オルタナティブ・ブログ > In the looop >

海外ソーシャルメディア事例を徹底的に調査し,マーケティング活用の秘訣を提案するブログ

Facebookファンの価値は137ドル - Syncapse社最新調査

»

カナダのソーシャルメディア調査会社Syncapse社(ウェブサイト)が,メジャーブランド20社にファンとして登録している4000人を対象とした「Facebookファンの価値についての調査」(The Value of Facebook Fan)を発表した。

詳細は18ページにわたるPDF(PDFダウンロード)で閲覧できる。重要な内容を含んでいるため,後日,このブログにて要約版を掲示するつもりだが,とりあえず当記事ではそのエッセンスのみ記載したい。

■ The Value of Facebook Fan エッセンス

Syncapse社では,Facebookファン4000人に対して,次のような6つの観点から多面的に調査を行った。

  1. 製品サービスの購入 (Product Spending)
  2. ブランド・ロイヤリティ (Loyalty)
  3. クチコミ推奨傾向 (Propensity to Recommend)
  4. ブランドへの親近感 (Brand Affinity)
  5. メディアとしての価値 (Media Value)
  6. 獲得のための原価 (Acquisition Cost)

これらをすべて合計したFacebookファンの価値はブランドによって大きく異なる。グラフで見ると次のようになる。

Facebookfanvalue
【出所: Syncapse社】

これによると,もっともファン・バリューの高いブランドはマクドナルドで平均約260ドル,最も低いブランドはオレオ(クッキーなどで有名)で約60ドルとなった。全20ブランドの平均値は136.38ドルだ。

ただし,ここで注意しなくてはいけない点は,ファンになってからバリューがあがったのか,もとからロイヤリティの高いカスタマーがファンとして登録したのかわからないという点だ。

おそらくその両方ではあろうが,単純にFacebookファン登録がそれだけの価値を持つということではない(広告費に一人137ドルかけてよいというわけではない)ことに注意したい。

なお,1ヶ月ほど前には,このうち,単純なメディアとしての価値(上記6つの観点の(5)のみにあたる)を計測すると「Facebookファンの価値は3.6ドルである」とViture社が発表(リリース記事)している。参考まで,彼らが提示した計算式は次の通りだ。
Vitruestats
 
また,過去にファン価値に関する類似調査や効果測定事例があるので,あわせてご紹介しておきたい。

【Facebook類似調査記事】
Facebook/ニールセン共同調査。広告に友人ファン情報を付与すると,購入意思が4倍に (4/22) 
Twitter/Facebookは購買意欲を刺激する ~ フォロワーの67%が購買アップ (3/17) 
Facebook企業活用における貴重な効果測定事例 - ファン醸成が店舗売上に直結した! (2/20) 



斉藤Twitter。ご連絡などお気軽にどうぞ。 http://twitter.com/toru_saito
ループス社Twitterアカウントはこちらです。 http://twitter.com/LooopsCom
最新の筆者著書です。 『Twitterマーケティング 消費者との絆が深まるつぶやきのルール』

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する