オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

雑用が多いWEBマスターは将来が台無しになる

»

fb202006ps.jpg

私の本音コラムがプライム・ストラテジーで公開されました。結構深刻な話です。興味がある方はご覧ください。
--
マーケティングの仕事をして25年になる。マーケティング希望の若者に「マーケティングの仕事は9割が雑用で1割に華やかな仕事がある。」と言っていた。実際にそうだった。ただ、振り返ってみてこの雑用の仕事の割合がマーケッターのその後の成長に大きな影響を与えると感じるようになった。

仕事を雑用と収益に直結する仕事に分けたとき、雑用率が高い若者は収益に貢献する能力が伸びないのは当たり前である。雑用100%のマーケッターがいたとすれば集積貢献の能力が伸びないので、給与が上がらないのも当然である。

(この続きは以下をご覧ください)
https://column.prime-strategy.co.jp/archives/column_3882

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する