オルタナティブ・ブログ > Randomwalk >

予測できないITの行く先を、あちこち歩きながら考えてみます

なぜIBMやサンやオラクルは「Ajax!」と言わないのだろう

»

Ajaxがブームになるずいぶん前から、いくつかのベンダはJavaScriptに対応した開発ツールをリリースしたり発表したりしています。が、なぜかマイクロソフトをのぞく大手ベンダからはAjaxというメッセージが聞こえてきません。例えば、IBM。

今をさかのぼること2年と少し。私がAjax的なアプリケーションを初めて見たのは、2003年12月の記者発表会でのWebSphere Studioのデモでした。記事には次のように書きました

ノーマルなJSFではユーザーインターフェイスはHTMLによって表現される。しかしIBMはこのJSFのコンポーネントをカスタム化し、Webブラウザ上での入力チェック、リターンキーで移動できる入力フィールド、数値の3けたのカンマ区切り表示、IMのコントロールなどをJavaScriptで実現する予定だ。

JavaScriptを、Webブラウザ上にリッチなユーザーインターフェイスを構築する技術としてために利用することは「ローテクだけど面白いな」と思っていました。

それをさらに3カ月さかのぼった2003年9月には、サン・マイクロシステムズが当時開発中のJava開発環境Project Rave(現在のSun Java Studio)をサンフランシスコのイベント「SunNetwork 2003」でデモしたときにも「JavaScriptでもっとリッチなユーザーインターフェイスを作ることを検討している」と説明していたことを覚えています(製品にはまだ実装されていないようです)。

最近では、2005年6月にサンフランシスコで行われたJavaOneで、オラクルの開発ツールJDeveloperがAjaxに対応すると発表していました(これも製品はまだのようです)。

またサンは、2005年10月にグーグルと提携を発表したときに、直前まで周囲が「AjaxでOpenOfficeを実装か!」と大騒ぎしていましたが、結果はAjaxのAの字も含まれていませんでした

このように、既存の大手ベンダのいくつかはAjaxのずっと前からAjax的な手法に取り組んではいるのですが、その取り組みはあまり知られていないですし、ベンダ側からもAjaxに関するメッセージは不思議なほど聞こえてきません。なぜでしょうね?

それぞれのベンダの事情を想像すると、IBMはリッチクライアントのテクノロジとして、Ajaxよりも、EclipseベースのWorkplace Client Technologyに力を入れようとしている側面があるからかもしれません。サンは自社のソフトウェア資産をオープンソース化している一方で、ソフトウェアベンダとしての自社のポジションをどう位置づけようとしているのか悩んでいてるところで、開発ツールに関するメッセージが出しにくいように思います。オラクルは開発ツールに関するメッセージがもともと強くないベンダだったのですが、2006年はミドルウウェアのレイヤに注力することを考えると、これから何かのメッセージが出てくるかもしれません。それがAjaxかどうかは分かりませんけれど。いずれにせよ、これらはあくまで想像です。

前回のエントリで、オープンソースでのAjax統合開発環境の状況について触れたうえで、Ajaxの開発環境でもマイクロソフトが先行するかもしれない、ということを書きましたが、競合ベンダの動向からも同じことが言えるように思います。

次のエントリでも、もう少しAjaxについて書きます。

Comment(4)

コメント

某とおりすがり

> JavaScriptでもっとリッチな・・・
これは AJAX の "JA" ですね。マイクロソフトは、Dynamic HTML という時代からやってますし、ASP.NET になってからは部品に JavaScript を組み込めますから、この程度で "AJAX" とは言いにくいでしょうね。
限定的な“フレームワーク”(っぽいもの)を作るのは容易ですが、万人向けの“よく練られたフレームワーク”を作るのは結構大変なので、なかなか手を出しにくいかもしれませんね。

HN

私が Ajax について、ネガティブな側面として見えてしまうのが、JavaScript を言語仕様の不明瞭さと、テストの自動化の難しさということが挙げられそうです。

個人的には、Ajax 的な試みで明らかになるのは、ブラウザベースのユーザインターフェースの限界がより、可視的になることだと思います。Ajax でアプリケーションを構築することは可能でしょうが、それは、Eclipse ベースのリッチクライアント環境に比べると、自由度が低く、また、開発効率が上がるシーンも、かなり限定されたものになるでしょうね。

某とおりすがりさん。こんにちは。よく練られたフレームワークを作るのは、おっしゃるとおり難関だと思います。とはいえ、いまAjaxはJaの部分だけでもOKみたいに結構ひろくとらえられているので、各ベンダーがマーケティング用語としても全然Ajax!と言わないのは不思議だよなあ、避けてるのかなあ、と。
HNさん、JavaScriptについてはたしかにテストも面倒ですし、互換性も不安ですね。なので、次かその次のエントリで書こうと思っているのですが、たぶんAjaxがさらに流行っても、多くのプログラマがJavaScriptでプログラミングする、なんてことはおきないないだろうなと思っています。

しん

> 大手ベンダからはAjaxというメッセージが聞こえてきません。例えば、IBM。

Web2.0のコア・コンピタンスを見てみると大手ベンダーは、はまってませんよね。
フロントで動くアプリより、バックエンドで動くミドルウェアやシステムに投資。 
フロント系はミドルや開発ツールがオープンソースでどうとでも作れる(ようにした)からじゃないですかね。

コメントを投稿する