オルタナティブ・ブログ > てくてくテクネコ >

顧客サービスとITのおいしい関係を考える

【Chrome OS】やっぱりプリンタは必要だよね

»

搭載機種が続々発売されるAndroidに隠れてしまった感があるChrome OSですが、着々と進んでいるようです。

昨年7月に「Chrome OSはペーパーレスを突き進むのか」に書いた時、私はChrome OSがプリンタをどうするのかが気になっていました。Googleは “クラウドから印刷する”Google Cloud Printプロジェクトによってこれを解決することを発表しました。。

一言で言うと、クラウド上のCloud Printサービスから、利用者の近くにあるWindows、Mac、Linuxに接続されたプリンタに出力できるようにする仕組みです。

考え方として現実的な解決法と思いますが、クラウドから世界中のプリンタにアクセスするとは、Googleらしいスケールの大きな発想ですね。過去の歴史をたどると、1990年代にNovellがネットワークに接続された全てのプリンタを管理することにチャレンジしました。技術的・政治的な理由で、その時は成功しませんでした。困難を乗り越えてこれが実現できれば、おもしろいと思います。

Comment(2)

コメント

海外速報部ログの佐藤です。記事を紹介していただいてありがとうございます。主要プリンタメーカーから「クラウドアウェアプリンタ」がどんどん発売されるといいなぁと思います。

テクネコ

Chrome OSを送信側、プリンタ側を受信側と考えると、GmailをやっているGoogleにとっては技術的に難しいものではないのかもしれませんね。楽しみです。

コメントを投稿する