心した次第です。たまには自分と一切接点のない雑誌に目を通してみる、というのも良いかもしれませんね。

< 余談 >

なんか『大人の科学』的に、定期刊行物でこんな「おかしな付録」がついてくる大人向け雑誌がもっとあっていいのに、と思ってみたり。あ、女性ファッション誌にはたまにオマケが付いてるか。

< 余談2 >

妻曰く、

『小学~年生』は4月号に大きな付録を付ける。そうすれば、「次の号も」「次の号も」となるから。私が子供の頃からその戦略だった。

とのこと。そして彼女が小学一年生だった頃の4月号の付録を見せてくれました:

Image336

……こんなものが残っているのは、それだけ当時スゴイ付録だったということか、それとも妻の物持ちが良いということなのか?

Comment(12)

コメント

ワタシも この「ゆびピアノ」気になってたんです!
週末に小学一年生を買いにいくので、今度 合奏しましょう。

アキヒト

ばんちょ~さん、購入された際はぜひ!
ちなみに壊れていた箇所はボタンではなく、配線不良のようなので、いま仕事そっちのけで……もとい、仕事の合間をぬって修理作業中です。

小学1年生なら、娘も買ってるはずだよな、と思いつつ、よく見ると4月号ですね。あちゃ。うちにあるのは2年生の4月号だ。残念。

>時代は変化している
のは確かですが、未だにドラえもんが頑張ってたりします(笑)。作画は違いますけど。

お疲れ様です。

学年誌やファッション誌界隈では、数年前から付録の豪華さは話題にのぼっていましたね。これでは、むしろ本誌の方が付録と思えてしまいます。

私は子供の頃、付録(というか教材)目当てで、親に無理いって学研の『学習』から『科学』に切り替えてもらったことがあります。なので、こういった「付録商法」的なものを頭から否定するつもりはありません。

ですが、こういう「ビックリマンチョコ」的な本末転倒が横行するようでは、読者の見識まで疑わざるを得ないというか……。学力低下はゆとり教育だけに押し付けられる問題じゃないなぁと思わされます。

なんだか、付録がやたらと豪華な雑誌を見ていると、業績の悪化を立て直そうと、本業をおろしかにして副業に精を出す企業を見ているようです。「付加価値」をつけるのよりも、本業の見直しの方が先なんじゃないの? と思わずにはいられません。まあ、こうして話題になることも大事なことなんでしょうが。

naka

いつの頃の付録だったか忘れたけど、
昔はレコード&レコードプレイヤーがついていたなぁ。

といっても所詮付録なので、レコードは硬いビニール(?)製。
薄いペラペラの円盤に溝が彫ってあるだけ。

プレイヤーはレコードを手動でまわせる仕組みに再生用の針がついているだけ。

それだけだけど、仕組み自体は本物のレコードと同じだし、上手くまわすとファミコンゲームの音楽が流れてきて感動した。

アキヒト

みなさま、コメントありがとうございます。

> ひとぴんさん
仰る通り、ドラえもんが未だ現役で頑張っているというのはスゴイことですよね。ちなみに妻が子供の頃に買った『小学一年生』にも、ちゃんとドラえもんが登場していたそうです……。

> skripka さん
確かに付録が豪華になると、どっちで読者を引きつけようとしているのか分からなくなりますが……。それがきっかけとなって、「かんじのべんきょう」や「えいごのべんきょう」ページにも目を通してくれれば、と思います。けど自分が子供だった頃を考えると、そう甘くはないでしょうね(笑)

> naka さん
僕も日光写真や「水に溶ける紙」など、当時はまるで魔法でも見るかのように感動したことを覚えています。いろいろコメントしてしまいましたが、子供が感動するようなオマケを(限りある予算で)付ける/それを毎月・毎年続けるというのは大変な仕事だよなぁと思ってみたり。

物持ちが良い

絶対物持ちがいいですよ、奥さん。素晴らしい!

なんか、リアルに汚れていますね。
すいません。
これが付録で入っていた時、もう世界中の砂鉄を集めてやろうと!思ったものでした。結果、勉強になったのかどうかわかりませんが、小さな私にとっての、とても大切な「宝物」には間違いなかったと思います。捨てるような付録とそうでは無い付録、両極端ですね。

津毛

「小学○年生」の付録は、小生の頃はボール紙で組み立てるモノばかりであった。対する?「学研の科学/学習」の付録はプラスチックのものだったので、そちらを好んでいた記憶がある。小学○年生の付録も、何時の間にかプラスチックになっていたのですなあ・・・。時代を感じます。

アキヒト

みなさま、コメントありがとうございます。

> 物持ちが良いさん

ありがとうございます。妻も喜んでおりましたw

> あきひと妻さん

そうですね、子供の目から見ると、意外なものが宝物に見えたりして。その意味で今回のふろくは、ウチの娘にはどう写るのでしょうか?まだ小学一年生には早いけど・・・

> 津毛さん

仰る通り、学研の付録はプラスチックのものが多かったように記憶しています。『~学生』は台紙から厚紙を切り取って、組み立てて……という感じでしたよね。今回のふろくのように進化したものも良いのですが、やっぱり基本は厚紙工作でしょ、なんてレトロなことを思ったりして。

sano

「ミ」の音が出ないのは
配線の問題以前に

中国製だからでは?と思っている

もちろん私は「小学一年生」を買ってないし
どこでもピアノも肉眼では見たことはないが
よーく見ればどこかに made in Chinaと書いてあるはず

どうでしょうか>?

アキヒト

sano さん、コメントありがとうございます。
いま実物が手元にないので、中国製かどうかは分からないのですが・・・まぁオマケですし、最低のコストで製造することが目標になっているのでしょうから、多少不具合があっても仕方ないかな、と思っています。
ちなみに上記の通り、故障は配線不良でしたので、その後問題なく直りました。

コメントを投稿する