オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

Zabbixによる監視(2)(宮崎悟氏によるコラム)

»

私が編集支援している宮崎悟氏によるコラム「Zabbixによる監視(2)」が鈴与シンワートで公開されました。

興味がある方はご覧ください。

###
前回はZabbixの紹介を行いました。Zabbixでは対象を外部からと内部から監視することが可能です。今回は、外部監視についてお話したいと思います。

外部監視

外部監視は、監視対象をブラックボックスとして監視します。一般的には以下のような項目を監視します。

1.サービス監視
HTTP、SMTP、SSHなどの必要なサービスが起動しているかどうかを監視

2.TCP/UDP監視
指定したIPアドレスのTCP/UDPサービスポートが開いているかを監視

3.ICMP(ping監視)
指定したIPアドレスへのネットワークが機能しているかどうか、ICMP(Internet Control Message Protocol )を使用して監視

4.SNMP監視
SNMP(Simple Network Management Protocol)を使用して、ネットワーク機器、電源機器、サーバ機器を監視

SNMPは正確には外部監視ではなく、内部のSNMPデーモンと通信することで行う監視ですが、ネットワーク機器(L2SW/L3SW/Load Balancer)などを監視するために使われる事が多く、外部監視扱いになることが多いです。Zabbixでは、Zabbix Agentを使用した監視ではないことから、SNMPを外部監視として扱います。

外部監視は、エンドユーザに近い部分の監視が一番重要で、サービスの外部ネットワークから行う必要があります。できればネットワークプロバイダやクラウドサービスプロバイダも分ける事も検討しましょう。

(この続きは以下をご覧ください)
https://s-port.shinwart.com/tech-column/miyazaki03/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する