決して最先端ではない、けれど日常生活で人びとの役に立っているIT技術を探していきます。

捨てるコンサルタント

»

永井さんの「片付けることとは、捨てること」というエントリを読んで、ちょっと前に読んだ記事を思い出しました。最近フランスで面白いサービスが話題になっている、という内容なのですが、なんでも「不必要なモノを処分する手助けをしてくれるアドバイザー」とのこと:

■ ホーム・オーガナイザー -- 生活空間、物捨て快適に (日経流通新聞 2006年10月4日 第24面)

文字通りホーム(家)をオーガナイズ(整理)してくれる人、ということで、機能的で快適な生活空間作りをアドバイスしてくれるそうです。新しい空間を作る前の作業として、クローゼットの中のものをすべて出し、不必要なものは人にあげる・地下室にしまう・捨てるなどの「処分」を行うよう依頼主に促してくれるのだとか。この職業を営むシリル・フレモンという方は「私の役割は、不必要な物を処分することによって、機能的で安らげる生活空間をクリエートするお手伝いをすること」と述べています。

確かに「捨てる」って、なかなか難しい作業です。「いつか使うかも」「誰かが使うかも」「記念にとっておきたい」・・・などなど、捨てずにいる理由はいくらでも見つかります。その結果、持ち物が必要以上に増えて、本当に必要なものが探しづらくなったりするんですよね。「物を捨てるだけで誰かを雇うなんて」と思われるかもしれませんが、必要かつ重要なサービスだと思います。

話は変わって、最近よく「情報洪水を防ぐには」という議論になります。以前ある専門家の方が「情報洪水には自ら不必要な情報を溜め込み、溺れていくという自業自得の側面がある」という趣旨のお話をされていました。「この情報も必要かも」「あれも調べなきゃ」「後で使うかもしれない」・・・などなど、根拠の無い理由から情報を溜める一方になってしまい、本当に必要な情報がうずもれてしまうというわけです。

そう考えると、情報にも「捨てるコンサルタント」が必要かもしれません。本当に必要な情報だけが流れるように組織・仕組みをオーガナイズし、快適な知識空間を実現する「ナレッジ・オーガナイザー」なんて職業が求められているのかもしれませんね(肩書きが無くても、既にそんな立場の人も多いのでしょうが)。また最近はRSSリーダーのように、情報を「溜め込む」方のツールに焦点が当てられていますが、今後は不必要な情報を「処分する」ツールの方に関心が移っていくのではないかと思います。

逆に不必要な情報ばかりを持ち込み、最終的に「捨てられるコンサルタント」になってしまわないよう、僕も十分気をつけないと・・・。

Comment(2)

コメント

小林さん、TBありがとうございました。
捨てるコンサルタントという職があるのですね。
ITでは、Information Life Management辺りでこの辺もカバーするといいかもですね。

アキヒト

永井さん、コメントありがとうございます。
仰るとおり、Information Life Management がIT版「ホームオーガナイザー」となっていくのでしょうね。だとするとITに詳しい人物というよりも、「これは捨てなさい!」と命令口調で指示してくれるお母さんのような人物の方が適任だったりして(笑)

コメントを投稿する