決して最先端ではない、けれど日常生活で人びとの役に立っているIT技術を探していきます。

007はVAIOを使うか?

»

今夜は久しぶりに、映画館で映画を観てきました。観たのは「007 カジノ・ロワイヤル」。6代目ジェームズ・ボンドとしてダニエル・クレイグが登場し、話題を集めている007シリーズ最新作です。

映画自体は非常にカッコよく(従来の007モノのように奇想天外なところがない!)、楽しめたのですが、1つだけ気になった点が。劇中何度かボンドがPCを使うのですが、あるシーンでこちらに向かってノートPCを使う(すなわちPCの表蓋が見える状態になっている)場面があります。そこにハッキリと映し出されていたのは・・・「VAIO」の文字。そう、ボンドがソニーのバイオを使っているのです。

恐らく配給元であるソニー・ピクチャーズ・エンタテイメントへの配慮かと思いますが、あまりにも堂々とVAIOの文字が画面に登場したので、気になって仕方ありませんでした。そのためかその後登場するもう1つのソニー製品(ソニー・エリクソン製のケータイとは別のモノ)に対しても、微妙な違和感を感じることに。まるで登場人物が突然CMを始めたようだった、と言えば分かってもらえるでしょうか。

これらの製品がいわゆる「プロダクト・プレースメント」として挿入されたのかどうかは分かりません。しかしこれだけハッキリと写っているのですから、映画で使われることをソニーが知らなかったということはあり得ないでしょう。なぜこんな登場のさせ方をOKしてしまったのかなぁ、と疑問に思います。

24シーズンV』で、CTU(※劇中でテロリストに対抗する中心となる組織)が使うPCの種類が明らかになります。ネタバレになってしまうので詳しくは書きませんが、サラリとしていながらカッコよいシーンだったりします。そこでは小道具も世界観を構成するための重要な要素となっていて、決して「広告が置ける場所」として扱われてはいません。007ではその認識が足りなかったために(あるいはそんな認識のないスポンサーの力に対抗しきれなかったために)、世界観の異なるブランドを登場させる結果になってしまったのではないでしょうか。

いずれにしても、6代目ジェームズ・ボンドがカッコよすぎたために、ソニーのかっこ悪さが際立ってしまったのが残念といったところです。最近マーケティングで失敗続きのソニー、本当に大丈夫かな?と映画とはまったく関係のない感想を持ってしまった一夜でした。

Comment(17)

コメント

安藤怜

こんにちわ。あれは、もちろんタイアップですね。どの製品を使うかの主導権は、監督側にあると思います。
http://blogs.itmedia.co.jp/london/2006/11/post_7633.html

>あるシーンでこちらに向かってノートPCを使う
これは、ヨットのシーンですよね。うん、確かに、ちょっと違和感がありました・・・。

アキヒト

安藤さん、コメントありがとうございます。
安藤さんの記事、「ネタばれ」警告があったので回避してました(けっこう前から「カジノ・ロワイヤル」は観に行くと決めていたので・・・)。なるほど、「駐車場の監視カメラのデータを記録するメディアがBlu-Rayだったり」なんていうタイアップもあったのですね、芸が細かい・・・。
ヨットのシーンは、全体が白い背景+黒っぽいPC+「VAIO」の大きなロゴ、ということで余計に目立ってしまったのかもしれません。今後もこのようなプロダクト・プレースメントは増えていくのでしょうが、ほどほどのレベルで留まることを期待したいです。

TKW

ちなみに、バハマで007が最初に乗っていたフォードも、もちろんタイアップだそうです。Daniel Craigにあわせてautomatic transmissionになおしてまで、出させたようです。そうでもなきゃ、007があんな車に乗りはしないですよね。

もと

映画自体はものすごく楽しめたのですが、確かにソニー製品には気になりましたね。
確かすごく汚れたデジカメもソニー製品だったような気がします。

アキヒト

> TKW さん
コメントありがとうございます。
気になって様々なサイトを見てみたのですが、いろいろタイアップ商品が出ていたようですね・・・ここで言うとネタバレになってしまうので言いませんが、あと数箇所「?」という違和感を感じた部分があります(他ブランドで)。そのうち「ヒットする作品が撮れる監督」よりも「広告とは意識させない形で効果のあるプロダクト・プレースメントができる監督」の方が重宝されるようになったりして。

アキヒト

> もとさん

そうです。僕が気になったもう1つのソニー製品はサイバーショットでした。えーと、やっぱりネタバレになりそうなので詳しくは言いませんが、なぜあなたがサイバーショットを?のような違和感を感じてしまって。その直前にVAIOが登場していたので、ソニーはどのぐらい金使ったんだろう?とか映画の筋と関係ないことを考えてしまいました。繰り返しになりますが、宣伝は別にいいんですけど、違和感のない範囲内でお願いしたいものです。

いま発売中のCREAに、おもいっきり「VAIO×ボンドが手を組んだ」というPRがのってました。
ご指摘シーンの写真つきです。

安藤怜

またまた、お邪魔します。
『千と千尋の神隠し』の「キットカット」なんてのも、調べてみると面白いですよ。

アキヒト

ばんちょ~さん、コメントありがとうございます。
さっそく昼休みに立ち読みしてきましたが、女性の方々から白い目で見られて、問題のページを発見する前に退散してきました・・・なので写真は確認していないのですが、ヨット上であれば僕が指摘したシーンのものだと思います。
しかし「VAIO×ボンドが手を組んだ」ですか。それは思いっきり過ぎますね。さらに映画をご覧になった方は、「ボンドがVAIOで何をしたか」について考えても笑えると思います。情報戦!ハッキング!ならまだしも、「え!?MI:6ってそんなにあっさり○○許してくれるの?」みたいなシーンですから・・・

アキヒト

> 安藤さん

お、『千と千尋の神隠し』にもこんなタイアップがあったのですね。映画は観たのですが、ボーっとしていたせいか気づいていませんでした。しかし分かったら分かったでイヤらしく感じるし、あっさりし過ぎていれば気づかれないし。微妙なバランスを取って効果を出すというのは非常に難しいと思うのですが、企業側はどう思っているのでしょうね。

安藤怜

遅レスですみません。
あのヨットのシーンで、私が感じた「違和感」の大部分は、「こんなシチュエーションで、ノート・パソコンを使うかなぁ?」とか、「海に落としたら、どーすんのよ?」とか、あるいは「電子機器に潮風はよくないのに・・」というもので、あのシーン自体が不自然なものだったことに起因するのだと思います。
ですから、あのシーンで登場するのが、他のメーカーのノート・パソコンであっても、不自然に感じただろうと思います。
この手の映画は、公開前に、たくさんの人に見せて、聞き取り調査を行うので、いろいろなプラス・マイナスを判断した上で、行われていることだと思います。

> 安藤さん
いえいえ、コメントありがとうございます。そう言えば、ヨットの上でノートPC広げるの自体が不自然ですよね。話の流れ上、あの場面でボンドに○○させなければならなかったのでしょうが、そこら辺から無理が始まっていたのかもしれません(そう言えば洋上でも電波は大丈夫だったんですね・・・)。
また仰る通り、様々な聞き取り調査を経てOKが出ているのだろうと思います。もしかしたら欧米では「VAIO=諜報部員も使うようなブランド」というイメージがあるのか、はたまた単に僕がVAIOに抱いているイメージが間違っているのかもしれない・・・と考えているのですが、一般的にはどうなんでしょうね。

安藤怜

ヨーロッパでは、VAIOは、デスクトップにしろノートPCにしろ、デザイン重視の高価格モデルしか販売されていません。低価格の機種は販売されておらず、主にインテリアとしてのスタイルを重視するユーザーをターゲットにしているようです。
ですから、本物のスパイがVAIOを使うかどうかはさておき、007シリーズに登場させるパソコンとして見た場合、そんなにまずい選択では無い、と思います・・・。

> ヨーロッパでは、VAIOは、デスクトップにしろノートPCにしろ、デザイン重視の高価格モデルしか販売されていません。
なるほど、ヨーロッパと日本とではVAIOブランドに対するイメージは異なるようですね。個人的な思いで書いてしまった面が強かったかもしれません、ごめんなさい。DVDが発売されたら、改めて全編を通して見てみようと思います。

idea

「24」も初めのころから使われるPCははっきりと映っていますよ。MACだったりDELLだったり(最近はhpですが)です。007の選択は高級なものというイメージからすると、VAIOもあながち悪くはないと思います。むしろ安物のPCの方が違和感あると思います。なんせ本当のスパイはこんな優雅ではないのでしょうから。

> idea さん、コメントありがとうございます。
『24』はシーズンV中に、はっきりとPCのモデル名を言うシーンがあると思いますが、その場面が念頭にありました。それと『007』のシーンを比べてしまったわけですが、ちょっと舌足らずでしたね。
> むしろ安物のPCの方が違和感あると思います。
僕も007が安物PCを使っていたら、完全に興醒めしていたと思います。ただ僕の中でのVAIOに対するイメージは、(安藤さんのご指摘をいただくまでは)「高級 vs. 安物」という対比ではなく、「仕事 vs. ホビー」という対比の中で「ホビー用PC」に位置付けられるものだったので、生きるか死ぬかの世界にいる007には違和感があるなぁという感覚でした。欧米では「VAIO=高級品」というイメージが一般的なのであれば、007に持たせるという判断も間違いではなかったと思います。

kazharad

good!!

コメントを投稿する